安全保障

恐怖! 武漢で新型コロナ「治癒」後に死亡! 退院前2回の検査も陰性!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国メディア「澎湃新聞」は、武漢市民の李亮さん(36)が2月26日に退院した後、5日後の3月2日に経過観察先のホテルで死亡したと報じた。

李さんは2月12日、武漢市の漢陽方艙医院に入院して、治療を受けた。

その後回復し、同月26日に医師の診断で退院を許可された。

その後、14日間の経過観察を必要とするため、李さんは指定のホテルに宿泊していた。

李さんは退院後に、胃に違和感を覚えた。

医師がホテルで診断したが、精神的なストレスを感じているのかもしれないとして、特に処置を取らなかったが、その日のうちに死亡してしまった。

李さんは呼吸器の症状は顕著に回復していたし、退院前の2回の検査はいずれも陰性で、退院後も平熱が続いていたから、重大なことが起こっているとは医師は考えなかったのだ。

この報道を、中国政府系メディア「新京報」など複数のメディアが相次いで転載したが、今ではいずれも記事を取り下げている。

人心を惑わすとのことで、取り下げ命令が出ているのだろうか。

このウイルスについては、なめてはいけない。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/03/52554.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  2. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  3. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  4. 「優生思想で危険」だとNumber編集部に非難の声! いやいや、危険なのはむしろ…
  5. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    科学情報の窃盗のほとんどに中国共産党が関与! フランスで報告書!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!フラ…

  2. 人権・民主主義

    デモ参加者が実弾発射と香港警察! ヤラセか? (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  3. 安全保障

    米下院が大学への中共のスパイ工作の調査を教育省の要求! 中共を許すな!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米下…

  4. 安全保障

    だんだん見えてきた不正選挙の闇! ドミニオン社の背景!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  5. 人権・民主主義

    香港国家安全法の危険な中身! 我々も処罰対象に!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  6. 安全保障

    マルクス主義や批判的人種理論が米軍内で浸透! これを批判する将校が除隊に!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!現在…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 外交

    中国の巨額援助の約束の多くは履行されていない! 台湾主張!(朝香 豊)
  2. 道理

    軍艦島の説明に強制労働をきちんと入れろ! ユネスコが決議採択!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    熟練パイロットがAIに完敗! F16でのシミュレート戦!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    BLM”本当の”意味とは? Burn、Loot、Murder!(朝香…
  5. 人権・民主主義

    チェ・スンシル氏、タブレット端末を使用した事実さえない! (朝香 豊)
PAGE TOP