安全保障

西側企業・国家機関内部に中共支部! 195万人の中共党員データがリーク!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

世界中で活動している195万人もの中国共産党員のデータがリークされた。

この中には、氏名、生年月日、国民番号、民族に加えて、党内の位置についての情報も記載されている。

79000にも及ぶ中国共産党支部に関する情報もある。

このデータによって、西側企業や西側の国家機関の内部にまで中国共産党の支部が作られていることがわかった。

西側企業内に入り込んでいる中国共産党員を通じて技術窃盗が行われているのは当然想定しなければならない。

西側の国家機関内に入り込んでいる中国共産党員を通じて国家機密の持ち出しが行われているのも当然想定しなければならない。

こうした中で活躍している共産党員は、求められれば習近平総書記に直接回答することもあるようだ。

さて、日本企業や日本政府内部はどうなんだろう。

官邸には個別企業に向けての具体的な動きまで期待したい。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いNBCします!

ネタ元のheadlines360の記事
https://headlines360.news/2020/12/13/major-leak-exposes-nearly-2-million-members-of-the-chinese-communist-party/
中国共産党の引用画像
https://lh3.googleusercontent.com/proxy/xrEiD7gweV1QJzKQPgtIKbYUAf5T2axK6KWrx6G3p-y13AZZF6JSBH1SC-9Efkjny37iuf-Kue6CeNHr5MYST25fS1FOGswtQNzc57heickJk5_p0Z4C0R02WK4
習近平総書記の引用画像
https://foreignpolicy.com/wp-content/uploads/2019/09/article-Xi-Jinping-China-CCP-anniversary-70.jpg?w=1024&h=682&quality=90

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  2. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  3. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  4. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  5. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム

関連記事

  1. 安全保障

    米政府、5Gのノキアとエリクソンの買収まで検討! ファーウェイ外しで!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!バー…

  2. 安全保障

    重大事態! 南シナ海で原潜爆発か! (朝香 豊)

    南シナ海で、TNT換算で10〜20キロトン相当の水中爆発が観測…

  3. 人権・民主主義

    民主党に都合の悪い言論を取締り? Twitterの怪しい動き!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!Tw…

  4. 人権・民主主義

    ハンター・バイデンの新たな疑惑発覚! 中国絡みの巨大マネー!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ハン…

  5. 安全保障

    米連邦最高裁はテキサス州提起の訴訟は却下! 残念!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!実に…

  6. 安全保障

    北のミサイル実験は問題ないと言い、北への宥和的姿勢を隠さなくなった韓国政府

    韓国の北朝鮮への宥和姿勢が再び明らかになった。韓国のイ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    バイデン側のキーパーソンが裏切り! バイデン一家はこれで終了!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    強力な対北朝鮮制裁「ワームビア法」がアメリカで成立へ!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    中国が良心の囚人から臓器を強制摘出しているとの調査結果を、英国の独立民衆法廷は国…
  4. 安全保障

    アメリカ保守派が中国に対して20兆ドルの損害賠償を請求! 新型コロナウイルス!(…
  5. 安全保障

    習近平がWHOに口止めを要請! ドイツ諜報機関が暴露!(朝香 豊)
PAGE TOP