道理

スウェーデン検察、自国の元在中国大使を「外国勢力との不当交渉」で起訴!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

リンドステット氏は、在中国大使を務めていたスウェーデン人だ。

スウェーデン検察はこのリンドステット氏を外交官のガイドラインに違反したとして起訴した。

この事件には、香港の銅鑼湾書店が大きく関係している。

銅鑼湾書店は中国本土では禁書扱いされる本を販売する香港の書店だ。(ただし、ここ数年は閉鎖中。)

この書店の関係者が相次いで中国本土に拉致されたことが、今回の香港の逃亡犯条例で香港人に火を付けた背景の1つになっている。

桂民海氏はこの銅鑼湾書店の経営者の1人で、スウェーデン国籍を持つ。

桂民海氏は自らの身の安全を確保するために、スウェーデン国籍を取得したのだろう。

だが、スウェーデン人となった桂民海氏に対しても、中国政府は2度にわたって拉致を行い、現在も行方不明状態になっている。

2度目の拉致は、中国国内の電車の車中で行われ、同行していたスウェーデンの上海領事館の職員2人を無視する形で、私服警官に連れ去られた。

イギリスに留学していた桂民海氏の娘は、父親が拉致されたことに関して、自身のSNSで情報発信をし、各国政府にも働きかけるなど、精力的に動いていた。

この娘に在中国大使であるリンドステット氏が接近し、リンドステット氏の仲介で「父親の釈放に手助けする」ために中国人ビジネスマンらと面会することになった。

中国人ビジネスマンらは、娘に対して報道機関の取材の受け入れを拒否し、ソーシャルメディアでの発信も停止するよう要求してきた。

同席したリンドステット氏も「これ以上活動すれば、中国はスウェーデンに制裁を加えるかもしれない」とし、中国側の言うことを聞かないとスウェーデン政府も迷惑を被ることになりかねないと、圧力を加えた。

こうしたこともあって、娘は面会がスウェーデン政府の同意のもとに開かれたものだと思ったわけだが、この要求はやはり受け入れられないとして拒否した。

「父が釈放される『かもしれない』というあいまいな約束と引き換えに、黙っているつもりはない。脅迫、暴言、賄賂、甘い言葉などでは、状況は変わらない」と、娘は自分のブログに記載している。

その後、ことの顛末を知ることになったスウェーデン政府が、リンドステット氏を呼び戻すことになった。

この面会はスウェーデン政府の許可を得ているものではないのに、そのような体裁を与え、娘に不当な圧力を加えていたことが問題視されたのだ。

スウェーデン政府の原則的な態度を、日本政府にも学んでもらいたい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2019/12/49807.html
画像はsvt NYHETERの記事から
https://www.svt.se/nyheter/inrikes/atal-vacks-mot-ex-ambassador-anna-lindstedt
https://www.svtstatic.se/image/wide/992/23424058/1566818600?quality=70&format=auto

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  2. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  3. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  4. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  5. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    台湾人有名ユーチューバー、中国に屈しない姿勢を見せる! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  2. 外交

    韓国二大労組がILOに「強制徴用」判決問題で日本批判の意見書を提出! 受けて立とう!(朝香 豊)

    韓国労働組合の二大全国組織が、韓国の最高裁での「強制徴用」判決…

  3. 安全保障

    ヨーロッパは民主主義の立場で中国と対峙せよ! ポンペオ米国務長官!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  4. 安全保障

    主要戦略物資は国内生産へ! ナバロ大統領補佐官!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  5. 経済

    広西チワン族自治区に大量のバッタ発生! 中国南部地域への拡散は必至! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  6. 人権・民主主義

    中国系テレビメディアの偏向報道をイギリスが調査へ! (朝香 豊)

    英国情報通信庁は、近年英国に進出した中国の官制テレビメディアの…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    英衛星通信スタートアップ企業が破綻! ソフトバンクグループが過半の株式保有!(朝…
  2. 安全保障

    蔡総統が静かに放った爆弾! 2・28事件!(朝香 豊)
  3. 中国

    新型肺炎で中国との境界封鎖要求高まる! 香港!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    ニューヨーク市は医療崩壊! 防護服なく、看護師死亡!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    デモに参加して逮捕された人たちを支持する集会が、モスクワで開かれた! (朝香 豊…
PAGE TOP