安全保障

米司法省、中国スパイ事件を相次いで告発!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカ司法省は、中国軍中尉・葉燕青を、中国政府の代理人であることを申告していなかったとして、刑事告訴した。

葉は学生ビザでボストン大学に留学していたが、引き続き大学に残るとして、学生ビザの延長を申請した。

ビザの審査官が葉の背景を調査したところ、葉が中国軍に兵役し、中国政府のために活動する「外国政府代理人」であることがわかった。

葉の上司は中国軍大佐で、国防技術大学の教授だ。

この上司は葉のアカウントを利用して中国からボストン大学のネットワークにアクセスし、情報を抜いていた。

米軍の研究文書を取得し、海軍大学の教授の調査などを指示していた。

葉は既にアメリカを出国し、中国に戻っている。

また、アメリカ司法省は、ハーバード大学の化学・化学生物学部の学部長のリーバー教授を、中国の研究機関との関係について米政府機関への開示を怠ったとして、起訴した。

リーバー教授は中国政府が海外の優秀な人材を支援する「千人計画」に参加し、武漢工科大学から3年間、毎月5万米ドル(約540万円)の給料を受け取っていた。

さらに年間15万米ドル(約1620万円)の生活費を支給され、研究所設立費として150万米ドル(約1億6200万円)以上の資金を受け取っていた。

また、アメリカ司法省は、細胞サンプル21点を小瓶に入れて中国に密輸しようとしたとして、アメリカの医療機関でガン細胞の研究者として勤務していた鄭肇松を刑事告発した。

アメリカ政府はこれら一連の事件を、大規模で長期的な米国の技術窃盗の行為の一環だと捉えている。

果たして日本では同じようなことは起こっていないのだろうか。

中国共産党を支えるような行為は、厳に取り締まられるべきである。

最低限、スパイ防止法くらいは制定し、具体的な告発を行っていくべきだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これの元ネタとなる大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/01/51192.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  2. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  3. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  4. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  5. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…

関連記事

  1. 安全保障

    中国のスパイが豪州に亡命希望! 香港と台湾の工作情報を豪政府に提出!(朝香 豊)

    中国のスパイ活動に従事してきた男性が、オーストラリアへの亡命を…

  2. 安全保障

    新型コロナウイルス はやはり人為か? ケンブリッジ大学の論文集に掲載!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ロン…

  3. 安全保障

    郵便投票用紙が大量に捨てられる! アメリカ大統領選挙!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  4. 外交

    新型コロナウイルスを武漢に持ち込んだのは米軍では? 中国がアメリカに反撃!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 人権・民主主義

    無念! トランプ大統領が敗北を受け入れる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!連邦…

  6. 安全保障

    アメリカの脅威はロシアで、中国ではない! バイデンが断言!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    FBIが捜査するスパイ案件の半数は中国! 中国は最大級の脅威! (朝香 豊)
  2. 安全保障

    日本がファイブアイズに加入へ! 急速に強まる対中包囲網!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    尖閣周辺で活発化する中国の動き! パワーバランスが崩れてきた!(朝香 豊)
  4. 経済

    出光と東レ、世界最高レベルの次世代有機EL技術開発!(朝香 豊)
  5. 経済

    出生率が0.92まで低下! 大丈夫か、韓国!(朝香 豊)
PAGE TOP