経済

ダンスケ銀行のエストニア部門元CEOが遺体で発見!(朝香 豊)

デンマーク最大のダンスケ銀行のエストニア部門元CEOが遺体で発見された。

ダンスケ銀行のエストニア支店を舞台にしたマネーロンダリングの疑惑は、昨年発覚して問題視されてきた。

ロシアから入ってくるルーブルを信頼性の高い西側通貨に変換して海外送金を行うというもので、これがエストニア支店の収入の9割近くを占めていたとされる。

マネーロンダリングの総額は日本円で約25兆円相当とされ、ロシアの全世帯が現在保有している資産額とほぼ同等だと言われているので、とてつもない金額のマネーロンダリングが行われていたことがわかるだろう。

エストニア警察は今のところは自殺扱いで考えているようだが、他殺の可能性も考えて捜査してもらいたい。

なお、このダンスケ銀行を舞台にしたマネーロンダリングには、ヨーロッパ最大のドイツ銀行も絡んでいたとされていて、ドイツ検察当局もドイツ銀行の捜索をちょうど開始したところだ。

これに関連するBloombergの記事https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-09-25/PYDRWADWLU6801

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  2. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  3. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  4. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  5. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…

関連記事

  1. 安全保障

    中国がオランダに医療物資の輸出を止めると脅す! 台湾問題で! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 経済

    サウジ増産で石油価格暴落! 米露への圧力か!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!世界…

  3. 経済

    韓国企業が海外進出を積極化! 文政権の経済政策のために国内に見切りをつけている! (朝香 豊)

    これまでの韓国経済は、保守派政権が財閥企業の育成などの産業重視…

  4. 安全保障

    借金のかたに中国が銅山を要求か? ザンビア財務相は公式には否定! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 経済

    コロナウイルス禍を奇貨として、日本の大改造を行え!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    香港の民主の女神の周庭さん、ミュージックビデオに出演!(朝香 豊)
  3. Featured Video Play Icon

    人権・民主主義

    被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  4. 人権・民主主義

    武漢支援の医療スタッフが医学誌に窮状訴える投書!  その後に謎の撤回!(朝香 豊…
  5. 経済

    弱っている中国経済! 日本企業は強気になれ! (朝香 豊)
PAGE TOP