安全保障

中国側に行くんじゃねえぞ! 米政府が韓国を厳しく牽制!(朝香 豊)

米国務省のクラーク次官は「関係の力は自由と法治主義の価値などを共有する『共同の価値』から出てくると考える」が、「中国は(こうした)米国の価値に敵対的で、米国に否定的な影響を及ぼし、インド・太平洋地域の安全保障に脅威となっている」、「韓米関係はインド・太平洋地域の安全保障において革新的な柱の役割だ」などと述べ、中国陣営に接近している文在寅政権の動きに待ったをかけた。

クラーク次官は「トランプ大統領は就任初日から『中国の世界貿易機関(WTO)加盟は最悪の決定だった』と指摘したが、これが現実であることを目撃している」、「中国は米国、ドイツ、韓国の製造業やハイテク技術基盤を崩壊させており、知的財産権を侵害している」、「中国は非対称兵器を使用し、インド・太平洋地域の安全保障に脅威となっている」などとして中国を激しく批判した。

クラーク次官は「米国と同盟国は中国をありのままに見なければならず、希望通りの見方をしてはならない」「中国に対する新たな接近法を見いださねばならない」と呼び掛けた。

アメリカは韓国に対して強い動きを見せている。

この記事の元ネタの大紀元時報の記事https://www.epochtimes.jp/p/2019/11/48857.html

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  2. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  3. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  4. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  5. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    中国のスパイが豪州に亡命希望! 香港と台湾の工作情報を豪政府に提出!(朝香 豊)

    中国のスパイ活動に従事してきた男性が、オーストラリアへの亡命を…

  2. 安全保障

    アメリカが韓国に必要な情報を渡さなくなった可能性あり!

    北朝鮮が公開した写真によると、9月10日に北朝鮮が発射したミサ…

  3. 安全保障

    セクハラでバイデン氏告発の女性! うそ発見器にかかってもいい!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!民主…

  4. 安全保障

    無法地帯が生まれたシアトル! 背後に組織があるのは確実!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!シア…

  5. 安全保障

    歓迎! 日本政府がついに韓国との世論戦に参入方針を示す! (朝香 豊)

    韓国政府は事実とは違う主張をしたり、自分たちに不都合な情報を隠…

  6. 安全保障

    王岐山がなぜか北海道訪問へ! 意図は何だ?(朝香 豊)

    「即位礼正殿の儀」に出席する中国の王岐山国家副主席は、4泊5日…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 韓国・北朝鮮

    慰安婦報道の植村隆氏が韓国でジャーナリズム賞を受賞!(朝香 豊)
  2. 中国

    症状が出ていない感染者からもウイルスはうつる! 新型肺炎!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    中国とつながるドミニオン! クリントン財団とも深い関係!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    おっとビックリ! 尖閣列島に米軍基地構想!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    なんと、韓国で「慰安婦像を撤去せよ!」の抗議行動!(朝香 豊)
PAGE TOP