経済

ダンスケ銀行のエストニア部門元CEOが遺体で発見!(朝香 豊)

デンマーク最大のダンスケ銀行のエストニア部門元CEOが遺体で発見された。

ダンスケ銀行のエストニア支店を舞台にしたマネーロンダリングの疑惑は、昨年発覚して問題視されてきた。

ロシアから入ってくるルーブルを信頼性の高い西側通貨に変換して海外送金を行うというもので、これがエストニア支店の収入の9割近くを占めていたとされる。

マネーロンダリングの総額は日本円で約25兆円相当とされ、ロシアの全世帯が現在保有している資産額とほぼ同等だと言われているので、とてつもない金額のマネーロンダリングが行われていたことがわかるだろう。

エストニア警察は今のところは自殺扱いで考えているようだが、他殺の可能性も考えて捜査してもらいたい。

なお、このダンスケ銀行を舞台にしたマネーロンダリングには、ヨーロッパ最大のドイツ銀行も絡んでいたとされていて、ドイツ検察当局もドイツ銀行の捜索をちょうど開始したところだ。

これに関連するBloombergの記事https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-09-25/PYDRWADWLU6801

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  2. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  3. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  4. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  5. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…

関連記事

  1. 経済

    2020年は中国企業のドル建て債のデフォルトラッシュか?(朝香 豊)

    現在、中国の国内債のデフォルトが相次いでいるが、来年はドル建て…

  2. 外交

    迅速合意なければ、トランプ政権は対中摩擦を激化させる?? (朝香 豊)

    ”China 2049"の著者としても知られる、ハドソン研究所…

  3. 経済

    これでも中国経済が成長するんだって! 各社エコノミストのありえない見通し!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 安全保障

    日本で人工呼吸器の増産が進まない理由がわかった! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  5. 経済

    過剰な感染対策で、経済を潰すな!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  6. 安全保障

    台湾企業への露骨な嫌がらせ! 日本政府は中国政府に筋を通せ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    NBAのレイカーズのレブロン・ジェームズが、ロケッツGMの香港支持ツイッターを批…
  2. 中国

    中国発の原因不明の肺炎! 香港・マカオ・台湾・韓国にも拡大!(朝香 豊)
  3. 未分類

    中国が新型コロナウイルスの調査団から、アメリカを排除! バレたくないものは?(朝…
  4. 安全保障

    発症しても、検査でわからないことがある! 新型肺炎!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    武漢市が新型コロナウイルス発生の模擬演習をしていた! これが偶然か?(朝香 豊)…
PAGE TOP