安全保障

FBIが捜査するスパイ案件の半数は中国! 中国は最大級の脅威! (朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカ連邦捜査局(FBI)のレイ長官は、中国のスパイ活動がアメリカの情報資源、知的財産、経済活力に対する最大級の長期的な脅威になっていると警告した。

レイ長官は、FBIが抱えている約5000のスパイ捜査のうち、約半数が中国1国によるものであり、中国関連の捜査案件が10時間に1件の割合で新しく発生していることを明らかにした。

ところで、こうした中国の脅威にさらされているのは、アメリカだけだと思うほうがおかしいだろう。

この点で示唆的なのは、カナダの「ノーテル・ネットワークス」が迎えた悲惨な末路だ。

「ノーテル・ネットワークス」は、かつてカナダの株式市場全体の時価総額の1/3近くを占めたことのある通信機器の大企業で、世界的にも大きな影響力を持っていたが、今は会社が消滅してしまった。

カナダの「安全情報局」(CSIS)は1990年代後半から「異常なトラフィック」を認識し、中国のハッカーたちがデータを盗み出していると警告していた。

だが、「ノーテル・ネットワークス」はこうしたハッキングに対して有効な手が打てなかった。

2004年には、ハッカーたちは「ノーテル・ネットワークス」のCEOを含む最上級幹部7人のパスワードを収集して、彼らのアカウントに侵入し、幹部たちの意志で取引先のように見える中国企業(ダミー会社)に情報をどんどんと送っている形にしていた。

ハッキングの手口の洗練さから、国家の関与があるのは間違いないと思われている。

すなわち、中国政府がハッキングを行い、これをファーウェイに流すことで、ファーウェイの「技術革新」を促したのではないかと見られている。

「ノーテル・ネットワークス」が傾いていく中で、ファーウェイは「ノーテル・ネットワークス」で5Gテクノロジーの技術基盤を開発していた技術者20人を引き抜いた。

現在ファーウェイが5Gプラットフォームで中心的な立場にあることには、こうした背景があるとされる。

このことは、「ノーテル・ネットワークス」一社だけの損失ではなく、カナダの国益を大きく毀損し、西側陣営の存立にまで影響を及ぼしている。

日本企業の情報を守ることは、日本の国益にも西側陣営の防衛にも関わる重大事だと理解すべきだろう。

こういう見地から情報の保護について考えていく政策論が必要になる。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のサウス・チャイナ・モーニング・ポストの記事
https://www.scmp.com/news/china/article/3092240/china-greatest-long-term-threat-us-fbi-director-says
ネタ元のブルームバーグの記事
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-07-06/QCVGUTDWLU6F01?fbclid=IwAR2dJ1DyKWUpPiC0hxhQiFlg_K2z_n1JDri1SBP4KYxNZFjXI3amKJwRveE
画像はFlicker.comから
https://live.staticflickr.com/4479/24123110718_7b795c97c6_b.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  2. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  3. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  4. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  5. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    アフガニスタンで人道支援を展開してきた中村哲医師、銃撃を受けて死亡!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!長年に…

  2. Huawei のロゴ

    安全保障

    アメリカがファーウェイなどの排除を、小規模民間通信会社にまで拡充へ! (朝香 豊)

    アメリカ政府は中国の通信機器大手「ファーウェイ」と「ZTE」の…

  3. 安全保障

    WHOのテドロス事務局長の無責任発言! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!WH…

  4. 安全保障

    新型コロナウイルスに再感染! 陽性反応出るも無症状!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  5. 経済

    中国の国有企業がまたデフォルト! 青海省投資集団、利払いできず!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  6. 安全保障

    送電設備のトラブルで山手線が完全停止 ! 危機管理意識の大転換を求める!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!6月…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    香港の警察官が香港警察の公式発表の嘘について様々に告白! (朝香 豊)
  2. 安全保障

    ソフトバンクの元社員が情報をロシア側に提供、逮捕! 逮捕できたからいいのか?(朝…
  3. 未分類

    ドミニオンの嘘が完全崩壊! ジョージア州公聴会!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    毎日新聞がれいわ新撰組の大石あきこ議員を持ち上げる記事を掲載! 疑われる中核派や…
  5. 経済

    コロナ対策で社会主義化は必然! 中野剛志氏! (朝香 豊)
PAGE TOP