安全保障

FBIが捜査するスパイ案件の半数は中国! 中国は最大級の脅威! (朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカ連邦捜査局(FBI)のレイ長官は、中国のスパイ活動がアメリカの情報資源、知的財産、経済活力に対する最大級の長期的な脅威になっていると警告した。

レイ長官は、FBIが抱えている約5000のスパイ捜査のうち、約半数が中国1国によるものであり、中国関連の捜査案件が10時間に1件の割合で新しく発生していることを明らかにした。

ところで、こうした中国の脅威にさらされているのは、アメリカだけだと思うほうがおかしいだろう。

この点で示唆的なのは、カナダの「ノーテル・ネットワークス」が迎えた悲惨な末路だ。

「ノーテル・ネットワークス」は、かつてカナダの株式市場全体の時価総額の1/3近くを占めたことのある通信機器の大企業で、世界的にも大きな影響力を持っていたが、今は会社が消滅してしまった。

カナダの「安全情報局」(CSIS)は1990年代後半から「異常なトラフィック」を認識し、中国のハッカーたちがデータを盗み出していると警告していた。

だが、「ノーテル・ネットワークス」はこうしたハッキングに対して有効な手が打てなかった。

2004年には、ハッカーたちは「ノーテル・ネットワークス」のCEOを含む最上級幹部7人のパスワードを収集して、彼らのアカウントに侵入し、幹部たちの意志で取引先のように見える中国企業(ダミー会社)に情報をどんどんと送っている形にしていた。

ハッキングの手口の洗練さから、国家の関与があるのは間違いないと思われている。

すなわち、中国政府がハッキングを行い、これをファーウェイに流すことで、ファーウェイの「技術革新」を促したのではないかと見られている。

「ノーテル・ネットワークス」が傾いていく中で、ファーウェイは「ノーテル・ネットワークス」で5Gテクノロジーの技術基盤を開発していた技術者20人を引き抜いた。

現在ファーウェイが5Gプラットフォームで中心的な立場にあることには、こうした背景があるとされる。

このことは、「ノーテル・ネットワークス」一社だけの損失ではなく、カナダの国益を大きく毀損し、西側陣営の存立にまで影響を及ぼしている。

日本企業の情報を守ることは、日本の国益にも西側陣営の防衛にも関わる重大事だと理解すべきだろう。

こういう見地から情報の保護について考えていく政策論が必要になる。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のサウス・チャイナ・モーニング・ポストの記事
https://www.scmp.com/news/china/article/3092240/china-greatest-long-term-threat-us-fbi-director-says
ネタ元のブルームバーグの記事
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-07-06/QCVGUTDWLU6F01?fbclid=IwAR2dJ1DyKWUpPiC0hxhQiFlg_K2z_n1JDri1SBP4KYxNZFjXI3amKJwRveE
画像はFlicker.comから
https://live.staticflickr.com/4479/24123110718_7b795c97c6_b.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  2. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  3. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)
  4. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  5. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)

関連記事

  1. 外交

    台湾訪問団のチェコに対して中国が脅迫! これにEU諸国が大反発!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!チェ…

  2. 人権・民主主義

    香港市民、日本にも「人権法」の制定求めるデモ! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港での…

  3. 安全保障

    TikTok、アメリカでも禁止へ! 事業売却か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  4. 安全保障

    「感染経路が見えなくなってきた」…加藤厚労大臣! 遅いんだよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  5. 人権・民主主義

    中国が台湾人のドメインを購入! ネット世論操作に利用!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    ウイルスのゲノム配列を解析・公開した中国の研究所が、閉鎖されていた!(朝香 豊)…
  2. 人権・民主主義

    ウイグル人に情けは無用! 中国政府内部文書がリークされる!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    郭台銘は台湾総統選への無所属の立候補を断念 (朝香 豊)
  4. 外交

    ファーウェイ孟晩舟被告の裁判で、テレビに映ったメッセージボードはヤラセだった!(…
  5. 道理

    【予言】イランの体制は崩壊へ!(朝香 豊)
PAGE TOP