安全保障

自衛隊の派遣を前向きに進めよ! アフガニスタン!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アフガニスタンから、大使館職員や民間人の国外退避を進めている米政府が、日本政府に自衛隊の派遣を含めた協力を要請していることがわかった。

私はこれについて積極的に応じるべきだとの立場だが、これに反対する意見も多い。恐らくその第一は、「法律上の根拠がない」というものだと思われる。ところが果たしてそうなのだろうか。

自衛隊法第八十四条の三は、「在外邦人等の保護措置」を定めていて、外国で緊急事態が発生して外務大臣から防衛大臣に依頼があった場合には、在外邦人等の保護処置を取ることができるとされている。同様に、第八十四条の四には「在外邦人等の輸送」を定めている。

問題はこの発動要件に「当該外国の権限ある当局」が同意し、連携及び協力が確保されると見込まれ、戦闘行為が行われることがないと認められることとなっているところだ。ここに書かれているのは「外国政府」ではなく、「権限ある当局」である。日本政府が合法政権として認めていなくても、現地を実効支配しているタリバンを「権限ある当局」だとみなすことは決して難しいことではない。

我が国の国民らが現地からの退避を求めているので、タリバンはその退避に協力をしていただきたいと申し出ればよいだけだ。タリバンは少なくとも建前では外国人の安全を認めていて、テロの廃絶も訴えているのだから、この日本政府の申し出を拒絶する理由はないだろう。

日本政府はタリバンとコソコソと交渉するのではなく、堂々とオープンに邦人退避を申し出ればいい。国民にも国際社会にもオープンに知らせることが極めて重要だ。この動きに出た場合に、タリバンの主張が建前にすぎないのか、実質を伴うものなのかがまず明らかになる。

こうなると国内の野党とマスコミは「自衛隊法の拡大解釈だ」とか「憲法違反の海外派兵だ」といって、狂ったような大騒ぎを始めるだろう。そしてその時に一般国民はどう感じるだろうか。タリバンと戦争をしにアフガニスタンに行くわけではないのに、どうして自衛隊の出動が認められないのかと、素朴に感じるのではないだろうか。あくまでも相手側が認めることを条件にしながら、邦人保護のために自衛隊が出ていく話をしているだけである。

もちろん現地に自衛隊が派遣されれば、自衛官を危険に晒すことになるのは間違いない。タリバンが一枚岩の組織ではないこともあり、現実には問題が起きる可能性も大いに想定しなければならない。タリバン側が約束を履行しないことによって、自衛官らに負傷者などが出ることもあるかもしれない。その時に野党とマスコミはさらに狂った大騒ぎをするだろうが、そうなればなおさら、彼らは素朴な国民感情から離反していくことになる。

また退避に際しては、まずは邦人を最優先して進めることから始め、邦人退避が完了したら、友好国の国民や現地スタッフの退避まで範囲を広げられないかの交渉を始める。友好国の国民については自衛隊法から逸脱しているという指摘もあるだろうが、人道性と緊急性から敢えて訴えてみて、国内の議論を沸かせること自体を目的化する。

交渉の中でどこまで認められることになるかについては正直言えば絶望的だが、日本政府が最大限の努力を行ったことを国際社会にアピールできることがもっとも重要なところだ。これにより、タリバンの規範意識がどの程度なのかを明らかにすることもできる。それと同時に、野党とマスコミに国民意識から完全に遊離した話を展開させるところが重要だ。

日本政府は遵法精神と道理に基づいた路線を堂々と世界に示せばよい。タリバン側の反応により、自衛隊の派遣が結果として全くできなかったとしても、邦人救出のために最大限の努力を日本政府が払ったことを示すこと自体に大きな意味があるのではないか。

そしてそれが自衛隊法改正や憲法改正の大きな後押しになることを、我々は見落とすべきではないだろう。

※拡散制限を回避するために、「朝香豊の日本再興ニュース」ブログからの直リンクをつけていません。コメント欄にリンクをつけておきますので、こちらへのご協力もよろしくお願いいたします。

「朝香豊の日本再興ニュース」ブログの応援、よろしくお願いいたします。(リンクのブログ記事の「朝香豊は今何位?」をクリック!)
  
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

自衛隊法の規定
https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=329AC0000000165
news.yahoo.co.jpの記事
https://news.yahoo.co.jp/articles/10faef2b2b12b4ff7a49181e29eb09a0c3270bbf
海外で活躍する自衛隊の画像
https://imgc.eximg.jp/i=https%253A%252F%252Fs.eximg.jp%252Fexnews%252Ffeed%252FTrafficnews%252FTrafficnews_81569_9f45_1.jpg,zoom=1200,quality=70,type=jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  2. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  3. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  4. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  5. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    30秒でコロナ診断! イスラエルが開発!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イス…

  2. 安全保障

    進むコロナの弱毒化! イタリアを代表する医師も言明!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  3. 安全保障

    無法地帯が生まれたシアトル! 背後に組織があるのは確実!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!シア…

  4. 安全保障

    王岐山がなぜか北海道訪問へ! 意図は何だ?(朝香 豊)

    「即位礼正殿の儀」に出席する中国の王岐山国家副主席は、4泊5日…

  5. 安全保障

    台湾のワクチン購入が突然白紙に! 背後に中国の影!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  6. 安全保障

    韓国は世界最高の核技術国、6カ月あれば核兵器を作れる? まじか?(朝香 豊)

    『北の核の前に立つわれわれの選択』という本が韓国で出版された。…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    中国の高圧的外交に結束して対抗しよう! トルドー首相の正論!(朝香 豊)
  2. Featured Video Play Icon

    安全保障

    米海軍が未確認飛行物体の目撃報告を「本物」と確認! (朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    歴史歪曲反日銅像設置中断せよ! こんな運動が韓国で始まる!(朝香 豊)
  4. 経済

    中国の情報統制は、現実離れしたレベルに! (朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    何が問題なの? 室蘭市の小学校の教頭が、韓国批判のネット書き込みを問題視される!…
PAGE TOP