経済

中国の金融開放の罠! 狙われる西側金融機関!(朝香豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカの巨大金融機関のJP モルガン・チェースは、中国の招商銀行の資産管理部門に27億人民元(430億円)の出資を行い、10%の権益を確保すると発表した。

中国は昨年から外国企業への金融の開放を進めており、先月(2021年2月)にはイギリスの資産運用大手のシュローダーが中国交通銀行との間で資産管理の合弁企業を創設している。

中国の資産管理市場は2023年には30兆ドル(3000兆円)規模に達すると言われ、この巨大市場に食い込もうと西側の金融機関は鼻息が荒い。政治の世界では中国と西側は対立構造にあるように見えるが、逆に金融では関係が強化されている。

ところで、中国がなにゆえに国内の金融を急速に開放し始めたのかを冷静に考える必要がある。

外国投資を受け入れることで中国経済の延命を図りつつ、中国経済と西側の経済の利害がリンクする状態にし、中国を経済的に追い詰めれば、それが西側経済に即座に波及するような関係を作ろうとしているのだと思われる。これにより、西側から中国への本格的な経済制裁が行えないような環境を作っていこうとしているのだろう。それはまた、中国のバブル崩壊が起こったときに、世界中が巻き込まれることを意味する。

こういう点で大いに警戒しなければならない事態であるが、アメリカのバイデン政権がこのことを問題視している形跡はない。

それはともあれ、日本の金融機関にはくれぐれも欧米の金融機関の真似はしないでもらいたいものである。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いNBCします!

www.reuters.comの記事
https://www.reuters.com/article/us-china-wealth-chinamrchntbank-jpmorgan-idUSKBN2BB1DL
www.bloomberg.co.jpの記事
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-01-05/QMFTWIT0AFB801
nippon-saikou.comの記事
https://nippon-saikou.com/5861中国投資に動くウォールストリートの画像
https://m.wsj.net/video/20201007/100720fincoupling/100720fincoupling_960x540.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  2. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  3. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  4. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  5. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    中国がオランダに医療物資の輸出を止めると脅す! 台湾問題で! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 中国

    上海・蘇州でも大水害! 武漢では警戒水位を1.8メートルオーバー! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 安全保障

    日豪防衛協力が進化! 准同盟化へ前進!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

  4. 人権・民主主義

    国連人権理事会がアメリカを非難! 中国提案の決議は採択!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!国連…

  5. 安全保障

    中国を甘く見ていた時代は終わった! オブライエン米大統領補佐官!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  6. 経済

    中国の工場で「火事」が多発! 体制危機の象徴!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    韓国財界が北朝鮮に激怒! 現代グループの裏金で核開発を進めながら、用済みになると…
  2. 道理

    厚労省、新型肺炎で、感染確認後も国籍非公表! ありえない!(朝香 豊)
  3. 経済

    焦る中国! 外資の取り込みに必死!
  4. 人権・民主主義

    ウイグルでは豚肉を食べるのを強制するだけでなく、豚肉生産基地化の計画が動いている…
  5. 安全保障

    モデルナもファイザーも安全性に問題なし! 新型コロナワクチン!(朝香 豊)
PAGE TOP