人権・民主主義

SNSの左翼偏向を許さない大統領令発令へ! トランプ大統領! (朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

トランプ大統領は自身のツイートに対して、Twitterが事実確認を促す注釈をつけたことに激しく反発し、閉鎖するぞと脅すことまで行った。

これを受けて、TwitterやFacebookの株価が値下がりする事態まで引き起こした。

こうしたトランプ大統領の態度を品がないとして侮蔑する向きもあるようだが、偏向した「リベラル」マスコミの注記でフェイク扱いされるのは極めて不合理であり、トランプ大統領の怒りは当然だと言える。

そこでトランプ大統領は、これまでSNS各社に認められてきた「特権」の穴を塞ぐために、新たな大統領令に署名する方針を固めた。

従来SNS企業は、「不適切な投稿」については「誠意を持って」行動する限りにおいて、各社の判断で削除したりひと目に触れにくいようにしても合法的だとされてきた。

そしてこの「誠意」については法律的には明確な定義がなされておらず、SNS各社の「良識」に任されてきた。

トランプ大統領はこの点にメスを入れ、明確な基準を連邦通信委員会に作成するように求めた。

この基準と合致しない形で投稿の削除などが行われた場合には、ユーザーがSNS各社を訴えることができるようにすることを考えているわけだ。

トランプ大統領はSNSに広がる反保守的な偏向を調査するパネルの創設を考えていることを公言していたが、今回のTwitterの事件によって、さらに踏み込んだ対応を早急に取る方向に切り替えたものと思われる。

トランプ政権の高官はウォール・ストリート・ジャーナル紙に対して、「テック企業の中にある左翼的偏向は、間違いなく取り組まなければならない懸念事項だ」と、以前にも述べていた。

明日(5月28日)にでも発令される大統領令は、「リベラル」派優位の思想言論空間に風穴を開ける可能性がある。

日本でも同様の議論を広げる必要がある。

そして同様の基準を放送法の解釈にも援用するようにすれば、偏向報道を大きく減らす力にできる可能性も開けてくる。

こういう点でもどのような基準ができあがっていくのか、目が離せない。

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のThe Hillの記事
https://thehill.com/policy/technology/499288-trump-mulls-forming-panel-to-investigate-anticonservative-bias-on-social
ネタ元のBloombergの記事
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-05-28/QB1CL9DWRGGC01

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  2. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)
  3. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  4. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  5. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう

関連記事

  1. 安全保障

    ハンター・バイデンは習近平とも関係していた! 中国への投資案件で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ハン…

  2. 人権・民主主義

    ポンペオ国務長官 香港について、市民の懸念に明確な措置必要! (朝香 豊)

    ポンペオ米国務長官は、反政府抗議デモが続く香港について、アメリ…

  3. 道理

    激しい中国の締め付けで、香港のキャセイ航空は経営危機に!(朝香 豊)

    キャセイ航空では、社員の一部が香港デモに参加したが、これに対す…

  4. 人権・民主主義

    マレーシアのマハティール首相、香港行政長官に辞任を促す!(朝香 豊)

    マレーシアのマハティール首相は、香港のキャリー・ラム行政長官に…

  5. 人権・民主主義

    小党乱立で混乱する韓国! 4月に国会議員選挙!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!4月…

  6. 道理

    パウエル弁護士のトランプ弁護団からの離脱! 事実は事実として受け止めよう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「ト…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    呪われた中国! 三峡ダム崩壊の可能性をまじめに考える!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    高まるタイの反政府運動! 王室の危機!(朝香 豊)
  3. 未分類

    トランプVSバイデンTV討論会! バイデンは耳のチェックを拒否!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    「台湾と国交を!」ドイツでの請願活動に2万人超が既に署名! (朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    文政権は北朝鮮の人権状況を考えよ! 国際人権団体が公開書簡発表!(朝香 豊)
PAGE TOP