外交

イラン、地下核施設でウラン濃縮! IAEA査察官を一時拘束し、欧州まで敵に回し始める!(朝香 豊)

イランが核合意で禁じられた地下核施設でのウラン濃縮に着手し、核合意の履行状況を監視するIAEA査察官を一時拘束することまで行った。

これに対しては、アメリカはもちろん、これまでイラン寄りの姿勢を見せてきた欧州も反発している。

例えばフランスのマクロン大統領は、「イランは初めて、核合意離脱の意思を明確かつ乱暴な形で示した。根本的な変化だ」と、強く不快感を表明した。

マクロン大統領はイランに対して9月に150億ドル(約1兆6千億円)相当の金融支援を提示した他、アメリカとイランの首脳会談も模索するなど、事態収拾に努力してきた。それだけにこうした努力を無にするようなイランの動きには、怒りを禁じえないのであろう。

今のところイランは、原発燃料並みの4.5%の濃縮にとどめ、核兵器級の90%濃縮が容易になる20%濃縮には手を出していない模様だ。

アメリカが中国への対処を優先して中東から手を引く姿勢をはっきりさせてきたために、強気に出ても大丈夫だと踏んだのだろうか。あるいはサウジアラビア攻撃を行っても反撃を受けなかったから、「平気」だと思ったのだろうか。

この段階で踏みとどまればまだよいかもしれないが、核合意をないがしろにする行動をイランが続けるとすれば、欧州を完全にアメリカ側に回すことになるだろう。

それがイランにとって好ましいとは思えない。

今後のイランの動きから目が離せない。

これの元ネタとなる産経新聞の記事https://www.sankei.com/world/news/191107/wor1911070017-n1.html

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  2. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  3. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  4. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  5. 「優生思想で危険」だとNumber編集部に非難の声! いやいや、危険なのはむしろ…

関連記事

  1. 安全保障

    韓国「国家情報院」の院長に朴智元氏! バリバリの親北派! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  2. 安全保障

    中国の高圧的外交に結束して対抗しよう! トルドー首相の正論!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!カナ…

  3. 安全保障

    新型コロナウイルスで、台湾とチェコが協力協定へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  4. Featured Video Play Icon

    外交

    進む中国のリトアニアいじめ! 徐々に広がる反発!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  5. 安全保障

    健全なオーストラリア国民の対中意識! 日本政府はここから学べ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!オー…

  6. 外交

    日本の「戦犯企業」製品の不買条例が、ソウルと釜山で成立!

    ソウル市と釜山市で相次いで、日本企業280社余りを「戦犯企…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 外交

    文在寅政権が決めた駐米韓国大使の承認が異例の遅れ! アメリカ側はこのまま拒否か?…
  2. 経済

    着実に進む中国のバブル崩壊! 「四川信託」破綻が示すもの!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    歴史歪曲反日銅像設置中断せよ! こんな運動が韓国で始まる!(朝香 豊)
  4. 道理

    性善説でゴーンを逃す! 日本のあり方を問い直せ!(朝香 豊)
  5. 道理

    トランプ大統領の法務チームがCNNを偏向報道で訴えると警告!(朝香 豊)
PAGE TOP