安全保障

ファーウェイ、中国当局に協力と、独紙報道!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ドイツ経済紙ハンデルスブラットは、ドイツ外務省の機密文書を引用して、ファーウェイが中国の治安当局に協力していて、5Gの構築で中国企業と取引するのは安全でないとの情報が、2019年末には米当局者からドイツ政府にもたらされていたことを指摘した。

これに対してファーウェイは、「通信網の安全性を損ねたり顧客情報を漏えいするような行為は断じて行っておらず、これからも行わない。報道は言い古された根拠のない主張の焼き直しにすぎない」としている。

だが、中国には国家情報法という法律があり、同法によれば「いかなる組織及び個人も、法律に従って国家の情報活動に協力しなければならない」とされている。

ファーウェイがこの国家情報法の適応除外になっているとでも、ファーウェイは言いたいのだろうか。

ところで、イギリスに続いてEUも、5Gネットワークの構築からファーウェイなど中国企業の参入を排除しない方針を打ち出した。

ハンデルスブラットの記事は、この決定に対するカウンターであり、おそらくはアメリカ側からもたらされた情報に基づくのであろう。

5GをめぐるイギリスやEUを巻き込んだ争いは、まだまだ続くことが予想される。

イギリスもEUも翻意させることはできないものか。

アメリカの柔軟な姿勢が問われるところだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これの元ネタとなるロイターの記事
https://jp.reuters.com/article/germany-usa-huawei-idJPKBN1ZS2IA?il=0

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  2. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  3. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  4. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  5. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…

関連記事

  1. 安全保障

    地方政府の中国との契約は無効! オーストラリアの外交方針と一致しないなら!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!オー…

  2. 安全保障

    周到な工作で「米製」と偽装しての中国製機器の販売発覚! 8800万ドル分!(朝香 豊)

    ニューヨーク州にあるアベンチュラ・テクノロジーズ社は、十数年に…

  3. 安全保障

    新型コロナの開発中のワクチンの臨床試験開始! ただ実用化はまだまだ先!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  4. 経済

    韓国でのアフリカ豚コレラ発生により、中国は韓国からの豚肉輸入を禁止に! (朝香 豊)

    韓国でアフリカ豚コレラの発生が確認され、中国は韓国からの豚肉の…

  5. 安全保障

    ウイルスのゲノム配列を解析・公開した中国の研究所が、閉鎖されていた!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!上海…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 安全保障

    太陽光・風力導入により懸念される製造業の空洞化 ! 小型原子炉の事業所設置により…
  2. 人権・民主主義

    香港「国家安全維持法」の衝撃! 裁判権の独立も失う! (朝香 豊)
  3. 道理

    ウイグル自治区の「職業訓練校」が、世銀融資を使ってとんでもないものを購入していた…
  4. 人権・民主主義

    脱北女性が韓国当局者に強姦されている!(朝香 豊)
  5. 経済

    中国で何が起きているんだ? 百度(バイドゥ)が資金難か? (朝香 豊)
PAGE TOP