人権・民主主義

SNSの左翼偏向を許さない大統領令発令へ! トランプ大統領! (朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

トランプ大統領は自身のツイートに対して、Twitterが事実確認を促す注釈をつけたことに激しく反発し、閉鎖するぞと脅すことまで行った。

これを受けて、TwitterやFacebookの株価が値下がりする事態まで引き起こした。

こうしたトランプ大統領の態度を品がないとして侮蔑する向きもあるようだが、偏向した「リベラル」マスコミの注記でフェイク扱いされるのは極めて不合理であり、トランプ大統領の怒りは当然だと言える。

そこでトランプ大統領は、これまでSNS各社に認められてきた「特権」の穴を塞ぐために、新たな大統領令に署名する方針を固めた。

従来SNS企業は、「不適切な投稿」については「誠意を持って」行動する限りにおいて、各社の判断で削除したりひと目に触れにくいようにしても合法的だとされてきた。

そしてこの「誠意」については法律的には明確な定義がなされておらず、SNS各社の「良識」に任されてきた。

トランプ大統領はこの点にメスを入れ、明確な基準を連邦通信委員会に作成するように求めた。

この基準と合致しない形で投稿の削除などが行われた場合には、ユーザーがSNS各社を訴えることができるようにすることを考えているわけだ。

トランプ大統領はSNSに広がる反保守的な偏向を調査するパネルの創設を考えていることを公言していたが、今回のTwitterの事件によって、さらに踏み込んだ対応を早急に取る方向に切り替えたものと思われる。

トランプ政権の高官はウォール・ストリート・ジャーナル紙に対して、「テック企業の中にある左翼的偏向は、間違いなく取り組まなければならない懸念事項だ」と、以前にも述べていた。

明日(5月28日)にでも発令される大統領令は、「リベラル」派優位の思想言論空間に風穴を開ける可能性がある。

日本でも同様の議論を広げる必要がある。

そして同様の基準を放送法の解釈にも援用するようにすれば、偏向報道を大きく減らす力にできる可能性も開けてくる。

こういう点でもどのような基準ができあがっていくのか、目が離せない。

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のThe Hillの記事
https://thehill.com/policy/technology/499288-trump-mulls-forming-panel-to-investigate-anticonservative-bias-on-social
ネタ元のBloombergの記事
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-05-28/QB1CL9DWRGGC01

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  2. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  3. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  4. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  5. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?

関連記事

  1. 安全保障

    進むコロナの弱毒化! イタリアを代表する医師も言明!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  2. 人権・民主主義

    マレーシアのマハティール首相、香港行政長官に辞任を促す!(朝香 豊)

    マレーシアのマハティール首相は、香港のキャリー・ラム行政長官に…

  3. 道理

    男系継承の重みを踏まえる! 菅総理明言!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!菅義…

  4. 人権・民主主義

    香港の影響か! ロシア社会でデモ参加者を弾圧する政権批判が急速に広がる!(朝香 豊)

    モスクワ市議会選挙では、反体制派の立候補が妨害されるという事態…

  5. 安全保障

    北朝鮮やミャンマーのクーデターを支援! 中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!北朝…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    北朝鮮で、新型コロナウイルスで死者が出たとの情報!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    WHOが新型コロナの時系列を修正! 中国政府からの報告なし! (朝香 豊)
  3. 安全保障

    軌道修正始めた専門家たち! コロナの爆発的事態はない!(朝香 豊)
  4. 経済

    アリババいじめがさらに強化! 民有企業の活力を奪う習近平!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    一貫性のないバイデン政権の中東政策! 混乱する中東!(朝香 豊)
PAGE TOP