経済

中国企業の過剰債務! システミック・リスクの危機!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国の全国人民代表大会(全人代)では、中国政府が関与する主要6社の「破産重整」(会社更生手続き)手続きについても議論されている。

報道によれば、この6社の負債総額は1兆8000億元(約30兆円)であり、過剰債務問題が金融市場に波及して経済を混乱させる事態を未然に防ぐ狙いだとされる。

だが、過剰債務を抱える中国企業はこの6社にとどまらない。この6社の債務を整理したら中国の過剰債務問題のほとんどが解消するわけではないのである。

李克強首相は、全人代の政府活動報告で「(金融の)システミック・リスクを決して起こさない」と強調した。一つの金融機関が機能不全に陥っても、それが金融システム全般に波及することを阻止するという意味だが、わざわざ「システミック・リスクを決して起こさない」と強調しなければならないほど、現実のシステミック・リスクは高まっていることを図らずも暴露したともいえる。

日本企業は中国経済の崩壊に備え、被害の最小化に向けて動き出すべきである。

より詳細は「それでも習近平が中国経済を崩壊させる」を御覧いただきたい。


 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.nikkei.comの記事
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM05CMF0V00C21A3000000/
「それでも習近平が中国経済を崩壊させる」の画像
https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/715lDNL+3LL.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)
  2. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  3. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  4. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  5. ソ連は欧州を解放した! 今なお時代錯誤な朝日新聞!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    蔡英文圧勝を中国メディアが酷評! 「汚い小細工」だって(笑)(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  2. 経済

    外出規制にさらなる強化! これって本当に正しいのか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!休業…

  3. 経済

    トランプも、対抗馬の民主党候補も、対中政策のジレンマに陥っている!

    トランプ大統領が中国に仕掛けた貿易戦争が米国経済にもたらす悪影…

  4. 人権・民主主義

    英紙が中国の宣伝コラムの掲載を停止! 広がる嫌中感情!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

  5. 経済

    種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!現在…

  6. 経済

    対中輸出の大幅減が続いている!(朝香 豊)

    日本の8月の貿易収支は2カ月連続の赤字になったが、これは大した…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    南部は豪雨、北部は異常な気温低下! バッタの大量発生にも苦しむ中国! (朝香 豊…
  2. 道理

    パウエル弁護士のトランプ弁護団からの離脱! 事実は事実として受け止めよう!(朝香…
  3. 安全保障

    「新型コロナの流行は中国のせい」は濡れ衣だとし、アメリカを脅す! 中国外交部!(…
  4. 安全保障

    一帯一路の鉄道プロジェクトの詳細を機密扱いに! ハンガリー議会!(朝香 豊)
  5. 中国

    習近平主席が姿を消す! すでに一週間!(朝香 豊)
PAGE TOP