人権・民主主義

ミシガン州が17万7千人の有権者登録を削除!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ミシガン州は17万7000人の有権者を適正なものではないとして、1月下旬になってから削除していたことがわかった。

ミシガン州は2020年の大統領選挙について15万4000票差でバイデンの勝利であると認証したが、これを上回る人数を有権者登録から外したことになる。

同州は選挙監視団体の「公正な選挙プロジェクト」(Honest Elections Project)との間で法廷闘争が続けられており、登録有権者の実在性についての確認を選挙後に進めていた。

その結果として17万7000人がもはや同州で生活していないとか、州側の住所の問い合わせに返答がないとの理由から、登録有権者名簿から削除された。

この事実は2月16日に地区裁判所が公表したことで明らかになった。

「公正な選挙プロジェクト」のトニー・ドーント氏は、「(ミシガン州の州務長官の)ベンソン氏に選挙法の規定に従わせるのに連邦裁判所での法廷闘争を要したのは、驚くことではないが、がっかりさせられる」と述べた。

なお、「公正な選挙プロジェクト」が州内の有権者についての包括的な調査を求める訴訟を提起したのは2020年の2月、つまり1年前のことであった。従ってこの訴訟は1年間続けられてきたことになる。ということは、この訴訟で「公正な選挙プロジェクト」が求めていた処置が、肝心な大統領選が終了するまでは進まなかったということになる。

なお、州務長官のベンソン氏は「2021年の地方選挙に備えるために、選挙スタッフと共同で選挙規定の強化と見直しを進めた」「透明性高く正確に連邦法の規定沿う形で有権者リストの更新を行うことは、ミシガン州の選挙システムを確かなものとして維持する重要な要素だ」と述べているのだが、この処置を訴訟で提起されてきた大統領選挙に間に合わせるようには進めなかったということになる。

そしてこうした事実すら、主流派メディアは全く報道していない。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

freebeacon.comの記事
https://freebeacon.com/2020-election/michigan-removes-177000-voters-from-voter-rolls-after-legal-challenge/
ミシガン州の開票プロセスの画像
https://www.thegatewaypundit.com/wp-content/uploads/biden-michigan-spike-ballots-late-night-.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  2. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  3. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  4. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  5. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    15日にも、韓国検察特捜部の縮小を閣議決定へ!(朝香 豊)

    「検察改革」に執念を燃やす韓国の文在寅政権は、韓国検察特捜部を…

  2. 安全保障

    英国防委員会がファーウェイの早期排除を提言! ドイツも反中に舵を切る!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

  3. 人権・民主主義

    Twitterが「暴力美化」とレッテル貼り! 激しく怒るトランプ大統領!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!Tw…

  4. 安全保障

    北京に入ると14日の強制隔離処置! 日本政府、この現実を直視せよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    ジョー・バイデンはハンターの仕事に関与している! SNSも腐っている!(朝香 豊…
  2. 人権・民主主義

    ハンターのみならずジョー・バイデンも関与か? 中国絡みの巨大マネー!(朝香 豊)…
  3. 道理

    NHKの受信料、テレビなし世帯の負担も検討! 総務省!(朝香 豊)
  4. 経済

    中国の不思議な不動産統計! 政府部内で混乱が生じている? (朝香 豊)
  5. 安全保障

    中国政府、湖北省出身者にチャーター帰国便を準備!(朝香 豊)
PAGE TOP