経済

中国企業の過剰債務! システミック・リスクの危機!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国の全国人民代表大会(全人代)では、中国政府が関与する主要6社の「破産重整」(会社更生手続き)手続きについても議論されている。

報道によれば、この6社の負債総額は1兆8000億元(約30兆円)であり、過剰債務問題が金融市場に波及して経済を混乱させる事態を未然に防ぐ狙いだとされる。

だが、過剰債務を抱える中国企業はこの6社にとどまらない。この6社の債務を整理したら中国の過剰債務問題のほとんどが解消するわけではないのである。

李克強首相は、全人代の政府活動報告で「(金融の)システミック・リスクを決して起こさない」と強調した。一つの金融機関が機能不全に陥っても、それが金融システム全般に波及することを阻止するという意味だが、わざわざ「システミック・リスクを決して起こさない」と強調しなければならないほど、現実のシステミック・リスクは高まっていることを図らずも暴露したともいえる。

日本企業は中国経済の崩壊に備え、被害の最小化に向けて動き出すべきである。

より詳細は「それでも習近平が中国経済を崩壊させる」を御覧いただきたい。


 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.nikkei.comの記事
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM05CMF0V00C21A3000000/
「それでも習近平が中国経済を崩壊させる」の画像
https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/715lDNL+3LL.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  2. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)
  3. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  4. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  5. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!

関連記事

  1. 中国

    新型コロナウイルスはどう広がったのか! 大胆推理!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

  2. 経済

    次々外れる温暖化論者の不吉な予測! 恐怖に絡め取られることなく、冷静に見よう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!過去…

  3. 経済

    深圳の一等地マンションが1億円の値下がり ! バブル崩壊につながるか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!深圳…

  4. 経済

    韓国の現代自動車でも労使間の紛糾が発生!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  5. 安全保障

    中国政府、湖北省出身者にチャーター帰国便を準備!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  6. 安全保障

    郵便投票用紙が大量に捨てられる! アメリカ大統領選挙!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    情報公開のあり方を見直せ! コロナで失墜した日本の情報公開!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    民主党に都合の悪い言論を取締り? Twitterの怪しい動き!(朝香 豊)
  3. 未分類

    高橋洋一氏の「数字を読めない「文系バカ」が日本をダメにする」! (朝香 豊)
  4. 安全保障

    アップルに入り込んでいた中国人スパイ、ミサイルの機密書類も所持発覚!(朝香 豊)…
  5. 人権・民主主義

    中国の公立小中学校、外国の教材が使用禁止に! 思想統制さらに強化!(朝香 豊)
PAGE TOP