安全保障

恐怖! 武漢で新型コロナ「治癒」後に死亡! 退院前2回の検査も陰性!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国メディア「澎湃新聞」は、武漢市民の李亮さん(36)が2月26日に退院した後、5日後の3月2日に経過観察先のホテルで死亡したと報じた。

李さんは2月12日、武漢市の漢陽方艙医院に入院して、治療を受けた。

その後回復し、同月26日に医師の診断で退院を許可された。

その後、14日間の経過観察を必要とするため、李さんは指定のホテルに宿泊していた。

李さんは退院後に、胃に違和感を覚えた。

医師がホテルで診断したが、精神的なストレスを感じているのかもしれないとして、特に処置を取らなかったが、その日のうちに死亡してしまった。

李さんは呼吸器の症状は顕著に回復していたし、退院前の2回の検査はいずれも陰性で、退院後も平熱が続いていたから、重大なことが起こっているとは医師は考えなかったのだ。

この報道を、中国政府系メディア「新京報」など複数のメディアが相次いで転載したが、今ではいずれも記事を取り下げている。

人心を惑わすとのことで、取り下げ命令が出ているのだろうか。

このウイルスについては、なめてはいけない。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/03/52554.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  2. 「なんでも批判」を反省しない立憲民主党! 戦前の「批判」政治の過ちを忘れるな!(…
  3. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  4. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  5. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…

関連記事

  1. 安全保障

    アメリカは「戦時国債」発行か? アメリカの覚悟に日本も見習え!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  2. 安全保障

    北朝鮮のミサイル精度の向上の影に韓国! 軍事技術ダダ漏れ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!20…

  3. 安全保障

    中国のスパイが豪州に亡命希望! 香港と台湾の工作情報を豪政府に提出!(朝香 豊)

    中国のスパイ活動に従事してきた男性が、オーストラリアへの亡命を…

  4. 人権・民主主義

    北京オリンピック協賛スポンサーに対して圧力! 国際人権団体!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  5. 安全保障

    「トランプが勝っている」と諜報筋! 最高裁は行動を!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!フォ…

  6. 人権・民主主義

    米上院議員が相次いで中国共産党とWHOを非難! 手を緩めないアメリカ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    愛知トリエンナーレで、大村知事が河村市長に激怒!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    中国、「6G」の研究開発に着手! 日米連合も負けるな!(朝香 豊)
  3. 中国

    さらに強まる習近平独裁体制! 任志強は党籍剥奪!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    機密文書公開で早速ヒラリーの犯罪が明らかに!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    15日にも、韓国検察特捜部の縮小を閣議決定へ!(朝香 豊)
PAGE TOP