道理

ローマで中国国歌が流れる! 「中国ありがとう!」って、気持ち悪くないか?(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国共産党機関紙の環球時報は、イタリア市民がローマで中国国歌を街中で流し、「中国ありがとう!」って叫んでくれたとし、ネットユーザーから感動の声が上がっていると報じた。

環球時報は、「ミラノでは、正午の鐘の音と共に住民たちがベランダに出て、新型コロナウイルスと最前線で闘う(中国からイタリアへ派遣された)医療スタッフに盛大な拍手を送って敬意を示した。ローマの地下鉄A線のレ・ディ・ローマ駅周辺の地域では、午後6時ごろに中国国歌『義勇軍進行曲』が流された。大きな声で『ありがとう中国!』と叫ぶ人もおり、周りの住民も続々と拍手して敬意を示している。心の底から感動する」と紹介した。

環球時報はさらに、これを知った中国のネットユーザーから「感動した!。誇らしい!。熱い涙が目にあふれる!」「この時、この場所で国歌が聞こえてきたら、泣きたくならない?。私は泣いた…」などの感動の声が寄せられていると伝えた。

そして、ローマで中国国歌が流され、ローマ市民が「中国ありがとう!」と叫んでいる動画を紹介した。

決めつけはよくないかもしれないが、これには意図的なヤラセの臭いを自分は感じ取ってしまう。

たとえ個人的に中国の医療チームにどんなに感謝することがあったとしても、問題のウイルスが中国から来たことは周知の事実であり、国民感情としては複雑なものを持つのは当たり前だろう。

仮に個人の感謝の思いがどんなに強かろうと、周りの人たちの複雑な気持ちを考えずに中国の国歌を流すことなど、およそ考えにくいところだ。

そもそも、国をあげてみんなが全面的に感謝をしていたとしても、みんなの意見を聞かずに個人の気持ちだけで街中に勝手に外国の国歌を流すような真似は、恐らくはやるまい。

ただ、たとえヤラセであっても、自分が信じたいことを見せられると、人間はそれには弱く、ヤラセであるかもと疑うことをしないということも、あるのだろう。

人間にはこうした心の弱さがあるから、そこを突く意図的なプロパガンダを仕込まれると、引っかかってしまうことがある。

性格が悪くなるかもだが、ゆめゆめ引っかからないように心がけたいものだ。

一応その動画も紹介しておく。(この記事の下の方にYouTubeの動画が貼ってある)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のレコードチャイナの記事
https://www.recordchina.co.jp/b789765-s0-c30-d0151.html
画像も同記事から
https://i.ytimg.com/vi/MX7pSs6_a1M/maxresdefault.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  2. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)
  3. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  4. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  5. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    ウイグル人弾圧の内部文書を入手! 米団体!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  2. 道理

    ワクチン接種後に保険金が支払われないはデマ! 安易に飛びつくな!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ワク…

  3. 道理

    釜山市長のセクハラ辞任の裏事情!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!呉巨…

  4. 経済

    中国企業のデフォルト急増! 中国最大不動産企業もデフォルト危機へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 道理

    高校生の修学旅行の中国行きを推進! 観光庁はアホか!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!観光…

  6. 道理

    数万ドルの献金で麻薬犯でも赦免! 北朝鮮!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!北朝鮮…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    追い込まれたソフトバンクG! 約1兆円の赤字発表!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    中国が1月段階ですでに世界中からマスクを買い占めていた! カナダ紙が報道! (朝…
  3. 安全保障

    ハンターは立派な男だ! ジョー・バイデンは開き直る!(朝香 豊)
  4. 経済

    山林での太陽光発電に規制法を作れ! 各地で相次ぐトラブル!(朝香 豊)
  5. 経済

    中国の製造業再開が暗礁に! 海外の受注が大激減!(朝香 豊)
PAGE TOP