経済

原油WTI先物が一時マイナス40ドルに! 壊れる世界経済!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

原油WTI先物(5月物)の価格が、一時マイナス40ドルを超えるという、恐るべき暴落が起きた。

1バーレルの原油を「買う」と、40ドルもらえることになったというわけだ。

これを「買う」と表現してよいのだろうか。

5月物の取引は21日で終了し、最終的に購入するということになると、原油を引き取らなければならなくなる。

このところの原油の安値で、在庫の保管スペースが埋まってきており、安値になったから必ず買い手が現れるという状況ではなくなっているからだ。

原由を引き取る気のない参加者は何としてでも取引終了前に売らなければならないという事情があって、異常な価格が登場した。

世界的な需要の減少がいかに大きなものかを、如実に示す結果になった。

世界経済がどれほど壊れているか、産油国をはじめとする資源国の経済に、今のコロナショックがどれほどのダメージを与えているかを想像しておきたい。

まだ反対売買の機会の多い6月物以降は、大きな値崩れは起きていないが、今後も原油価格が低迷するのは確実だろう。

トランプ大統領は戦略石油備蓄を7500万バーレル積み増す方針を示しているが、世界の原油産出量の1日分にもならないため、大きな影響はないだろう。

日本もこの機会に戦略備蓄を思い切って進められないものかとも思う。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元のブルームバーグの記事
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-04-21/Q9436AT0G1KY01?srnd=cojp-v2
これのネタ元の日経新聞の記事
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58291780R20C20A4000000/
画像も同記事から
https://article-image-ix.nikkei.com/https%3A%2F%2Fimgix-proxy.n8s.jp%2FDSXMZO5829183021042020I00001-PN1-10.jpg?auto=format%2Ccompress&ch=Width%2CDPR&fit=max&ixlib=java-1.2.0&s=e451ad8cbb4219cf9f3b5aee6929423d

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)
  2. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  3. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)
  4. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  5. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…

関連記事

  1. 経済

    英総選挙、保守党圧勝!労働党惨敗!ブレグジットは確定へ!(朝香 豊)

    イギリスの総選挙では、出口調査の結果によると、保守党が圧勝する…

  2. 安全保障

    世界知的所有権機関のトップに中国人が就きそう! 高まる危機感!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 安全保障

    進む日印豪の経済連携構想! 脱中国のサプライチェーン構築へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

  4. 経済

    アメリカが中国の為替操作国を除外へ! 狡猾なトランプ政権! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米財…

  5. 経済

    中国で何が起きているんだ? 百度(バイドゥ)が資金難か? (朝香 豊)

    「中国のGoogle」とも呼ばれる「百度」(バイドゥ)の経営が…

  6. 経済

    中国の工場で「火事」が多発! 体制危機の象徴!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    ついに国連にも中国のウイグル弾圧に厳しい批判が現れる!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  3. 道理

    ジェイコブ・ブレークは最低男だった! 明らかになる実態!(朝香 豊)
  4. 経済

    ウイグルの強制労働で生産された綿を、日本企業が使用か?(朝香 豊)
  5. 未分類

    トランプがバイデンを完全逆転! 英イクスプレス報道!(朝香 豊)
PAGE TOP