安全保障

ファーウェイ、中国当局に協力と、独紙報道!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ドイツ経済紙ハンデルスブラットは、ドイツ外務省の機密文書を引用して、ファーウェイが中国の治安当局に協力していて、5Gの構築で中国企業と取引するのは安全でないとの情報が、2019年末には米当局者からドイツ政府にもたらされていたことを指摘した。

これに対してファーウェイは、「通信網の安全性を損ねたり顧客情報を漏えいするような行為は断じて行っておらず、これからも行わない。報道は言い古された根拠のない主張の焼き直しにすぎない」としている。

だが、中国には国家情報法という法律があり、同法によれば「いかなる組織及び個人も、法律に従って国家の情報活動に協力しなければならない」とされている。

ファーウェイがこの国家情報法の適応除外になっているとでも、ファーウェイは言いたいのだろうか。

ところで、イギリスに続いてEUも、5Gネットワークの構築からファーウェイなど中国企業の参入を排除しない方針を打ち出した。

ハンデルスブラットの記事は、この決定に対するカウンターであり、おそらくはアメリカ側からもたらされた情報に基づくのであろう。

5GをめぐるイギリスやEUを巻き込んだ争いは、まだまだ続くことが予想される。

イギリスもEUも翻意させることはできないものか。

アメリカの柔軟な姿勢が問われるところだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これの元ネタとなるロイターの記事
https://jp.reuters.com/article/germany-usa-huawei-idJPKBN1ZS2IA?il=0

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  2. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  3. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  4. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  5. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)

関連記事

  1. 経済

    安倍総理、大型の景気対策を指示か?(朝香 豊)

    安倍総理は閣議で、「復旧復興の取り組みを加速し、海外発のリスク…

  2. 安全保障

    バイデン側のキーパーソンが裏切り! バイデン一家はこれで終了!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ハン…

  3. 安全保障

    中国を甘く見ていた時代は終わった! オブライエン米大統領補佐官!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  4. 安全保障

    「アビガン」承認で、新型コロナウイルスは解決へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!厚生…

  5. 安全保障

    実際の感染者数は、やはり中国発表の100倍で考えるべき! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    香港人権法案、米上院が全会一致で可決!(朝香 豊)
  2. 道理

    基本的豚権の侵害! 麻酔なしの豚の去勢はやめろ!?(朝香 豊)
  3. 道理

    排ガス規制違反で、ベンツが1000億円の罰金支払いへ! (朝香 豊)
  4. Featured Video Play Icon

    道理

    NHKは肝心な背景についても丁寧に述べる報道を行え!
  5. 中国

    なおも続く中国の豪雨! 三峡ダムは全力で放水! 下流域の被害は甚大!(朝香 豊)…
PAGE TOP