人権・民主主義

ミシガン州が17万7千人の有権者登録を削除!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ミシガン州は17万7000人の有権者を適正なものではないとして、1月下旬になってから削除していたことがわかった。

ミシガン州は2020年の大統領選挙について15万4000票差でバイデンの勝利であると認証したが、これを上回る人数を有権者登録から外したことになる。

同州は選挙監視団体の「公正な選挙プロジェクト」(Honest Elections Project)との間で法廷闘争が続けられており、登録有権者の実在性についての確認を選挙後に進めていた。

その結果として17万7000人がもはや同州で生活していないとか、州側の住所の問い合わせに返答がないとの理由から、登録有権者名簿から削除された。

この事実は2月16日に地区裁判所が公表したことで明らかになった。

「公正な選挙プロジェクト」のトニー・ドーント氏は、「(ミシガン州の州務長官の)ベンソン氏に選挙法の規定に従わせるのに連邦裁判所での法廷闘争を要したのは、驚くことではないが、がっかりさせられる」と述べた。

なお、「公正な選挙プロジェクト」が州内の有権者についての包括的な調査を求める訴訟を提起したのは2020年の2月、つまり1年前のことであった。従ってこの訴訟は1年間続けられてきたことになる。ということは、この訴訟で「公正な選挙プロジェクト」が求めていた処置が、肝心な大統領選が終了するまでは進まなかったということになる。

なお、州務長官のベンソン氏は「2021年の地方選挙に備えるために、選挙スタッフと共同で選挙規定の強化と見直しを進めた」「透明性高く正確に連邦法の規定沿う形で有権者リストの更新を行うことは、ミシガン州の選挙システムを確かなものとして維持する重要な要素だ」と述べているのだが、この処置を訴訟で提起されてきた大統領選挙に間に合わせるようには進めなかったということになる。

そしてこうした事実すら、主流派メディアは全く報道していない。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

freebeacon.comの記事
https://freebeacon.com/2020-election/michigan-removes-177000-voters-from-voter-rolls-after-legal-challenge/
ミシガン州の開票プロセスの画像
https://www.thegatewaypundit.com/wp-content/uploads/biden-michigan-spike-ballots-late-night-.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  2. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  3. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  4. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  5. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…

関連記事

  1. 道理

    国際女性デーにも表れた、台湾と韓国の落差!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!3月…

  2. 人権・民主主義

    記者6人が警察の暴力に抗議したことに対抗して、香港警察が記者会見を中止!(朝香 豊)

    香港メディアの記者6人は、香港警察の暴力に対して抗議の意思を示…

  3. 安全保障

    軌道修正始めた専門家たち! コロナの爆発的事態はない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  4. 安全保障

    新型コロナで飢餓人口が倍増へ! 「世界食糧計画」が警告!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  5. 人権・民主主義

    バイデン勝利を否定! ジョージア州議会司法委員会!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ジョ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    韓国検察が文在寅に叛旗を翻す! チョ・グク法相の親族を逮捕へ! (朝香豊)
  2. 安全保障

    新型コロナウイルスの対応を、現実に即した運営に変えよう!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    核軍縮条約への参加を、中国は拒否! 中国の本質がより明確に!(朝香 豊)
  4. 道理

    韓国「旭日旗」クレームがポーランドの飲料を販売中止に追い込む! (朝香豊)
  5. 人権・民主主義

    小党乱立で混乱する韓国! 4月に国会議員選挙!(朝香 豊)
PAGE TOP