未分類

英ブレグジット党が保守党と事実上の選挙協力! 労働党には壊滅的打撃か?(朝香 豊)

英ブレグジット党は、12月12日に行われる下院(定数650)総選挙で、与党・保守党が議席を持っている317選挙区に立候補者を立てない方針を示した。

これにより、保守党とブレグジット党は事実上の共闘関係になる。この事態は労働党には大きな打撃となるだろう。

ブレグジット党は今年1月に発足したばかりで、下院に議席は持たないが、欧州議会選挙では得票率30%を奪い、第1党になっている。

ただし、ブレグジット党の立候補予定者からは、ファラージ氏の決定に失望の声も上がっており、無所属候補として出馬する方針を露わにする予定者も出ている。

今のところは、ブレグジット党の一方的な処置だが、仮に保守党が現有議席を持たない選挙区でブレグジット党の候補者に一本化する選挙区を作るとすれば、労働党にはさらなる打撃になると考えられる。

これのネタ元のBBCの記事https://www.bbc.com/japanese/50384420

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「なんでも批判」を反省しない立憲民主党! 戦前の「批判」政治の過ちを忘れるな!(…
  2. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  3. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  4. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  5. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!

関連記事

  1. 未分類

    落胆の人事! 岸田新体制!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!自民…

  2. 未分類

    オミクロンはワクチン4回接種でも感染防げず! 普通に経済を回すべき!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  3. 未分類

    中国は人口統計もごまかしていた! すでに人口減少か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 未分類

    亀裂が生まれる中国とアフリカ、中国とロシア! 新型コロナウイルスで!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!広州…

  5. 未分類

    金正恩は本当に脳死か? それとも回復過程か? (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!朝鮮…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    米議会は超党派で中国に圧力をかけ、香港を守る意思を明確にした!
  2. 外交

    「日韓合意」も完全無視! 日本政府を相手取った「慰安婦」裁判がソウル中央地裁で開…
  3. 安全保障

    マイクロ波兵器の攻撃による脳の損傷か! 米外交官ら深刻被害!(朝香 豊)
  4. 道理

    日韓首脳対話は、韓国が周到な準備の上での不意打ち! 撮影も無断だった!(朝香 豊…
  5. 人権・民主主義

    韓国検察が文在寅に叛旗を翻す! チョ・グク法相の親族を逮捕へ! (朝香豊)
PAGE TOP