外交

迅速合意なければ、トランプ政権は対中摩擦を激化させる?? (朝香 豊)

”China 2049″の著者としても知られる、ハドソン研究所の中国戦略専門家マイケル・ピルズベリー氏は、対中政策についてトランプ米大統領に非公式に助言しているアドバイザーでもある。

このピルズベリー氏が、貿易協定が迅速に合意されない場合には、トランプ大統領には中国との貿易摩擦を激化させる用意があると述べた。

ピルズベリー氏は、さらなる対中関税の引き上げは可能で、低水準の関税を50%や100%に引き上げる可能性もあると指摘した。

アメリカ側からのブラフだろうと思われるが、足元の経済が弱っている習近平政権に与える心理的ダメージは大きいだろう。

人民元安に伴い、中国では輸入品の国内価格が上昇している。これが食料品価格全般の上昇に繋がり、豚肉に至ってはアフリカ豚コレラの大流行もあって、70%も上昇している。こうしたことが庶民の生活を直撃していて、不満が強い。

この揺さぶりに習近平側がどう応えるのかは、見ものだ。

これと関連する大紀元時報の記事

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  2. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  3. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  4. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  5. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)

関連記事

  1. 経済

    日本の食品の放射能汚染検査を「完全に信頼」 国連FAO!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!国連…

  2. 経済

    過剰な感染対策で、経済を潰すな!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  3. 経済

    英衛星通信スタートアップ企業が破綻! ソフトバンクグループが過半の株式保有!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

  4. 外交

    新型コロナウイルスを武漢に持ち込んだのは米軍では? 中国がアメリカに反撃!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 経済

    次々外れる温暖化論者の不吉な予測! 恐怖に絡め取られることなく、冷静に見よう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!過去…

  6. 外交

    金正恩が文在寅の招待を拒否! 釜山で行われるASEANの会合 (朝香 豊)

    北朝鮮国営の朝鮮中央通信は、韓国の釜山で開かれる韓国・東南アジ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    今回の想定を超える台風被害の背景に、インフラの老朽化の影響がある! (朝香 豊)…
  2. 安全保障

    中国が1月段階ですでに世界中からマスクを買い占めていた! カナダ紙が報道! (朝…
  3. 安全保障

    アメリカがギリシャ北部の港の民営化に積極的な動き! 中国牽制のためか?(朝香 豊…
  4. 安全保障

    フィリピンの電力網はいつでも中国が遮断可能と、内部報告書!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    ミャンマーを憂慮するのは終わりだ! 日本政府は黒幕の中国を非難せよ!(朝香 豊)…
PAGE TOP