未分類

イタリアから大統領選に介入した? イタリア連邦裁判所で証言!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

情報が少ないので、裏とりは十分ではないが、大きなニュースが出てきたので情報をアップする。

世界で8番目に大きいイタリアの防衛請負業者である「レオナルドSpA」の社員が、アメリカの選挙に影響を与える最高に手の込んだ犯罪的な活動において自分が果たした役割を詳述する証言をイタリアの連邦裁判所で行った。

アルトゥーロ・デリオ氏はレオナルド社のコンピューターシステムと軍事衛星を利用して成功させたスキームの概要を語った。

政府の透明性を求める団体の Nations In Action のマリア・ストローロザック議長は「間違いなくこれはクーデターであり、正義と自由で公正な選挙の名の下に我々が止める」と述べた。

国務省もこの陰謀に絡んでいたようである。

なお自分には詳述された具体的な中身は全くわからない。またどういう経緯でイタリアの連邦裁判所にこの人物が呼ばれて証言することになったのかもわからない。Nations In Action のプレスリリースにはこうしたことは書かれていない。

とにかく続報を待ちたい。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

Nations in Action のプレスリリース
https://nationsinaction.org/2021/01/press-release-voter-fraud/
Nations In Actionの画像
https://secureservercdn.net/192.169.220.85/tga.3d4.myftpupload.com/wp-content/uploads/2021/01/400×284-NIA-with-flag.jpg?time=1609987018

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  2. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  3. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  4. 「優生思想で危険」だとNumber編集部に非難の声! いやいや、危険なのはむしろ…
  5. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…

関連記事

  1. 未分類

    バイデン「黒書」がついに公開へ! トランプーバイデンTV討論の直前!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!民主…

  2. 未分類

    トランプがバイデンを完全逆転! 英イクスプレス報道!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  3. 未分類

    アフリカでも中国離反の動きが! 追い詰められる中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!タン…

  4. 未分類

    反論は大歓迎! ただし私の疑問に真摯に答える姿勢を求む!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!月刊…

  5. 未分類

    「サナエタオル」は即完売! ますます広がる高市支持の波!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!高市…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    中国政府相手にコンサルタント! ハンター・バイデン設立のソーントン・グループ!(…
  2. 人権・民主主義

    中国の「臓器移植の闇」で、広東省の警官が実名で告発!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    ブティジェッジも予備選で不正を使っていた! おぞましい米民主党の腐敗!(朝香 豊…
  4. 人権・民主主義

    懲役53年のはずのレイプ犯が7年後に釈放! 再びレイプ!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    日韓のメディア系の労組って、こんなに仲いいのね! 共同宣言発表! (朝香 豊)
PAGE TOP