道理

ローマで中国国歌が流れる! 「中国ありがとう!」って、気持ち悪くないか?(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国共産党機関紙の環球時報は、イタリア市民がローマで中国国歌を街中で流し、「中国ありがとう!」って叫んでくれたとし、ネットユーザーから感動の声が上がっていると報じた。

環球時報は、「ミラノでは、正午の鐘の音と共に住民たちがベランダに出て、新型コロナウイルスと最前線で闘う(中国からイタリアへ派遣された)医療スタッフに盛大な拍手を送って敬意を示した。ローマの地下鉄A線のレ・ディ・ローマ駅周辺の地域では、午後6時ごろに中国国歌『義勇軍進行曲』が流された。大きな声で『ありがとう中国!』と叫ぶ人もおり、周りの住民も続々と拍手して敬意を示している。心の底から感動する」と紹介した。

環球時報はさらに、これを知った中国のネットユーザーから「感動した!。誇らしい!。熱い涙が目にあふれる!」「この時、この場所で国歌が聞こえてきたら、泣きたくならない?。私は泣いた…」などの感動の声が寄せられていると伝えた。

そして、ローマで中国国歌が流され、ローマ市民が「中国ありがとう!」と叫んでいる動画を紹介した。

決めつけはよくないかもしれないが、これには意図的なヤラセの臭いを自分は感じ取ってしまう。

たとえ個人的に中国の医療チームにどんなに感謝することがあったとしても、問題のウイルスが中国から来たことは周知の事実であり、国民感情としては複雑なものを持つのは当たり前だろう。

仮に個人の感謝の思いがどんなに強かろうと、周りの人たちの複雑な気持ちを考えずに中国の国歌を流すことなど、およそ考えにくいところだ。

そもそも、国をあげてみんなが全面的に感謝をしていたとしても、みんなの意見を聞かずに個人の気持ちだけで街中に勝手に外国の国歌を流すような真似は、恐らくはやるまい。

ただ、たとえヤラセであっても、自分が信じたいことを見せられると、人間はそれには弱く、ヤラセであるかもと疑うことをしないということも、あるのだろう。

人間にはこうした心の弱さがあるから、そこを突く意図的なプロパガンダを仕込まれると、引っかかってしまうことがある。

性格が悪くなるかもだが、ゆめゆめ引っかからないように心がけたいものだ。

一応その動画も紹介しておく。(この記事の下の方にYouTubeの動画が貼ってある)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のレコードチャイナの記事
https://www.recordchina.co.jp/b789765-s0-c30-d0151.html
画像も同記事から
https://i.ytimg.com/vi/MX7pSs6_a1M/maxresdefault.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  2. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  3. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  4. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  5. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!

関連記事

  1. Featured Video Play Icon
  2. 人権・民主主義

    郭台銘は台湾総統選への無所属の立候補を断念 (朝香 豊)

    ホンハイ精密工業の創業者の郭台銘氏は台湾総統選挙に無所属では立…

  3. 道理

    日本維新の会の国会議員団が訪韓へ 原則論を棚上げするなら行くのは反対!

    日本維新の会の国会議員団4人が訪韓する。団長で沖縄…

  4. 人権・民主主義

    生活保護受給者に怯えるケースワーカー! 死体遺棄まで関わる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!京都…

  5. 人権・民主主義

    中国で6歳男児がわずか2週間待ちで肺移植! (朝香 豊)

    中国で白血病を患う6歳の男児が、わずか2週間待ちで肺移植手術を…

  6. 安全保障

    沖縄タイムスが軍隊廃止のコスタリカを絶賛! 歴史的背景を無視!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!常備…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    30秒でコロナ診断! イスラエルが開発!(朝香 豊)
  2. 道理

    BBCをぶっ壊す! 英ジョンソン首相、受信料廃止を検討!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    恐怖! チョ・グク法相が就任早々えげつない検察潰しに着手!
  4. 人権・民主主義

    中国の「臓器移植の闇」で、広東省の警官が実名で告発!(朝香 豊)
  5. 道理

    中国が企業版「社会信用システム」を導入予定!(朝香 豊)
PAGE TOP