未分類

イタリアから大統領選に介入した? イタリア連邦裁判所で証言!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

情報が少ないので、裏とりは十分ではないが、大きなニュースが出てきたので情報をアップする。

世界で8番目に大きいイタリアの防衛請負業者である「レオナルドSpA」の社員が、アメリカの選挙に影響を与える最高に手の込んだ犯罪的な活動において自分が果たした役割を詳述する証言をイタリアの連邦裁判所で行った。

アルトゥーロ・デリオ氏はレオナルド社のコンピューターシステムと軍事衛星を利用して成功させたスキームの概要を語った。

政府の透明性を求める団体の Nations In Action のマリア・ストローロザック議長は「間違いなくこれはクーデターであり、正義と自由で公正な選挙の名の下に我々が止める」と述べた。

国務省もこの陰謀に絡んでいたようである。

なお自分には詳述された具体的な中身は全くわからない。またどういう経緯でイタリアの連邦裁判所にこの人物が呼ばれて証言することになったのかもわからない。Nations In Action のプレスリリースにはこうしたことは書かれていない。

とにかく続報を待ちたい。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

Nations in Action のプレスリリース
https://nationsinaction.org/2021/01/press-release-voter-fraud/
Nations In Actionの画像
https://secureservercdn.net/192.169.220.85/tga.3d4.myftpupload.com/wp-content/uploads/2021/01/400×284-NIA-with-flag.jpg?time=1609987018

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  2. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  3. TSMCの日本投資は大きなチャンス! 反対論者は日台離反工作に乗せられていないか…
  4. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  5. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…

関連記事

  1. 未分類

    中国が新型コロナウイルスの調査団から、アメリカを排除! バレたくないものは?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  2. 未分類

    「サナエタオル」は即完売! ますます広がる高市支持の波!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!高市…

  3. 未分類

    トランプがバイデンを完全逆転! 英イクスプレス報道!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  4. 未分類

    5月29日「日本世論の会」神奈川県支部 講演会 のお知らせ(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「日…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 中国

    TikTokに数多くの脆弱性が見つかる! 個人情報流出の恐れ!(朝香 豊)
  2. 経済

    額式体温計の半分が偽物! 中国!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    韓国「国家情報院」の院長に朴智元氏! バリバリの親北派! (朝香 豊)
  4. 道理

    疑惑噴出の一方で、チョ・グク氏人気が上昇している?(朝香 豊)
  5. 経済

    中国の不動産販売が9割減! 新型コロナウイルスで!(朝香 豊)
PAGE TOP