安全保障

ファーウェイ、中国当局に協力と、独紙報道!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ドイツ経済紙ハンデルスブラットは、ドイツ外務省の機密文書を引用して、ファーウェイが中国の治安当局に協力していて、5Gの構築で中国企業と取引するのは安全でないとの情報が、2019年末には米当局者からドイツ政府にもたらされていたことを指摘した。

これに対してファーウェイは、「通信網の安全性を損ねたり顧客情報を漏えいするような行為は断じて行っておらず、これからも行わない。報道は言い古された根拠のない主張の焼き直しにすぎない」としている。

だが、中国には国家情報法という法律があり、同法によれば「いかなる組織及び個人も、法律に従って国家の情報活動に協力しなければならない」とされている。

ファーウェイがこの国家情報法の適応除外になっているとでも、ファーウェイは言いたいのだろうか。

ところで、イギリスに続いてEUも、5Gネットワークの構築からファーウェイなど中国企業の参入を排除しない方針を打ち出した。

ハンデルスブラットの記事は、この決定に対するカウンターであり、おそらくはアメリカ側からもたらされた情報に基づくのであろう。

5GをめぐるイギリスやEUを巻き込んだ争いは、まだまだ続くことが予想される。

イギリスもEUも翻意させることはできないものか。

アメリカの柔軟な姿勢が問われるところだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これの元ネタとなるロイターの記事
https://jp.reuters.com/article/germany-usa-huawei-idJPKBN1ZS2IA?il=0

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  2. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  3. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  4. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  5. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…

関連記事

  1. 経済

    文在寅、ソウル大が選ぶ最悪の大統領1位! 87%(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  2. 安全保障

    12月の段階で、中国政府は新型コロナウイルスがSARS系だと知っていた!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 経済

    新型肺炎で、韓国経済は崩壊へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  4. 安全保障

    「香港自治法」が成立! 運用は米大統領選挙の結果次第!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  5. 経済

    韓国企業が海外進出を積極化! 文政権の経済政策のために国内に見切りをつけている! (朝香 豊)

    これまでの韓国経済は、保守派政権が財閥企業の育成などの産業重視…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    アルゼンチンがまたデフォルト! 新興国危機のラッシュか?(朝香 豊)
  2. 中国

    中国の対処が3週間早かったら、感染は95%減らせた! 英大学調査!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    トルコ、難民入れるとEU脅す! ヨーロッパ危機!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    上海で「打倒腐敗!」を叫ぶデモ発生! 香港の影響大! 動画あり!(朝香 豊)
  5. 経済

    巧妙化する麻薬の密輸! 瀬取り方式の進化系も登場! (朝香 豊)
PAGE TOP