人権・民主主義

カナダで中国の人権状況を批判する動きが相次ぐ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

カナダの最大野党の保守党のヌゴ上院議員とホウサコス上院議員は、マグニツキー法(人権侵害者処罰法)に基づき、中国と香港で起きた人権侵害に関与した中国当局者を制裁するよう、政府に求める上院の動議を提出した。

同じ保守党のアトラジャン上院議員も、違法な海外臓器移植を防止する法案を再提出した。

この法案は前回の提出時に上下両院で満場一致で可決していたが、両院で内容に若干の相違があったために、内容を修正して再提出したものだ。

なので、この法案は今国会で通過するのは間違いないだろう。

また、保守党が提案した、トルドー政権の対中政策を検証するための特別委員会の設置が、上院議会で承認された。

なお、中国の駐カナダ大使は、一連の議案が採択されれば、カナダに対して「確かな対抗策を取る」と脅している。

これに対してホウサコス上院議員は「私たちはG7の国であり、経済的・政治的影響力もある。トルドー首相は立ち上がり、カナダの価値を擁護する時だ」と述べた。

また、ヌゴ上院議員も、中国は貿易の中断をほのめかし、まるで「いじめっ子」の振る舞いだが、カナダ政府が法の支配と人権のために姿勢を示すことが重要であると述べた。

中国は「格下」だと見ている国に対しては非常に強圧的な態度に出るが、こういう脅しが効かない国が増えていることに、まだ気づいていないようだ。

さて、この動きに我が国も続くべきではないのか。

政府だけでなく、国会議員も頑張ってくれ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元となる大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2019/12/50067.html
画像はCTV Newsの記事
https://www.ctvnews.ca/politics/one-year-of-scheer-conservatives-mark-first-anniversary-with-new-leader-1.3947269

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  2. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  3. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  4. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  5. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…

関連記事

  1. 安全保障

    不良品でヨーロッパで信頼をなくす中国! 新型コロナの医療物資!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!すで…

  2. 人権・民主主義

    マレーシアのマハティール首相、香港行政長官に辞任を促す!(朝香 豊)

    マレーシアのマハティール首相は、香港のキャリー・ラム行政長官に…

  3. 人権・民主主義

    「黒人の命は大切」だからキリスト像を破壊せよだって? ありえない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「黒…

  4. 中国

    中国人少女がなんとタピオカの飲み過ぎで入院! (朝香 豊)

    食欲不振と腹痛などの症状を訴えた中国人の少女が病院で診察を受け…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    「アビガン」承認で、新型コロナウイルスは解決へ!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    全米に広がるフロイド氏殺害に対する抗議! これを正当化してはならない!(朝香 豊…
  3. 安全保障

    日本旅行のタイ人が新型肺炎に感染! 日本の後手後手対応の帰結!(朝香 豊)
  4. 道理

    韓国検察の反撃! チョグク法相の弟の逮捕状請求!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    監視カメラ設置台数の多い都市世界ランキングのトップ5は全て中国の都市! 当たり前…
PAGE TOP