外交

イラン、地下核施設でウラン濃縮! IAEA査察官を一時拘束し、欧州まで敵に回し始める!(朝香 豊)

イランが核合意で禁じられた地下核施設でのウラン濃縮に着手し、核合意の履行状況を監視するIAEA査察官を一時拘束することまで行った。

これに対しては、アメリカはもちろん、これまでイラン寄りの姿勢を見せてきた欧州も反発している。

例えばフランスのマクロン大統領は、「イランは初めて、核合意離脱の意思を明確かつ乱暴な形で示した。根本的な変化だ」と、強く不快感を表明した。

マクロン大統領はイランに対して9月に150億ドル(約1兆6千億円)相当の金融支援を提示した他、アメリカとイランの首脳会談も模索するなど、事態収拾に努力してきた。それだけにこうした努力を無にするようなイランの動きには、怒りを禁じえないのであろう。

今のところイランは、原発燃料並みの4.5%の濃縮にとどめ、核兵器級の90%濃縮が容易になる20%濃縮には手を出していない模様だ。

アメリカが中国への対処を優先して中東から手を引く姿勢をはっきりさせてきたために、強気に出ても大丈夫だと踏んだのだろうか。あるいはサウジアラビア攻撃を行っても反撃を受けなかったから、「平気」だと思ったのだろうか。

この段階で踏みとどまればまだよいかもしれないが、核合意をないがしろにする行動をイランが続けるとすれば、欧州を完全にアメリカ側に回すことになるだろう。

それがイランにとって好ましいとは思えない。

今後のイランの動きから目が離せない。

これの元ネタとなる産経新聞の記事https://www.sankei.com/world/news/191107/wor1911070017-n1.html

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  2. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  3. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  4. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  5. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?

関連記事

  1. 外交

    日本とのWTO紛争で韓国は100戦100勝だと胸を張る! ちなみに世耕氏の見解と大きく異なる! (朝…

    韓国産業通商資源部の兪明希通商交渉本部長は、「日本とのWTO紛…

  2. 安全保障

    中国のオーストラリア攻撃が激化! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!習近…

  3. 安全保障

    中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

  4. 外交

    韓国が日本の対韓輸出規制の「不当性」を専門家会合で指摘! 日本はどう反応したのか? (朝香 豊)

    通常兵器や関連技術の輸出管理を目的にする国際枠組みであるワッセ…

  5. 外交

    新型コロナウイルスを武漢に持ち込んだのは米軍では? 中国がアメリカに反撃!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. Featured Video Play Icon

    人権・民主主義

    「香港を称える歌」が香港市民の間に急激に普及! あらゆる場所で大合唱されるように…
  2. 安全保障

    無法地帯が生まれたシアトル! 背後に組織があるのは確実!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    香港で、反中国派の新聞の印刷所が放火される! 動画あり! (朝香 豊)
  4. 道理

    韓国の日本批判には効果的な反論を!
  5. 経済

    外出規制にさらなる強化! これって本当に正しいのか?(朝香 豊)
PAGE TOP