経済

中国の金融開放の罠! 狙われる西側金融機関!(朝香豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカの巨大金融機関のJP モルガン・チェースは、中国の招商銀行の資産管理部門に27億人民元(430億円)の出資を行い、10%の権益を確保すると発表した。

中国は昨年から外国企業への金融の開放を進めており、先月(2021年2月)にはイギリスの資産運用大手のシュローダーが中国交通銀行との間で資産管理の合弁企業を創設している。

中国の資産管理市場は2023年には30兆ドル(3000兆円)規模に達すると言われ、この巨大市場に食い込もうと西側の金融機関は鼻息が荒い。政治の世界では中国と西側は対立構造にあるように見えるが、逆に金融では関係が強化されている。

ところで、中国がなにゆえに国内の金融を急速に開放し始めたのかを冷静に考える必要がある。

外国投資を受け入れることで中国経済の延命を図りつつ、中国経済と西側の経済の利害がリンクする状態にし、中国を経済的に追い詰めれば、それが西側経済に即座に波及するような関係を作ろうとしているのだと思われる。これにより、西側から中国への本格的な経済制裁が行えないような環境を作っていこうとしているのだろう。それはまた、中国のバブル崩壊が起こったときに、世界中が巻き込まれることを意味する。

こういう点で大いに警戒しなければならない事態であるが、アメリカのバイデン政権がこのことを問題視している形跡はない。

それはともあれ、日本の金融機関にはくれぐれも欧米の金融機関の真似はしないでもらいたいものである。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いNBCします!

www.reuters.comの記事
https://www.reuters.com/article/us-china-wealth-chinamrchntbank-jpmorgan-idUSKBN2BB1DL
www.bloomberg.co.jpの記事
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-01-05/QMFTWIT0AFB801
nippon-saikou.comの記事
https://nippon-saikou.com/5861中国投資に動くウォールストリートの画像
https://m.wsj.net/video/20201007/100720fincoupling/100720fincoupling_960x540.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  2. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  3. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  4. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  5. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 経済

    EU商工会議所も中国批判へ!  (朝香 豊)

    EU商工会議所は中国に関する年次報告書を発表した。報告…

  2. 経済

    コロナウイルス禍を奇貨として、日本の大改造を行え!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  3. 安全保障

    台湾の国防能力の大幅強化! 米、台湾への1900億円の武器売却!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  4. 外交

    トランプ政権は中国企業の上場廃止と年金基金などの中国運用の制限を検討開始! (朝香 豊)

    トランプ政権は米投資家のポートフォリオ投資による中国への資金流…

  5. 経済

    トランプの4年間はバイデンの50年間に勝る! 黒人活動家が共和党大会で演説!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!現在…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    台湾のマスク管理を学べ! (朝香 豊)
  2. 安全保障

    30秒でコロナ診断! イスラエルが開発!(朝香 豊)
  3. 外交

    日本は入国制限で事前説明なかったと、韓国! 日本は広報体制を抜本改善せよ!(朝香…
  4. 安全保障

    政府はLINE対策を抜本的に強化せよ! LINE側にも問題大!(朝香 豊)
  5. 未分類

    中国の圧力を受けて、EUが寄稿文から一文を削除していたことが判明!(朝香 豊)
PAGE TOP