経済

カラチの証券取引所が襲撃される! 知っておきたい裏事情!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

パキスタンのカラチにある証券取引所が武装グループに襲撃され、少なくとも警備員・警察官など6人と武装グループのメンバー4人が射殺されるという事件が起こった。

取引所を占拠してパキスタン経済に打撃を与えようとしたのが、失敗したということのようだ。

「バロチ解放軍」が犯行声明を発表した。

「バロチ解放軍」は、パキスタンの西南に位置するバロチスタン州の分離・独立を求める武装勢力の1つだ。

そしてここには、古い因縁がある。

バロチスタンには今は多くの民族が住んでいるが、最大勢力は州の名前とも関係が深いバロチ人だ。

イギリスの植民地支配から独立した時に、バロチスタンはパキスタンとは別に独立を目指したが、結局武力制圧されてパキスタンに併合されたという歴史がある。

そしてバロチスタンの人々は、パキスタン政府に差別されていると考えている。

例えば、バロチスタンからは豊富な天然ガスが産出されているが、バロチスタンでは一部の都市部でしかこのガスを利用できず、しかも1日に供給されるのは6時間に限られ、ガス圧力も小さい。

これに対する大規模な抗議デモが発生し、鉄道が止められる騒ぎになったこともある。

こうしたことから、反政府勢力が武力に訴えることも多く、これに対する政府の弾圧も激しいものとなっている。

政府側に殺されて捨てられた遺体が1000体ほど発見されている。

さて、一帯一路構想で重要な役割を果たす「中国・パキスタン経済回廊」(CPEC)と呼ばれる経済開発事業では、バルチスタンとの関わりは大きい。

この構想ではバロチスタンにあるグワダル港が重要な役割を果たすのだが、グワダル港の収益の9割以上が中国企業に入り、グワダル港の労働者も中国人ばかりで、さらにこうした労働者を相手に商売をするのも中国人ばかりとなっていて、バロチスタンとしてのメリットはほとんどないからだ。

バロチスタンが仮に分離・独立すると、これはパキスタンのみならず、中国にも大打撃になる。

こういう不安定さをパキスタンが抱えているというのが頭にあると、事件の意味合いに理解につながるのではないかと思う。

なお、報道で非常に違和感を感じたのは、この事件で死亡した人数に、犯人側4人が含まれていない形で報道されていることだ。

現地発表の報道をそのまま流しているということなのだろうが、犯人は「人」ではないということなのか。

マスコミの報道姿勢にも問題があるわけだが、パキスタン政府がバロチ人をどう見ているのかの傍証にもなるのではないかと思う。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のDAWN.comの記事
https://www.dawn.com/news/686997
ネタ元のAFPBBの記事
https://www.afpbb.com/articles/-/3290927
画像も同記事から
https://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/9/b/-/img_9b1ac554b7af792c1d709bcc603d505e185776.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  2. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  3. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  4. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  5. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    接触距離とウイルスの毒性は反比例するかも!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アイ…

  2. 経済

    米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)

    米中通商協議が部分合意に達したが、報道されている内容を見ると、…

  3. 安全保障

    大和堆で中国漁船の操業増加! 日本漁船が締め出される!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

  4. 経済

    中国、工場稼働中断を勧告! 韓国企業に大打撃! 日本経済も笑えない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  5. 道理

    医学雑誌「ランセット」は親中国! 「中国に感謝せよ」だって!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「ラ…

  6. 人権・民主主義

    国際人権団体代表、香港入りを拒否される! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!国際…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    釜山市長のセクハラ辞任の裏事情!(朝香 豊)
  2. 道理

    韓国の高校教科書の偏向ぶりがすごい! 自国の成立すら左翼偏向!(朝香 豊)
  3. 経済

    中国の杭州市、民間企業100社に政府職員を派遣へ! 民間企業にはさらに中共の影響…
  4. 安全保障

    香港で空気感染を疑う事態が発生! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    三菱ジェット機、結局凍結! 求められる支援策!(朝香 豊)
PAGE TOP