安全保障

ウイルスのゲノム配列を解析・公開した中国の研究所が、閉鎖されていた!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

上海公衆衛生臨床センターは、新型コロナウイルスのゲノム配列情報を解析し、世界に公開したが、その翌日に突然閉鎖させられていたことがわかった。

同センターの張永振教授の研究チームは、昨年の12月26日に武漢の病院から新型ウイルスを採取し、1月5日にそのゲノム配列の解読に成功し、同日に中国国家衛生健康委員会に報告した。

その際に、「SARSに類似する未知のウイルスで、呼吸器経由で伝播する可能性が高い」とその危険性を指摘し、対策を講じるように提言した。

衛生当局に動きがなく、張永振教授の研究チームは1月11日にウイルス情報共有サイトvirological.orgに配列情報を公開した。

その翌日に、この研究所は突如閉鎖となった。

閉鎖の理由について当局からの説明はない。

その後4回にわたる再開の要請にも関わらず、当局から返事はなく、閉鎖が続いている。

ここから、中国政府がこのウイルスに関する情報を、なんらかの理由で隠蔽したかったことが伺える。

上海公衆衛生臨床センターはウイルス研究の先進施設であり、今回の新型コロナウイルスへの対処法をなるべく早く見つけようとするなら、当然フル稼働させた方が合理的だ。

だが、中国政府はこの方向には動かなかったわけだ。

なお、張永振教授の研究グループは、今回のウイルスが浙江省の舟山市で捕獲されたコウモリから発見したSARS類似のコロナウイルス(bat-SL-CoVZC45とbat-SL-CoVZXC21)に最も近いということを、1月7日にネイチャー誌に寄稿し、2月3日に掲載されている。

研究所の閉鎖は、ネイチャー誌に寄稿したことをいち早く中国政府が掴んだためかもしれないとの観測もあるようだ。

というのは、武漢の研究所がこうしたウイルスを利用した研究を行っており、新型コロナウイルスとコウモリとの関係が近いことを、世界には知られたくなかったと考えられるからだ。

なお、中国メディア「財新網」の報道では、中国科学院ウイルス研究所も、昨年12月30日に新型コロナウイルスを入手していた。

そして10日後にはやはりゲノム配列を解読し終え、その情報を中国国内のウイルス・リソース・センターに保存したが、この情報も公表されなかった。

中国政府がこのウイルスに関する情報をなんらかの理由で隠蔽したかったということは、こうしたことからも伺えるだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/03/52320.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  2. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  3. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  4. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  5. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!

関連記事

  1. 中国

    中国政府はアメリカ政府の支援を拒否! 新型肺炎!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  2. 安全保障

    アフリカ政府庁舎は中国の盗聴器だらけか? ヘリテージ財団が警告! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アフ…

  3. 安全保障

    北のミサイル、目標めがけて軌道修正できる模様!(朝香 豊)

    北朝鮮の一部の弾道ミサイルについて、終末段階で誘導機動が行える…

  4. 安全保障

    アメリカ、中国便の禁止を検討! 新型コロナウイルスで!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  5. 安全保障

    コロナを気にせず、学校を再開せよ! 米CDCが提言!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    米司法省、スパイ容疑で元中国人を逮捕!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    BBCが香港に関する番組を数多く制作! この番組もぜひ見てもらいたい! (朝香 …
  3. 安全保障

    新型コロナ対策が遅い! 批判されるトランプ大統領!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    トランプ弾劾で民主党から造反! 共和党に移籍へ!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    韓国の親北団体、「ハリス大使斬首コンテスト」を予告! 米大使館の前で!(朝香 豊…
PAGE TOP