経済

内容は曖昧さを残したまま、米中貿易合意第一弾が署名! トランプの狡猾さに注目!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

米中は第1段階の貿易合意に達した。

この合意内容については米中双方で言っていることが微妙に違っていたので扱いにくかったのだが、最終的に出てきた合意案でも曖昧な部分を残したままだったのは、意外だった。

例えば知的財産権の保護について様々な取り組みを中国政府は約束したが、そのための行動計画については、合意発効後30日以内にまとめるとされている。

つまり、どう取り締まるのかの具体策についての取り決めについて、米中間で合意ができないまま見切り発車になっているのだ。

アメリカの農産物の輸入拡大については、2017年の年間240億ドルの輸入実績に対して、2020年に追加的に少なくとも125億ドル、2021年に追加的に少なくとも240億ドルを購入することを確約したことになっている。

早い話が、中国はアメリカから2020年には365億ドル以上、2021年には480億ドル以上購入するとしているわけだ。

ところが中国は、もう一方で、米農産品の大量輸入の約束について、「市場状況に基づく」購入になると、発言している。

中国のアメリカからの農産物の輸入は、年間300億ドルを超えたことがない。

中国国内のマーケットはアメリカからの食料輸入を年間300億ドルまで引き上げるのが精一杯ではないかと見られている。

そもそも中国は今回の合意で、アメリカの主要農産物に課せられた高関税の引き下げは行っていない。

アフリカ豚コレラの蔓延で喉から手が出るほど求めているはずの豚肉でさえ、68%の高関税を維持する。

アメリカに妥協的ではないというメンツを保つために、こういうことで話が進んだというのは想像はできる。

だが、これでどうやって市場状況に基づいて、年間365億ドル以上とか480億ドル以上とかに輸入量を増やすのだろうか。

市場状況に基づいていては絶対に達成できない数値が最低限の数値として書き込まれながら、市場実績に基づくとの中国側の説明の文言は否定されていない。

こうした曖昧さは、当然の後々のトラブルのもとになる。

だから、こういう曖昧さを取り除くことに貿易交渉の担当者はシビアにならざるをえないのが普通のことだ。

今回、こうした曖昧さを残したのは、アメリカ側のシビアな要求に習近平総書記がメンツを重んじて最後まで抵抗したという側面は当然あるだろう。

だが、もっと重要なのは、たぶんトランプ大統領の側では、こうした中国側のメンツを守ってやったふりをしながら、曖昧さを敢えて残すことで、将来「中国は約束を破ったのだ」と大々的に宣伝できる余地を作ったということだろう。

約束をまもらなくてもいい抜け道を用意できたつもりになっている中国と、どうせ守るわけがないことを見越した上で、それをネタにさらに中国に圧力を加えることを狙っているアメリカの合意だと見れば、こうした曖昧さの意味がわかってくるだろう。

一見歩み寄りをしているように見えながら、実は次の中国たたきの布石を用意しているのがトランプ政権のやり方だ。

これで次の第二弾の合意に向かってスタートを切ったのだと思っていては、大間違いだろう。

断言するが、第二弾の合意はありえない。

第二弾の合意ができるとすれば、それは中国共産党体制を終焉させる時でしかないだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これの元ネタとなるブルームバーグの記事
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-01-15/Q45UC2T1UM0Y01

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  2. テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)
  3. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  4. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  5. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)

関連記事

  1. 経済

    コロナ対策で社会主義化は必然! 中野剛志氏! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!MM…

  2. 経済

    米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)

    米中通商協議が部分合意に達したが、報道されている内容を見ると、…

  3. 安全保障

    中国、「6G」の研究開発に着手! 日米連合も負けるな!(朝香 豊)

    中国が次々世代通信技術「6G」技術の研究開発を正式に開始した。…

  4. 人権・民主主義

    恐怖! 中国では臓器移植で「30才以下」などの注文までできる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  5. 安全保障

    チョ・グク氏の義兄が北朝鮮からベトナムへの石炭密輸に関与発覚! (朝香 豊)

    チョ・グク氏の義兄が所属する海運会社が、国連制裁決議に違反して…

  6. 中国

    なおも続く中国の豪雨! 三峡ダムは全力で放水! 下流域の被害は甚大!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    ミネソタ州のBLM運動の創設者が脱退! BLMは黒人の生活向上に実は無関心だと非…
  2. 安全保障

    多くの中国共産党が国連組織に浸透! 影響力の調査を米議員が要求! (朝香 豊)
  3. 安全保障

    第2次朝鮮戦争の可能性高いと、ハーバード大教授が警告!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    新型コロナウイルスで対策に遅れが出ている国がある! お前が言うか?中国!(朝香 …
  5. 安全保障

    タリバンがアフガンを征す! それでも背後にいる中国の思惑は実現できない!(朝香 …
PAGE TOP