人権・民主主義

香港国家安全法の危険な中身! 我々も処罰対象に!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

香港の国家安全維持法の中身がわかってきた。

想像以上に厳しい法律だ。

同法が取締の対象とするのは、国家からの離脱、転覆行為、テロリズム、香港に介入する外国勢力との結託の4つだが、これに該当するとみなされた場合には、最低でも懲役3年、最高刑は無期懲役となる。

中国中央政府と香港政府への憎悪を扇動する行為も同法の対象となるとされているので、中国政府批判どころか、香港政府批判もできないことになった。

同法で有罪となった者は公職に立候補できないとされているから、気に入らない人物は一度逮捕して刑に服させれば、香港の公職には就けないことになる。

中国中央政府は香港に新たな保安施設を設立し、独自の法執行官を配置し、これらは地元当局の管轄外となる。つまり、保安について中国中央政府が直接監督することになる。

同法の対象となる裁判事例の裁判官を任命するのは、香港の行政長官とする。これは行政の意思が司法に直接反映されることを意味する。しかも行政長官は事実上中央政府の傀儡であるから、中央政府の意向が香港司法を支配することになる。

国家安全保障委員会の決定に対し、法的な異議申し立てはできない。つまり、明らかに不当だと思われる場合でも、抗議すら許さない。

中国が「非常に深刻」とみなした事件の裁判は非公開で行うこともできる。

外国の政府組織やマスコミの管理を強化する。

香港住民ではない者が国外から同法に違反したとみなされる事例についても、処罰の対象となる。

香港住民で香港外に居住する者ではなく、香港住民ではない者を取締対象にしているところがポイントだ。

つまり日本人が日本から香港の人権状況などを非難するような情報発信をしても、それが処罰の対象となる。

もちろん、私たちが日本国内にいる限りは手を下せないだろうが、香港に行くようなことは今後は控えなくてはならない。

同法制定によっても「香港は今後も高度な自治を持ち続ける」と中国政府は主張していたが、それは完全に嘘だということが、改めてはっきりした。

香港は秘密警察が支配する街になってしまった。

香港の悲劇をこれ以上拡散させないために、西側陣営が団結する必要がますますはっきりしてきたと言えるだろう。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のWedge IsMediaの記事
https://wedge.ismedia.jp/articles/-/20081

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  2. テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)
  3. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  4. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  5. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…

関連記事

  1. Huawei のロゴ

    中国

    ファーウェイ、内部告発者への報復がバレて、中国国内でも不買運動発生!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!ファー…

  2. 安全保障

    アリゾナ州もドミニオンの調査へ! トランプ勝利への道!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!6時…

  3. 中国

    トランプ大統領、国籍取得目的の出産排除へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!生ま…

  4. 道理

    中国向けの自己検閲を、ロイターが非難!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!金融…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    毎日新聞がれいわ新撰組の大石あきこ議員を持ち上げる記事を掲載! 疑われる中核派や…
  2. 外交

    しつこい韓国! 韓国人教授が「五輪で旭日旗の使用を許すな」と、205カ国のIOC…
  3. 安全保障

    台湾、中国向け団体旅行を全面中止へ! 日本も見習え!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    日本などへの渡航自粛を勧告! 韓国!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    英はファーウェイ5G参入を見直しか? コロナ情報隠蔽で!(朝香 豊)
PAGE TOP