安全保障

アメリカは「戦時国債」発行か? アメリカの覚悟に日本も見習え!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカの経済政策の司令塔である国家経済会議のクドロー委員長は、新型コロナウイルスの感染拡大と戦う資金を調達するのに、「戦時国債」を発行するとの提案を、トランプ大統領に進言すると述べた。

クドロー委員長は、「家庭、個人、事業を沈ませないように維持するために、今は(ウイルスとの)戦争遂行用の資金を集めるために国債を売る時だと思う」とも述べた。

アメリカ政府はすでに240兆円の経済対策を打っているが、これらはいま国民がぶつかっている課題に対処するだけにすぎず、これではまだまだ足りないという意識なのだ。

トランプ大統領は、現在はゼロ金利なのだから、今こそインフラ投資に最適だとして、さらに220兆円程度の公共事業をぶち上げ、今後においても何としてでも失業を作らず、庶民の生活を守り抜いてみせる姿勢を鮮明にした。

トランプ政権は最終的に総額6兆ドル(660兆円)程度の対策を考えているとされ、さらに経済対策を拡大させる可能性も高い。

こうした平時ではとても考えられない大型予算を賄うことを念頭に置いて、クドロー委員長は「戦時国債」を発行する考えを明らかにしたのだろう。(なお、正確にはテレビ番組で司会者の提案に賛同した形を取っている。)

さて、私が安倍政権が打ち出した緊急経済対策を徹底的に酷評したことには、安倍総理の支持者から随分と反論が寄せられた。

そういう人たちに伝えたいのは、国民の不安を取り除き、その暮らしを絶対に守っていく覚悟というのは、トランプ政権が示しているようなものではないのかということだ。

なお、トランプ大統領は全く口にしていないが、これは世界経済を守るための道でもある。

現在の経済危機に対しては、先進国よりも新興国・発展途上国のほうがはるかに大きな影響がある。

先進国が大胆な経済対策を打ち、膨大な設備投資需要を生み出したり、国内消費需要を高めることで、新興国・発展途上国は確かな輸出先を確保することができるようになる。

つまり、トランプ大統領が示している道は、自国の国民を救うだけでなく、落ち込んでいる世界経済を救い、新興国・発展途上国を救うことにもなるのだ。

さて、アメリカの景気回復が進んだ時に、アメリカの景気に引っ張られて日本の輸出環境も改善していくだろうが、日本はその程度のポジションにとどまっていのか。

アメリカと一緒に、日本も世界経済を引っ張っていく側に回るべきではないのか。

そしてそれは、中共との戦争に勝利する道にもなるだろう。

そのためにも、日本でも「戦時国債」を発行するつもりで、経済対策を考えてみてはどうだろうか。

但し、財務省のメンツを立てているようでは、こういう対策は打てないことだけは確かだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のブルームバーグの記事
https://www.bloomberg.com/news/articles/2020-04-06/kudlow-says-he-proposed-war-bonds-for-coronavirus-to-trump
ネタ元のNHKの記事
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200401/k10012361561000.html
画像はウィキメディアから
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/1/16/Larry_Kudlow_%2816673071232%29.jpg/800px-Larry_Kudlow_%2816673071232%29.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  2. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  3. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  4. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  5. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    「落ち着いて行動するように」と安倍総理! 国民の不安を解消しているのか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  2. 安全保障

    FBIが捜査するスパイ案件の半数は中国! 中国は最大級の脅威! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  3. 安全保障

    習近平総書記は韓国訪問へ! 世界の流れに逆行する韓国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!自由…

  4. 安全保障

    EUが外国直接投資の審査を強化! 中国を念頭!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!EU…

  5. 経済

    新型肺炎で、中国は「不可抗力証明書」を発行へ! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  6. 安全保障

    中国、豪にエージェントを送り込む工作が明るみに! 候補男性は死体に!(朝香 豊)

    オーストラリアのテレビ局「ナイン・ネットワーク」は、中国のスパ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 馬雲 ジャック・マー

    経済

    まだ難局の始まりかもしれない! アリババ創業者のジャック・マー!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    フェイスブックがトランプ投稿を削除! リベラル・ファシズムを許すな!(朝香 豊)…
  3. 安全保障

    中共体制を潰す! ポンペオ演説!(朝香 豊)
  4. 経済

    経済財政諮問会議で、積極財政の方針が打ち出される!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    米連邦最高裁はテキサス州提起の訴訟は却下! 残念!(朝香 豊)
PAGE TOP