経済

中国の金融開放の罠! 狙われる西側金融機関!(朝香豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカの巨大金融機関のJP モルガン・チェースは、中国の招商銀行の資産管理部門に27億人民元(430億円)の出資を行い、10%の権益を確保すると発表した。

中国は昨年から外国企業への金融の開放を進めており、先月(2021年2月)にはイギリスの資産運用大手のシュローダーが中国交通銀行との間で資産管理の合弁企業を創設している。

中国の資産管理市場は2023年には30兆ドル(3000兆円)規模に達すると言われ、この巨大市場に食い込もうと西側の金融機関は鼻息が荒い。政治の世界では中国と西側は対立構造にあるように見えるが、逆に金融では関係が強化されている。

ところで、中国がなにゆえに国内の金融を急速に開放し始めたのかを冷静に考える必要がある。

外国投資を受け入れることで中国経済の延命を図りつつ、中国経済と西側の経済の利害がリンクする状態にし、中国を経済的に追い詰めれば、それが西側経済に即座に波及するような関係を作ろうとしているのだと思われる。これにより、西側から中国への本格的な経済制裁が行えないような環境を作っていこうとしているのだろう。それはまた、中国のバブル崩壊が起こったときに、世界中が巻き込まれることを意味する。

こういう点で大いに警戒しなければならない事態であるが、アメリカのバイデン政権がこのことを問題視している形跡はない。

それはともあれ、日本の金融機関にはくれぐれも欧米の金融機関の真似はしないでもらいたいものである。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いNBCします!

www.reuters.comの記事
https://www.reuters.com/article/us-china-wealth-chinamrchntbank-jpmorgan-idUSKBN2BB1DL
www.bloomberg.co.jpの記事
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-01-05/QMFTWIT0AFB801
nippon-saikou.comの記事
https://nippon-saikou.com/5861中国投資に動くウォールストリートの画像
https://m.wsj.net/video/20201007/100720fincoupling/100720fincoupling_960x540.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  2. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  3. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  4. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  5. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…

関連記事

  1. 安全保障

    台湾の「駐米大使」が物議を醸す! 米台正式国交樹立への道!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  2. 安全保障

    アメリカ保守派が中国に対して20兆ドルの損害賠償を請求! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  3. 道理

    キプロスがゴールデン・パスポートを廃止! 中国人に打撃か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!私の…

  4. 中国

    中国の国家発展研究院院長が「感染ゼロ」圧力で、中央政府を批判!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!北京…

  5. 安全保障

    中国共産党員と家族の米渡航禁止? 揺さぶりかけるトランプ政権!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  6. 安全保障

    中共体制を潰す! ポンペオ演説!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    中国がコロナのアメリカ流出説で反転攻勢! 実は追い詰められている中国!(朝香 豊…
  2. 外交

    米中対立で中国が反撃! 近く米関連のブラックリストを公表へ!(朝香 豊)
  3. 経済

    北朝鮮のマネロンに中国人が関与! 米の真のターゲットは中国の銀行かも!(朝香 豊…
  4. 安全保障

    中国の人権侵害企業とは手を切れ! 米国務省が経営者に手紙を送る! (朝香 豊)
  5. 道理

    東京オリンピックでの旭日旗の使用は、個別事案ごとに判断するだって? 明らかに一歩…
PAGE TOP