人権・民主主義

森元首相の一連の発言が炎上! 問題は森氏に対する賛否ではない!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

森元首相の一連の発言が炎上している。

森氏を擁護する意見の人もいるし、批判的な人もいる。

私はどちらなのかと訊かれたりもしたが、私は擁護する意見でもなければ、批判する意見でもない。

「なんだ、逃げるのかよ」と思われた方もいるだろうが、自分としては逃げたつもりはない。

森氏の発言が褒められたものではないのは確かだが、ただ前提として、人はみな様々な弱点をもともと抱えている存在なのではないかというのが自分の考えだ。そして、お互いの考えを聞き、その上で議論を深める際に、この前提は非常に大切なものであって、揺るがしてはならないと自分は信じている。

発言において不適切なものが交じることはよくある話だ。知恵が足らないために変な提案をすることもある。それをいちいち咎めていては建設的な議論などできない。人間は発言前に全てのことを検討して、どこからも突っ込まれないように準備してから発言するわけではないだろう。突然の思いつきで変なことを言うこともあるし、それを後から突っ込まれた時に、変なプライドが邪魔をして素直に撤回できないことだって人間には普通のことだ。

問題発言があった時に、それを提起することは当然構わない。確かに今回森氏が問題発言を連発したのは事実だから、それらが取り上げられたのはある意味当然だろう。そしてそうした提起が議論の土台になり、語られた内容が撤回され、別の方針が定まるのであれば、問題発言を提起したことには当然意味があるということになる。

だが、最初から森氏の個人攻撃を行うことや、オリンピックを破綻させることや、菅政権に打撃を加えることが目的化され、その立場から「問題発言」を拾い、執拗な攻撃を向けるというのは、私は違うだろと思うのだ。

そうした形にならないように、建設的な立場で森氏の発言を取り上げるように、マスコミは気をつけたと言えるのだろうか。マスコミはむしろこの機会を「チャンス」と見て、徹底的な攻撃に走ったのではなかったか。そこには特定の立場こそが正しいとする前提があり、その自分たちの考えに反する考えに対して打撃を加えたいという邪心があったのは確実だ。

マスコミがあたかも「正義」のような顔をしてこうした攻撃に走る姿勢は、日本の民主主義にとって健全なことなのであろうか。

健全な民主主義は健全な議論を前提とする。そして悲しいことに、国会においても健全な議論などどこ吹く風のありさまになっている。揚げ足取りを行い、スキャンダルの追及ばかりが横行している。肝心な政策の議論について、冷静に何がよくて何が問題なのかについて、立場による意見の違いが見えてくるような議論が行われていると言えるだろうか。

この民主主義にとって不正常なあり方を告発して、日本の民主主義のレベルを引き上げる方向で貢献すべき立場にあるのがマスコミだと私は思うのだが、このマスコミが「正義」の仮面をつけて、一方的ないじめに走っている。

森氏を擁護する気はさらさらないけれども、森氏よりも遥かに問題なのはマスコミのあり方ではないのか。

森氏を攻撃するのは当たり前だと思っているリベラル派の人たちにこそ、このことを問いかけたい。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

森喜朗元首相の画像
https://assets.media-platform.com/bi/dist/images/2021/02/04/GettyImages-1299069554(1)-w640.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  2. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  3. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  4. テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)
  5. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…

関連記事

  1. 外交

    新型コロナウイルスを武漢に持ち込んだのは米軍では? 中国がアメリカに反撃!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 外交

    韓国向けの輸出管理強化を「差別的」だと韓国はWTOに提訴へ! 韓国の戦略性をしっかり見抜け!

    韓国政府は日本の輸出管理強化を世界貿易機関(WTO)に提訴する…

  3. 人権・民主主義

    ハンターのみならずジョー・バイデンも関与か? 中国絡みの巨大マネー!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ハン…

  4. 道理

    トランプとバイデンの支持率は事実上逆転! 米大統領選挙!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!エマ…

  5. 安全保障

    香港の自由と民主主義の死! 菅政権は対中政策の転換を!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!全国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    サウジへの派遣軍の増員は抑止と防衛のためだ=ポンペオ国務長官 (朝香 豊)
  2. 安全保障

    なぜ防衛省は北の「飛翔体」について独自情報に基づいた発表を行わないのか?
  3. 安全保障

    25000人の移民集団に入国認める! バイデン政権!(朝香 豊)
  4. 道理

    「環境保護団体」って、どこまで自分勝手なの? 自動車会社の看板に「内燃機関やめろ…
  5. 安全保障

    衝撃のボルトン補佐官の解任! トランプはどこへ?
PAGE TOP