経済

4月の消費支出は11.1%減! 過去にない落ち込み!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

4月の家計調査結果が総務省から発表され、消費支出は前年同月比で11.1%減となった。

これは統計を取り始めた昭和61年からで最悪の数字である。

家計消費支出は消費税を増税した昨年10月以降7ヶ月連続で前年同月比でマイナスが続いているが、3月の6.0%と比較してもさらに大きな落ち込みとなった。

旅行自粛でパック旅行費が97.1%減、遊園地の入場料と乗り物代が97.8%減、レジャー系の宿泊料が94.7%減、映画・演劇の入場料が92.7%減と、レジャー系の減少が激しい。

外食産業も全体で67.0%の減、居酒屋の飲酒代は90.3%の減と、非常に厳しい。

交通系も、航空が94.5%減、鉄道が89.9%減、バスが71.5%減、タクシーが69.8%減と、著しい落ち込みだった。

自炊の拡大でパスタが70.5%増、在宅勤務の広がりからパソコンも72.3%増のように、大きく増加しているものもあるが、経済全体としてみた場合には、深刻なマイナス状況となっている。

緊急事態宣言が解除されても、すでに新たな生活スタイルに馴染んでいて、積極的に外出しようとは思わない人も多い。

落ち込んだ経済活動を取り戻すには並大抵のことでは無理だ。

消費税0%くらいではどうにもならないくらいのダメージが経済に及んでいることを、為政者は理解しておくべきだと思う。

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の日経新聞の記事
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60009710V00C20A6MM0000/?n_cid=NMAIL006_20200605_H
画像も同記事から
https://article-image-ix.nikkei.com/https%3A%2F%2Fimgix-proxy.n8s.jp%2FDSXMZO6000945005062020I00002-PN1-3.jpg?auto=format%2Ccompress&ch=Width%2CDPR&fit=max&ixlib=java-1.2.0&s=9fbe3f5f93fd7d11e455da76136a0699

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  2. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  3. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  4. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  5. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 経済

    れいわの山本太郎代表、積極財政と消費税減税で野党共闘を目指す! これは侮れない! (朝香 豊)

    れいわ新選組の山本太郎代表は、最近立命館大学の松尾匡教授から、…

  2. 安全保障

    中国の8割以上の会社のN95マスクの販売を禁止! 米トランプ政権!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!低品…

  3. 安全保障

    ファーウェイがフランスに工場建設か! どうせならエリクソンを誘致したら?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ファ…

  4. 安全保障

    強力な対北朝鮮制裁「ワームビア法」がアメリカで成立へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!強力…

  5. 経済

    ソフトバンク出資のWirecardが破綻! エンロン以来の大会計スキャンダル!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ドイ…

  6. 経済

    韓国では財閥系企業でも営業利益45%の大幅減少! 海外脱出はさらに進むか?

    今年上半期(1月〜6月)の韓国10大企業グループの営業利益…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Huawei のロゴ

アーカイブ

  1. 安全保障

    中国の知的財産窃盗対策に遅れがあることを焦るアメリカ! もっとゆるい日本!(朝香…
  2. 経済

    ダンスケ銀行のエストニア部門元CEOが遺体で発見!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    スクープ! ウクライナ機の撃墜を、イランのトップはやはり最初から知っていた!(朝…
  4. 安全保障

    八ッ場ダムで利根川水系の水害が救われた!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    中国は湖北省以外でも医療崩壊!(朝香 豊)
PAGE TOP