人権・民主主義

武漢発新型肺炎で、WHOがまさかの緊急事態宣言見送り! 中国の影響力のためか?(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

世界保健機関(WHO)は、新型コロナウイルスによる肺炎について緊急委員会を2日連続で開き、「現時点では時期尚早」として、緊急事態宣言を当面見送ることを決定した。

WHOに対する中国の政治力の強さには以前から指摘があったが、これが今回も発揮された可能性は疑っておくべきだ。

ちなみに台湾はWHOにオブザーバーとしてさえ参加する資格がなく、WHOの持つ情報を直接取る機会が与えられていない。

今回の武漢の新型肺炎の広がりを受けて、台湾の蔡英文総統は人命に直結するこの問題点を改めて指摘、非難している。

ともあれ、これで世界的な蔓延が起こっても、中国はWHOでさえ判断を間違った難しい案件で、中国はそれ以前に厳しい処置を取ったという言い訳ができることになる。

中国が協議1日目の段階で武漢など3都市の閉鎖を行ったのが先になったので、自分は協議2日目にはWHOは緊急事態宣言を行っても中国のメンツは立つのだろうと甘く考えていたのを反省する。

また、政治経済的な重要度としてはあまり高いとは言えないWHOに対して、中国が強い影響力を確保してきたのは、単に台湾に対する嫌がらせなのではなく、まさにこういう事態に対処するためだったのではないかとの疑いを強める結果となった。

なお、現地調査に入った感染症の専門家である、香港大学の管軼氏は、過去に大流行したSARSに比べ、感染拡大の規模は少なくとも10倍となる可能性があると指摘していることを確認した。

武漢に行ったことのない人の間でも発症する例が増えていると、中国政府の衛生当局も認めるようになった。
 
こういう指摘がある中でのWHOの緊急事態宣言の見送りであることを、強調したい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元の産経新聞の記事
https://www.sankei.com/world/news/200124/wor2001240005-n1.html
画像も同記事から
https://www.sankei.com/images/news/200124/wor2001240005-p1.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  2. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  3. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  4. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  5. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    昭和天皇が燃やされる映像作品はヘイトではない=東大特任助教! (朝香 豊)

    国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」の企画展「表現の不自由展・そ…

  2. 人権・民主主義

    中国で記者に新基準! 習近平思想の堅持とネットでの世論誘導を求める!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

  3. 人権・民主主義

    ナイジェリアの法律家連合も中国を提訴! 200兆円を要求! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ナイ…

  4. 安全保障

    ソフトバンクに打撃! AI技術の米国から中国への持ち出しはダメ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ソフ…

  5. 安全保障

    一帯一路の鉄道プロジェクトの詳細を機密扱いに! ハンガリー議会!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ハン…

  6. 人権・民主主義

    蔡英文圧勝を中国メディアが酷評! 「汚い小細工」だって(笑)(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    これはオシャレ! 中国の放送時間に合わせた試合時間の変更に、フランスのサッカーフ…
  2. 人権・民主主義

    中国の「臓器移植の闇」で、広東省の警官が実名で告発!(朝香 豊)
  3. 経済

    中国経済の崩壊! 中国政府も認識!(朝香 豊)
  4. Featured Video Play Icon

    人権・民主主義

    「香港を称える歌」が香港市民の間に急激に普及! あらゆる場所で大合唱されるように…
  5. 安全保障

    核軍縮条約への参加を、中国は拒否! 中国の本質がより明確に!(朝香 豊)
PAGE TOP