安全保障

ファーウェイ、中国当局に協力と、独紙報道!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ドイツ経済紙ハンデルスブラットは、ドイツ外務省の機密文書を引用して、ファーウェイが中国の治安当局に協力していて、5Gの構築で中国企業と取引するのは安全でないとの情報が、2019年末には米当局者からドイツ政府にもたらされていたことを指摘した。

これに対してファーウェイは、「通信網の安全性を損ねたり顧客情報を漏えいするような行為は断じて行っておらず、これからも行わない。報道は言い古された根拠のない主張の焼き直しにすぎない」としている。

だが、中国には国家情報法という法律があり、同法によれば「いかなる組織及び個人も、法律に従って国家の情報活動に協力しなければならない」とされている。

ファーウェイがこの国家情報法の適応除外になっているとでも、ファーウェイは言いたいのだろうか。

ところで、イギリスに続いてEUも、5Gネットワークの構築からファーウェイなど中国企業の参入を排除しない方針を打ち出した。

ハンデルスブラットの記事は、この決定に対するカウンターであり、おそらくはアメリカ側からもたらされた情報に基づくのであろう。

5GをめぐるイギリスやEUを巻き込んだ争いは、まだまだ続くことが予想される。

イギリスもEUも翻意させることはできないものか。

アメリカの柔軟な姿勢が問われるところだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これの元ネタとなるロイターの記事
https://jp.reuters.com/article/germany-usa-huawei-idJPKBN1ZS2IA?il=0

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  2. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  3. TSMCの日本投資は大きなチャンス! 反対論者は日台離反工作に乗せられていないか…
  4. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  5. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…

関連記事

  1. 安全保障

    笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム

    防衛省が北朝鮮の短距離弾道ミサイルについて、1)ロシアの「イス…

  2. 経済

    中国企業の米市場上場禁止へ! 上院で法案全会一致で可決!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「中…

  3. 安全保障

    武漢大学が新たな検査方法を開発! PCRよりはるかに優れている??(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!レコ…

  4. 経済

    終わっている立憲民主党の経済政策! 民主党政権の悪夢から何も学んでいない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!立憲…

  5. 安全保障

    気に入らない国民の疑念は無視する河野太郎! 総理を担うには不適格!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!河野…

  6. 安全保障

    日米首脳会談は一応評価! ただ、対中政策面では不満!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    中国の経済成長率が4%まで下がって大減速? おいおい!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    中国のサッカー学校運営から撤退! 独FCケルン!(朝香 豊)
  3. 経済

    サプライチェーン組み換え予算はショボい! 緊急経済対策!(朝香 豊)
  4. 道理

    ブラジル大統領の息子(下院議員)が中国を非難! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)…
  5. 外交

    親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
PAGE TOP