人権・民主主義

カナダで中国の人権状況を批判する動きが相次ぐ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

カナダの最大野党の保守党のヌゴ上院議員とホウサコス上院議員は、マグニツキー法(人権侵害者処罰法)に基づき、中国と香港で起きた人権侵害に関与した中国当局者を制裁するよう、政府に求める上院の動議を提出した。

同じ保守党のアトラジャン上院議員も、違法な海外臓器移植を防止する法案を再提出した。

この法案は前回の提出時に上下両院で満場一致で可決していたが、両院で内容に若干の相違があったために、内容を修正して再提出したものだ。

なので、この法案は今国会で通過するのは間違いないだろう。

また、保守党が提案した、トルドー政権の対中政策を検証するための特別委員会の設置が、上院議会で承認された。

なお、中国の駐カナダ大使は、一連の議案が採択されれば、カナダに対して「確かな対抗策を取る」と脅している。

これに対してホウサコス上院議員は「私たちはG7の国であり、経済的・政治的影響力もある。トルドー首相は立ち上がり、カナダの価値を擁護する時だ」と述べた。

また、ヌゴ上院議員も、中国は貿易の中断をほのめかし、まるで「いじめっ子」の振る舞いだが、カナダ政府が法の支配と人権のために姿勢を示すことが重要であると述べた。

中国は「格下」だと見ている国に対しては非常に強圧的な態度に出るが、こういう脅しが効かない国が増えていることに、まだ気づいていないようだ。

さて、この動きに我が国も続くべきではないのか。

政府だけでなく、国会議員も頑張ってくれ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元となる大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2019/12/50067.html
画像はCTV Newsの記事
https://www.ctvnews.ca/politics/one-year-of-scheer-conservatives-mark-first-anniversary-with-new-leader-1.3947269

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  2. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  3. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  4. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  5. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)

関連記事

  1. 経済

    中国の金融開放の罠! 狙われる西側金融機関!(朝香豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  2. 安全保障

    トルコ、難民入れるとEU脅す! ヨーロッパ危機!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トル…

  3. 外交

    ファーウェイ孟晩舟被告の裁判で、テレビに映ったメッセージボードはヤラセだった!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!カナ…

  4. 安全保障

    英はファーウェイ5G参入を見直しか? コロナ情報隠蔽で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 人権・民主主義

    香港で反体制派に対する暴力が頻発! 暴力で萎縮させる路線か? (朝香 豊)

    香港では、デモ行進の件で警察との交渉を終えて、警察署を出た3分…

  6. 人権・民主主義

    米議会は超党派で中国に圧力をかけ、香港を守る意思を明確にした!

    さすが、アメリカ!米議会は、香港情勢に関し、超党派…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    韓国では財閥系企業でも営業利益45%の大幅減少! 海外脱出はさらに進むか?
  2. 安全保障

    羽田空港の給水停止騒ぎに、関空でのドローン事件! テロの事前演習か? (朝香 豊…
  3. 安全保障

    イギリス・イタリアはファーウェイ排除! だがドイツは逆走へ!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    ジョージア州でバイデンが逆転だって! ありえない❗(朝香 豊)
  5. 安全保障

    河野防衛相、中国の軍事拡大に警告!(朝香 豊)
PAGE TOP