人権・民主主義

武漢発新型肺炎で、WHOがまさかの緊急事態宣言見送り! 中国の影響力のためか?(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

世界保健機関(WHO)は、新型コロナウイルスによる肺炎について緊急委員会を2日連続で開き、「現時点では時期尚早」として、緊急事態宣言を当面見送ることを決定した。

WHOに対する中国の政治力の強さには以前から指摘があったが、これが今回も発揮された可能性は疑っておくべきだ。

ちなみに台湾はWHOにオブザーバーとしてさえ参加する資格がなく、WHOの持つ情報を直接取る機会が与えられていない。

今回の武漢の新型肺炎の広がりを受けて、台湾の蔡英文総統は人命に直結するこの問題点を改めて指摘、非難している。

ともあれ、これで世界的な蔓延が起こっても、中国はWHOでさえ判断を間違った難しい案件で、中国はそれ以前に厳しい処置を取ったという言い訳ができることになる。

中国が協議1日目の段階で武漢など3都市の閉鎖を行ったのが先になったので、自分は協議2日目にはWHOは緊急事態宣言を行っても中国のメンツは立つのだろうと甘く考えていたのを反省する。

また、政治経済的な重要度としてはあまり高いとは言えないWHOに対して、中国が強い影響力を確保してきたのは、単に台湾に対する嫌がらせなのではなく、まさにこういう事態に対処するためだったのではないかとの疑いを強める結果となった。

なお、現地調査に入った感染症の専門家である、香港大学の管軼氏は、過去に大流行したSARSに比べ、感染拡大の規模は少なくとも10倍となる可能性があると指摘していることを確認した。

武漢に行ったことのない人の間でも発症する例が増えていると、中国政府の衛生当局も認めるようになった。
 
こういう指摘がある中でのWHOの緊急事態宣言の見送りであることを、強調したい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元の産経新聞の記事
https://www.sankei.com/world/news/200124/wor2001240005-n1.html
画像も同記事から
https://www.sankei.com/images/news/200124/wor2001240005-p1.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  2. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  3. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  4. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  5. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    「黒人の命は大切」でロレアルが迷走! 「白」という言葉は使わない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「黒…

  2. 中国

    香港市民に英市民権与える動きに中国が報復を宣言! 天滅中共への道!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 人権・民主主義

    ポンペオ国務長官 香港について、市民の懸念に明確な措置必要! (朝香 豊)

    ポンペオ米国務長官は、反政府抗議デモが続く香港について、アメリ…

  4. 安全保障

    アメリカ保守派が中国に対して20兆ドルの損害賠償を請求! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  5. 道理

    鄱陽湖は意図的に決壊! 中国南部の豪雨!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  6. 安全保障

    カナダ、中国との自由貿易交渉中止へ! 「威圧外交」で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    香港市民、日本にも「人権法」の制定求めるデモ! (朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    米共和党の重鎮が相次ぎ、中国建国70周年に批判的声明!(朝香 豊)
  3. 経済

    日本の食品の放射能汚染検査を「完全に信頼」 国連FAO!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    中国政府、湖北省出身者にチャーター帰国便を準備!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    強力な対北朝鮮制裁「ワームビア法」がアメリカで成立へ!(朝香 豊)
PAGE TOP