道理

スウェーデン検察、自国の元在中国大使を「外国勢力との不当交渉」で起訴!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

リンドステット氏は、在中国大使を務めていたスウェーデン人だ。

スウェーデン検察はこのリンドステット氏を外交官のガイドラインに違反したとして起訴した。

この事件には、香港の銅鑼湾書店が大きく関係している。

銅鑼湾書店は中国本土では禁書扱いされる本を販売する香港の書店だ。(ただし、ここ数年は閉鎖中。)

この書店の関係者が相次いで中国本土に拉致されたことが、今回の香港の逃亡犯条例で香港人に火を付けた背景の1つになっている。

桂民海氏はこの銅鑼湾書店の経営者の1人で、スウェーデン国籍を持つ。

桂民海氏は自らの身の安全を確保するために、スウェーデン国籍を取得したのだろう。

だが、スウェーデン人となった桂民海氏に対しても、中国政府は2度にわたって拉致を行い、現在も行方不明状態になっている。

2度目の拉致は、中国国内の電車の車中で行われ、同行していたスウェーデンの上海領事館の職員2人を無視する形で、私服警官に連れ去られた。

イギリスに留学していた桂民海氏の娘は、父親が拉致されたことに関して、自身のSNSで情報発信をし、各国政府にも働きかけるなど、精力的に動いていた。

この娘に在中国大使であるリンドステット氏が接近し、リンドステット氏の仲介で「父親の釈放に手助けする」ために中国人ビジネスマンらと面会することになった。

中国人ビジネスマンらは、娘に対して報道機関の取材の受け入れを拒否し、ソーシャルメディアでの発信も停止するよう要求してきた。

同席したリンドステット氏も「これ以上活動すれば、中国はスウェーデンに制裁を加えるかもしれない」とし、中国側の言うことを聞かないとスウェーデン政府も迷惑を被ることになりかねないと、圧力を加えた。

こうしたこともあって、娘は面会がスウェーデン政府の同意のもとに開かれたものだと思ったわけだが、この要求はやはり受け入れられないとして拒否した。

「父が釈放される『かもしれない』というあいまいな約束と引き換えに、黙っているつもりはない。脅迫、暴言、賄賂、甘い言葉などでは、状況は変わらない」と、娘は自分のブログに記載している。

その後、ことの顛末を知ることになったスウェーデン政府が、リンドステット氏を呼び戻すことになった。

この面会はスウェーデン政府の許可を得ているものではないのに、そのような体裁を与え、娘に不当な圧力を加えていたことが問題視されたのだ。

スウェーデン政府の原則的な態度を、日本政府にも学んでもらいたい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2019/12/49807.html
画像はsvt NYHETERの記事から
https://www.svt.se/nyheter/inrikes/atal-vacks-mot-ex-ambassador-anna-lindstedt
https://www.svtstatic.se/image/wide/992/23424058/1566818600?quality=70&format=auto

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  2. TSMCの日本投資は大きなチャンス! 反対論者は日台離反工作に乗せられていないか…
  3. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  4. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  5. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    アリゾナ州議会の主張が認められる! マリコパ郡の選挙不正疑惑!(朝香豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  2. 道理

    故中村哲氏に旭日小綬章と感謝状授与! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中村…

  3. 人権・民主主義

    「議事堂襲撃事件」にFBIが関与か? タッカー・カールソンが報道!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!フォ…

  4. 道理

    朝日新聞が旭日旗を否定する社説を掲載! 自社の社旗はどうするの?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!朝日…

  5. 道理

    北朝鮮が日本船舶のバラスト水放出を反倫理的犯罪だと非難!

    日本政府はこういう馬鹿げた話にもきちんと反論しようね。…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 未分類

    イタリアから大統領選に介入した? イタリア連邦裁判所で証言!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    反体制派の許章潤教授が行方不明に! 中国!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    フロリダ州が一方的な「真実」を押し付けてくるSNS企業の規制法を制定! これに対…
  4. 安全保障

    コロナ調査要求に対して、中国が豪州を恫喝! 豪州ははねのける! (朝香 豊)
  5. 安全保障

    韓国の「市民」団体が過去の南北対立時代の悲劇で米国を非難! アメリカに対するケン…
PAGE TOP