経済

中国の国有企業がまたデフォルト! 青海省投資集団、利払いできず!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国の国有(正確には青海省の省有)の青海省投資集団が利子の支払い期限に利払いができなかった。

すなわち、デフォルトした。

同社はすでに昨年2月にもデフォルト騒ぎを起こしているが、支払猶予の5日間の間に資金繰りをつけて、なんとか回避していた。

中国では地方政府自身が債券を発行して資金を調達するのは、原則禁止となっている。

そのため、地方政府が別会社を用意し、投資家から資金を集めて不動産投資などを行い、そうした投資で上がった利益から投資家に約束した利払いを行った上で、残りを自分たちのお金として使うということが行われてきた。

青海省投資集団も、青海省が立ち上げた、そういう目的の企業である。

この利回りがかなり高く、中国人の間でもかなり人気があった。

地方政府がバックについていることで、元本も利回りも大丈夫だろうと見ていたわけだ。

ただ、中国の中央政府はこうしたあり方に対する危機感を以前から持っていた。

こうした企業が集めたお金は中国全土で少なくとも30兆元(500兆円ほど)あるとされ、不動産開発の行き詰まりから、返済できない事態が発生するのは必然だとわかっていたからだ。

すでに2015年には中国の国務院(内閣)は、こうした会社の発行する債券について、単なる「社債とみなす」との方針を打ち出した。

要するに、返済に対する政府保証をしないと断言したのだ。

といいつつ、国家開発銀行がこそっと長期融資という助け舟を一部には出すそぶりも見せていた。

だが、もう助けていくのは難しいと、中央政府も悟ったのだろう。

国有企業のデフォルトであっても、放置してもやむをえないという方向に、明らかにかじを切ったのだ。

中国国内でも有数の国有企業とみなされていた天津物産集団のデフォルトさえ、中央政府は昨年11月に黙認したくらいだ。

今回のデフォルトは、元本3億ドルの元本から見たら甚だ少額な960万ドルの利払いさえできなかったという事態だ。

青海省投資集団は、この3億ドルに加えて、別にさらに5.5億ドルの社債を発行している。

つまり合計8.5億ドルの社債残高を抱えているわけだが、960万ドルの利払いができない以上、8.5億ドルの元本の返済見込みはまったくないということになる。

さらにこのデフォルトはドル建て債のものであるので、購入しているのは主として中国国外の機関投資家だ。

つまり日本の金融機関なども影響を受ける可能性が高い。

そういう点では、我々も笑っていられないのだ。

青海省が例外的であるならば、中国政府も救済に走ったことだろう。

実際には中国全土がそのような状態になっていて、とてもではないが政府が救うことができないとさじを投げたものだと理解したほうがいい。

中国は不動産バブルの崩壊を防ぐために、様々な手段を講じてきたが、こうした手法の限界がはっきりするのが2020年ということになるだろう。

2020年はこうした中国経済の崩壊が次々と襲っていく一年になるのは間違いないと断言する。

ゆめゆめ中国経済に幻想を持たないようにしてもらいたい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これの元ネタとなる大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/01/50741.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  2. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  3. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  4. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  5. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)

関連記事

  1. 外交

    中国を念頭に「法に逆行」批判! 南シナ海問題で菅義偉総理!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!菅義…

  2. 経済

    次々外れる温暖化論者の不吉な予測! 恐怖に絡め取られることなく、冷静に見よう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!過去…

  3. 経済

    新型コロナ対策で、きめ細かいイギリスの処置! 日本も見習え!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

  4. 外交

    中国が対米戦略を大転換か? 環球時報が方針転換を主張! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 安全保障

    一帯一路の鉄道プロジェクトの詳細を機密扱いに! ハンガリー議会!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ハン…

  6. 中国

    中国体制内部でも、習近平おろしが顕在化! 4月で失脚か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    豪政府が中国の初動でWHO抜きの独立調査を要求! 米独仏に共同国際調査を要請!(…
  2. 安全保障

    クルーズ船乗客を収容の病院で医療行為が不可! 緊急事態条項が必要!(朝香 豊)
  3. 道理

    トランプ大統領の法務チームがCNNを偏向報道で訴えると警告!(朝香 豊)
  4. 外交

    処理水の海洋放出の問題を、韓国は国際会議で正式議題に取り上げさせる方針!(朝香 …
  5. 人権・民主主義

    「武漢日記」著者に中国内で大バッシング! 裏切り者! (朝香 豊)
PAGE TOP