人権・民主主義

ミシガン州が17万7千人の有権者登録を削除!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ミシガン州は17万7000人の有権者を適正なものではないとして、1月下旬になってから削除していたことがわかった。

ミシガン州は2020年の大統領選挙について15万4000票差でバイデンの勝利であると認証したが、これを上回る人数を有権者登録から外したことになる。

同州は選挙監視団体の「公正な選挙プロジェクト」(Honest Elections Project)との間で法廷闘争が続けられており、登録有権者の実在性についての確認を選挙後に進めていた。

その結果として17万7000人がもはや同州で生活していないとか、州側の住所の問い合わせに返答がないとの理由から、登録有権者名簿から削除された。

この事実は2月16日に地区裁判所が公表したことで明らかになった。

「公正な選挙プロジェクト」のトニー・ドーント氏は、「(ミシガン州の州務長官の)ベンソン氏に選挙法の規定に従わせるのに連邦裁判所での法廷闘争を要したのは、驚くことではないが、がっかりさせられる」と述べた。

なお、「公正な選挙プロジェクト」が州内の有権者についての包括的な調査を求める訴訟を提起したのは2020年の2月、つまり1年前のことであった。従ってこの訴訟は1年間続けられてきたことになる。ということは、この訴訟で「公正な選挙プロジェクト」が求めていた処置が、肝心な大統領選が終了するまでは進まなかったということになる。

なお、州務長官のベンソン氏は「2021年の地方選挙に備えるために、選挙スタッフと共同で選挙規定の強化と見直しを進めた」「透明性高く正確に連邦法の規定沿う形で有権者リストの更新を行うことは、ミシガン州の選挙システムを確かなものとして維持する重要な要素だ」と述べているのだが、この処置を訴訟で提起されてきた大統領選挙に間に合わせるようには進めなかったということになる。

そしてこうした事実すら、主流派メディアは全く報道していない。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

freebeacon.comの記事
https://freebeacon.com/2020-election/michigan-removes-177000-voters-from-voter-rolls-after-legal-challenge/
ミシガン州の開票プロセスの画像
https://www.thegatewaypundit.com/wp-content/uploads/biden-michigan-spike-ballots-late-night-.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  2. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  3. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  4. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  5. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…

関連記事

  1. 道理

    中国が企業版「社会信用システム」を導入予定!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします中国に…

  2. 人権・民主主義

    韓国で異常判決! 最高裁が壊す法の支配!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  3. 道理

    医学雑誌「ランセット」は親中国! 「中国に感謝せよ」だって!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「ラ…

  4. 人権・民主主義

    湖北省住民と江西省警察が激突! 警察車両が横転させられる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!3月…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    新型肺炎で、中国は「不可抗力証明書」を発行へ! (朝香 豊)
  2. 中国

    武漢の葬儀場に骨壷引き取りの長蛇の列! ここから推定される本当の死者数は?(朝香…
  3. 人権・民主主義

    悪名高い「社会信用システム」の企業版も運用開始! 中国!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    中国から戻ってくる企業には減税! トランプ大統領!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    中国で教会の十戒が削除され、習近平の言葉に差し替えられている! (朝香 豊)
PAGE TOP