人権・民主主義

選挙は敗北したが、戦いは続く! トランプ大統領のスピーチ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

トランプ大統領がバイデン政権への秩序ある政権移行を行う旨の演説を行った。

これを見ても、「まだこれは「政権移行」であって「政権移譲」ではない」、「「バイデンに」とは一言も言っていない」という人が未だにいるようだが、無理な解釈はやめようではないか。

「今や議会は選挙結果を承認した。新政権は1月20日に発足する予定だ。私の焦点は今やスムーズで秩序ある途切れのない政権移行となった」と、大統領は発言している。

議会が承認したのはバイデンの当選であり、議会が承認した新政権が発足するのは1月20日である。そしてそれに向けての混乱のない政権移行を行うと、大統領は明確に語っている。

これに引き続いて、「今は癒やしと和解を求める」とも述べている。これはバイデンを新大統領として認め、争いを停止する意味だろう。

そしてトランプ大統領は最後に「すべての私の素晴らしい支援者の皆さん、あなたたちが失望していることはわかっている。でも皆さんにわかってもらいたいのは、わたしたちの信じられないくらい素晴らしい旅はまだ始まったばかりだということだ。ありがとう。あなたとアメリカに祝福を。」と締めている。

これは、この選挙での戦いでは我々が引き下がらなければならなくなったことに失望するのは当然だが、真の自由と民主主義を取り戻す戦いは今はまだスタート地点であり、これからもともに頑張っていこうというメッセージである。

トランプ大統領は大統領としての地位からは外れるが、それでもこんなことではくじけずに、今後も戦っていくのだと主張している。そしてこの言葉の通り、今後もリーダーシップを発揮してくれるだろう。

わたしたちに必要なのは、どんなに理不尽に怒りに震えようと、選挙戦での敗北の事実はさっさと受け入れた上で、トランプ大統領とともに次の展開を考えることではないか。

大統領のメッセージを、思い込みや願望を脇に置いて、冷静に受け止めよう。

トランプ大統領は任期の最後に中国共産党に対する厳しい処置を相次いで発令し、様々な機密の解除も行った。

バイデンがいくら中国共産党に近いと言っても、トランプ政権が打ち立てた厳しい処置を簡単に解除することはできない。また、解除された機密を料理することは、今後トランプ陣営の反撃の材料になる。これらはトランプ政権の残した大きな財産だ。

何があろうとも、戦いをやめるわけにはいかない。

そしてその運動を作っていくのは、我々自身である。

トランプ大統領の功績に大いに感謝するとともに、次を作っていくのは我々なのだということを再確認しようではないか。

なお、和訳付きのトランプ演説の動画はブログの下の方に貼ってある。こちらもぜひ見てもらいたい。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

和訳付きのトランプ演説の動画

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  2. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  3. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  4. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  5. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    アリゾナ州議会の主張が認められる! マリコパ郡の選挙不正疑惑!(朝香豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  2. 道理

    キプロスがゴールデン・パスポートを廃止! 中国人に打撃か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!私の…

  3. 安全保障

    反乱法は無理! 冷静になって考えよう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!私の…

  4. 人権・民主主義

    ウイグル人に情けは無用! 中国政府内部文書がリークされる!(朝香 豊)

    中国政府の大量の内部文書が米紙ニューヨーク・タイムズにリークさ…

  5. 経済

    深刻な中国の銀行の資本不足! 世界経済最大の撹乱要因!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  6. 安全保障

    ペンス副大統領が再び厳しい対中国政策の演説へ

    アメリカは中国への攻撃の手をさらに強める❗ペンス副大統領と…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    進むドイツの左傾化! 日本やアメリカとの共通点の鍵はマスコミだ!(朝香豊)
  2. 人権・民主主義

    SNSの左翼偏向を許さない大統領令発令へ! トランプ大統領! (朝香 豊)
  3. 安全保障

    日本などへの渡航自粛を勧告! 韓国!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    球磨川水系で甚大な被害! ダム建設を止めた勢力を曖昧にさせるな! (朝香 豊)
  5. 安全保障

    米内務省、中国製ドローン800機を使用停止! 調査開始へ! (朝香 豊)
PAGE TOP