安全保障

西側企業・国家機関内部に中共支部! 195万人の中共党員データがリーク!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

世界中で活動している195万人もの中国共産党員のデータがリークされた。

この中には、氏名、生年月日、国民番号、民族に加えて、党内の位置についての情報も記載されている。

79000にも及ぶ中国共産党支部に関する情報もある。

このデータによって、西側企業や西側の国家機関の内部にまで中国共産党の支部が作られていることがわかった。

西側企業内に入り込んでいる中国共産党員を通じて技術窃盗が行われているのは当然想定しなければならない。

西側の国家機関内に入り込んでいる中国共産党員を通じて国家機密の持ち出しが行われているのも当然想定しなければならない。

こうした中で活躍している共産党員は、求められれば習近平総書記に直接回答することもあるようだ。

さて、日本企業や日本政府内部はどうなんだろう。

官邸には個別企業に向けての具体的な動きまで期待したい。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いNBCします!

ネタ元のheadlines360の記事
https://headlines360.news/2020/12/13/major-leak-exposes-nearly-2-million-members-of-the-chinese-communist-party/
中国共産党の引用画像
https://lh3.googleusercontent.com/proxy/xrEiD7gweV1QJzKQPgtIKbYUAf5T2axK6KWrx6G3p-y13AZZF6JSBH1SC-9Efkjny37iuf-Kue6CeNHr5MYST25fS1FOGswtQNzc57heickJk5_p0Z4C0R02WK4
習近平総書記の引用画像
https://foreignpolicy.com/wp-content/uploads/2019/09/article-Xi-Jinping-China-CCP-anniversary-70.jpg?w=1024&h=682&quality=90

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  2. テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)
  3. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  4. 進む中国のリトアニアいじめ! 徐々に広がる反発!(朝香 豊)
  5. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    韓国政府が米韓同盟破棄を示唆! しかも駐米大使!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  2. 人権・民主主義

    香港「国家安全維持法」の衝撃! 裁判権の独立も失う! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  3. 安全保障

    中国は2月段階でワクチン生産! 開発責任の陳薇少将が公言!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 道理

    豪政府が中国の初動でWHO抜きの独立調査を要求! 米独仏に共同国際調査を要請!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!オー…

  5. 安全保障

    アメリカ、中国便の禁止を検討! 新型コロナウイルスで!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  6. 経済

    日中韓自由貿易協定の公式交渉開催へ こんなもの必要か?(朝香 豊)

    「第16回日中韓FTA公式交渉」が27日からソウルで開催される…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    新型肺炎で、韓国経済は崩壊へ!(朝香 豊)
  2. 中国

    新型コロナウイルスはどう広がったのか! 大胆推理!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    中国は1月上旬に「人→人感染」を知っていた! 対外的には否定の二枚舌!(朝香 豊…
  4. 人権・民主主義

    3万のトランプ票が削除、1.2万票がバイデンへ! ジョージア州で発覚!(朝香 豊…
  5. 外交

    中国が対米戦略を大転換か? 環球時報が方針転換を主張! (朝香 豊)
PAGE TOP