安全保障

TikTokがiPhoneのデータ取得! 直したはずが直っていない!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国企業「バイトダンス」が提供している動画アプリのTikTokが、iPhone上でスパイ行為と取られても仕方のない動作を未だに続けていることが明らかになった。

このセキュリティー上の問題について、研究者たちは3月に警鐘を鳴らし、「バイトダンス」は新バージョンにアップデートすることでこれは解消すると説明していた。

ところが、この問題が解消するどころか、却って強化されているのではないかとの疑いが濃厚になった。

アップルはプライバシー機能を強化したiOS14の今秋のリリースを予定している。

それに先立ち、6月23日に開発者向けのベータ版が公開された。

これにより、開発者が様々に利用を行い、アップル側にこのOSの不具合について報告する。

アップルは得られた報告に基づき、iOS14の修正を行ってリリースすることになる。

今回の強化されたプライバシー機能により、アプリの怪しい動作についてユーザーが確認できることになる。

そこである開発者がTikTokを起動した上でテキスト入力を行ったところ、このテキスト入力の内容をそのままTikTokがすぐさま読み込んでいることが判明した。

この事実を指摘されると、「バイトダンス」は以前とは説明を変えて、アプリに搭載されたスパム対策機能によって引き起こされたと釈明した。

アップルは「ユニバーサルクリップボード」機能を導入しており、Mac上でコピーしたものをiPhoneに貼り付けるようなこともできる。

この機能が成立するためには、Mac上でコピー&ペーストしたような情報でも、iPhoneから読み取れるようになっていることが前提となる。

TikTokはこのクリップボードにアクセスすることで情報を入手しているため、こうした情報をTikTokが集める可能性を排除できない。

そしてそれが「バイトダンス」を通じて中国政府に利用される可能性も考えなくてはならない。

さて、アップルの新機能に対応するため、TikTokは従来の機能を修正せざるをえなくなるようだ。

だが、これで一件落着とはいかない。

iOSのバージョンアップで明らかにされた問題が、アンドロイドでは生じていない保証はないからだ。

危険なアプリには近寄らないのが一番のようだ。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のForbesの記事
https://forbesjapan.com/articles/detail/35508
画像はPixabayから
https://pixabay.com/ja/photos/tiktok-アプリ-5064078/

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  2. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  3. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  4. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  5. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    突然の中国領事館閉鎖命令の背景! 中国はアンティファともつながりあり!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  2. 経済

    アリババいじめがさらに強化! 民有企業の活力を奪う習近平!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「独…

  3. 安全保障

    米豪はレアアースの安定調達の計画を発表へ! (朝香 豊)

    現在中国が世界生産量の80%を占めているレアアースの安定調達の…

  4. 人権・民主主義

    技能実習生は低賃金? 意外な高待遇も!(平野 正幸)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

  5. 経済

    日本の今年の出生数86万4千人に! 大胆な少子化対策は待ったなし!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今年…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    統計的に見てあまりに異常! 激戦州でのバイデン票!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    ドイツのメルケル首相が中国に対して香港の件で釘をさす!
  3. 安全保障

    シノファームワクチン高接種国で感染者数激増 ! 中国国内でもシノファームワクチン…
  4. 人権・民主主義

    本当は圧勝だったトランプ! シドニー・パウウェル弁護士が明かす!(朝香 豊)
  5. 外交

    習近平、赤っ恥! ネパールはチベット難民の引き渡しを拒否!(朝香 豊)
PAGE TOP