安全保障

米司法省、中国スパイ事件を相次いで告発!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカ司法省は、中国軍中尉・葉燕青を、中国政府の代理人であることを申告していなかったとして、刑事告訴した。

葉は学生ビザでボストン大学に留学していたが、引き続き大学に残るとして、学生ビザの延長を申請した。

ビザの審査官が葉の背景を調査したところ、葉が中国軍に兵役し、中国政府のために活動する「外国政府代理人」であることがわかった。

葉の上司は中国軍大佐で、国防技術大学の教授だ。

この上司は葉のアカウントを利用して中国からボストン大学のネットワークにアクセスし、情報を抜いていた。

米軍の研究文書を取得し、海軍大学の教授の調査などを指示していた。

葉は既にアメリカを出国し、中国に戻っている。

また、アメリカ司法省は、ハーバード大学の化学・化学生物学部の学部長のリーバー教授を、中国の研究機関との関係について米政府機関への開示を怠ったとして、起訴した。

リーバー教授は中国政府が海外の優秀な人材を支援する「千人計画」に参加し、武漢工科大学から3年間、毎月5万米ドル(約540万円)の給料を受け取っていた。

さらに年間15万米ドル(約1620万円)の生活費を支給され、研究所設立費として150万米ドル(約1億6200万円)以上の資金を受け取っていた。

また、アメリカ司法省は、細胞サンプル21点を小瓶に入れて中国に密輸しようとしたとして、アメリカの医療機関でガン細胞の研究者として勤務していた鄭肇松を刑事告発した。

アメリカ政府はこれら一連の事件を、大規模で長期的な米国の技術窃盗の行為の一環だと捉えている。

果たして日本では同じようなことは起こっていないのだろうか。

中国共産党を支えるような行為は、厳に取り締まられるべきである。

最低限、スパイ防止法くらいは制定し、具体的な告発を行っていくべきだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これの元ネタとなる大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/01/51192.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  2. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  3. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  4. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  5. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…

関連記事

  1. 安全保障

    南部は豪雨、北部は異常な気温低下! バッタの大量発生にも苦しむ中国! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 安全保障

    笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム

    防衛省が北朝鮮の短距離弾道ミサイルについて、1)ロシアの「イス…

  3. 安全保障

    「緊急事態宣言」法が成立! だが、中身は全く不十分! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  4. 安全保障

    中露艦艇10隻が津軽海峡通過! 海峡法改正を選挙争点に打ち出せ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 安全保障

    多くの中国共産党が国連組織に浸透! 影響力の調査を米議員が要求! (朝香 豊)

    現在中国が国連の最大の資金提供國になっていて、それを背景に国際…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    保守派を潰すための字幕操作! 韓国のテレビ局!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    ディズニーやアップルを名指し批判! 対中姿勢でバー司法長官!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    コロナ死亡患者の45%がもともと寝たきり! ずれている政府の対策!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    フランスもファーウェイ排除を拒否! 5G網でイギリスに続く!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    進むコロナの弱毒化! イタリアを代表する医師も言明!(朝香 豊)
PAGE TOP