人権・民主主義

カナダで中国の人権状況を批判する動きが相次ぐ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

カナダの最大野党の保守党のヌゴ上院議員とホウサコス上院議員は、マグニツキー法(人権侵害者処罰法)に基づき、中国と香港で起きた人権侵害に関与した中国当局者を制裁するよう、政府に求める上院の動議を提出した。

同じ保守党のアトラジャン上院議員も、違法な海外臓器移植を防止する法案を再提出した。

この法案は前回の提出時に上下両院で満場一致で可決していたが、両院で内容に若干の相違があったために、内容を修正して再提出したものだ。

なので、この法案は今国会で通過するのは間違いないだろう。

また、保守党が提案した、トルドー政権の対中政策を検証するための特別委員会の設置が、上院議会で承認された。

なお、中国の駐カナダ大使は、一連の議案が採択されれば、カナダに対して「確かな対抗策を取る」と脅している。

これに対してホウサコス上院議員は「私たちはG7の国であり、経済的・政治的影響力もある。トルドー首相は立ち上がり、カナダの価値を擁護する時だ」と述べた。

また、ヌゴ上院議員も、中国は貿易の中断をほのめかし、まるで「いじめっ子」の振る舞いだが、カナダ政府が法の支配と人権のために姿勢を示すことが重要であると述べた。

中国は「格下」だと見ている国に対しては非常に強圧的な態度に出るが、こういう脅しが効かない国が増えていることに、まだ気づいていないようだ。

さて、この動きに我が国も続くべきではないのか。

政府だけでなく、国会議員も頑張ってくれ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元となる大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2019/12/50067.html
画像はCTV Newsの記事
https://www.ctvnews.ca/politics/one-year-of-scheer-conservatives-mark-first-anniversary-with-new-leader-1.3947269

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  2. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  3. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  4. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  5. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    香港人に英国の完全な市民資格を与える政策を、イギリス保守党が検討か?(朝香 豊)

    返還前から香港に住んでいた人たちには、BNOと呼ばれる英国の二…

  2. 安全保障

    台湾独立派が過半数を超える! 台湾世論調査結果!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!Ta…

  3. 人権・民主主義

    中国ウイグル族活動家親族の迫害で、ポンペオ国務長官が懸念を表明! (朝香 豊)

    アメリカのポンペオ国務長官は、イスラム教を信仰するウイグル人に…

  4. 安全保障

    トランプ政権は中共解体計画策定! スティーブ・バノン氏!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  5. 人権・民主主義

    韓国大統領府が家宅捜索を拒否! 検察最後の意地を力づくで潰す!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    ヨーロッパは民主主義の立場で中国と対峙せよ! ポンペオ米国務長官!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    イランではデモで死者100人超! 体制危機か?(朝香 豊)
  3. 外交

    習近平、赤っ恥! ネパールはチベット難民の引き渡しを拒否!(朝香 豊)
  4. 中国

    ベートーベン第9(歓喜の歌)を禁止に! 中国!(朝香 豊)
  5. 経済

    安倍総理、大型の景気対策を指示か?(朝香 豊)
PAGE TOP