人権・民主主義

崩れる軍事オプションの陰謀論! 現実を見よ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ミラー国防長官代行は、バイデンの大統領就任式について、内部的な脅威を示すインテリジェンスの報告はないが、首都の安全を確保するためにしらみつぶしに調査を行っているところだとの声明を公表した。

このミラー代行の話から、トランプ大統領がバイデンの大統領就任を阻止するために、軍事作戦を計画・発動しているということは全くないということがわかる。

またファーストレディのメラニア夫人は、ホワイトハウスを去るにあたってのお別れメッセージを公表した。

As I say farewell to my role as First Lady(ファーストレディとしての私の役割に別れを告げるに際して)との文言もあり、これがお別れメッセージであるのは明白だ。

アメリカは民主主義国であり、国民に軍隊を差し向けるということはよほどのことがない限りできないということ、特に米軍はその点が厳格であることを私はたびたび述べてきたが、ご理解いただけただろうか。

トランプ大統領は法と秩序を重んじる立場から、敵であれ味方であれ、暴力を使うことには一貫して反対してきた。

トランプサポーターの中で大いに盛り上がった軍事オプションの話は、今トランプ陣営が軍事クーデターを公然と主張するテロリスト集団だとする論拠に使われ、これと1月6日の議事堂襲撃事件が結び付けられた攻撃がなされている。

私も今、反省している。荒唐無稽な話だとは思いながらも、同じトランプ支持者の仲間だということで、それは危険だということをなかなか声を上げずにきた。正直に言えば、私も1月7日になるまで、このことの危険性が大きなものだとは考えていなかった。陰謀論は面白いし、スパイごっこをやっているような楽しさもある。そんな人の楽しみを否定するなんて無粋だと感じていた。だが、もっと深く考えていればきっとこの危険性にずっと早く気づいたんだろうと思うと、実に悔しい。

軍事クーデターの計画について熱く語り合っているトランプサポーターたちの情報発信を食い止めないと大変なことになる…これがツイッターやフェイスブックがトランプ側の様々な情報遮断をした根拠になっている。パーラーに対する不当な扱いにしても同様の論理で正当化している。トランプ支持の議員に対する企業献金禁止の動きなどについても、この論理が使われている。

今でもなお軍事オプションを信じている人もいるだろうが、冷静に振り返ってもらいたい。1月14日にトランプ大統領は反乱法を発動させ、秘密逮捕が始まったのではなかったのか。ナンシー・ペロシは逮捕されたのではなかったのか。1月14日が動かなかったら、今度は1月16日だったという話に変わったのではないのか。トランプが無期限大統領に就任することになったという話もなかったか。中国の人民解放軍がアメリカ国境に集結しているのではなかったのか。他にももっといろいろとあったろうが、ではそんな動きは実際にあったのか。こうした話が、トランプを嫌う勢力による煽りであり、罠であったことは今や明らかではないのか。彼らの罠に引っかかることで、トランプサポーターは遵法精神のない危険なテロリスト集団だとされているのである。

我々は法と秩序を絶対に守るとするトランプ大統領の側にいて、軍事クーデターまがいのことを支持することないということに誓いを立ててもらえないだろうか。そしてこれを軍事クーデターまがいのことを支持するのはトランプサポーターではないという運動につなげていけないだろうか。

我々はアメリカ人ではないが、日本からでもこんな運動が進んでいるということになれば、それはアメリカのトランプサポーターたちを変える力にもなるだろう。また、当然私と同じようなことを考えているトランプサポーターはアメリカにもいるはずだ。そんな人たちの支援になればとも思う。

上から目線の発言で大切な夢や希望をズタズタにしたことについては申し訳ないとも思う。だが、私が「頭を冷やせ!」と厳しい態度に出た理由も、今ならわかってもらえると信じたい。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.thegatewaypundit.comの記事

Acting Secretary of Defense Christopher Miller Labels Biden Inauguration a “Large Security Event” – Says No Intel of Insider Threat


メラニア夫人の画像
https://c.ndtvimg.com/2020-10/0pmaa8mg_melania-trump-afp_625x300_30_October_20.jpg
トランプ大統領の画像
https://amayei.nyc3.digitaloceanspaces.com/2020/11/trump.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  2. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  3. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  4. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  5. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう

関連記事

  1. 人権・民主主義

    トランスジェンダーの出場は不公平! 女子高生選手が提訴!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!心と…

  2. 人権・民主主義

    トランプは当選させない! ドミニオン社の副社長が語っていた!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!私は…

  3. 人権・民主主義

    「中国はウイグル自治区に国連監視団受け入れよ」と、イギリスが要求!(朝香 豊)

    イギリス政府は中国政府に対して、国連監視団が新疆ウイグル自治区…

  4. 道理

    日本維新の会の国会議員団が訪韓へ 原則論を棚上げするなら行くのは反対!

    日本維新の会の国会議員団4人が訪韓する。団長で沖縄…

  5. 人権・民主主義

    アメリカが中国共産党機関紙「環球時報」の幹部の入国ビザ却下! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国共産…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    香港民主派の大物、黎智英氏逮捕! 西側の反発は必至!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    台湾で新型肺炎で特別法制定! 日本も見習え!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    下船させるってどういうこと? WHOの方針!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    米共和党は中国大使館前の通りの変更を提案! 李文亮プラザ!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    同一署名の郵便投票が2000通以上! ウィスコンシン州で発覚!(朝香 豊)
PAGE TOP