外交

迅速合意なければ、トランプ政権は対中摩擦を激化させる?? (朝香 豊)

”China 2049″の著者としても知られる、ハドソン研究所の中国戦略専門家マイケル・ピルズベリー氏は、対中政策についてトランプ米大統領に非公式に助言しているアドバイザーでもある。

このピルズベリー氏が、貿易協定が迅速に合意されない場合には、トランプ大統領には中国との貿易摩擦を激化させる用意があると述べた。

ピルズベリー氏は、さらなる対中関税の引き上げは可能で、低水準の関税を50%や100%に引き上げる可能性もあると指摘した。

アメリカ側からのブラフだろうと思われるが、足元の経済が弱っている習近平政権に与える心理的ダメージは大きいだろう。

人民元安に伴い、中国では輸入品の国内価格が上昇している。これが食料品価格全般の上昇に繋がり、豚肉に至ってはアフリカ豚コレラの大流行もあって、70%も上昇している。こうしたことが庶民の生活を直撃していて、不満が強い。

この揺さぶりに習近平側がどう応えるのかは、見ものだ。

これと関連する大紀元時報の記事

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  2. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  3. 「なんでも批判」を反省しない立憲民主党! 戦前の「批判」政治の過ちを忘れるな!(…
  4. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  5. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…

関連記事

  1. 外交

    親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)

    ☆☆☆ 今回はメルマガで2月9日に流していた記事を、ブログに再掲載いた…

  2. 経済

    ミンクからの感染確認でミンクを殺処分へ! 過剰対応ではないのか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!オラ…

  3. 安全保障

    バイデン一家の腐敗レポート第3弾! 米上院が公表!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!バイ…

  4. 安全保障

    中国、「6G」の研究開発に着手! 日米連合も負けるな!(朝香 豊)

    中国が次々世代通信技術「6G」技術の研究開発を正式に開始した。…

  5. 経済

    英総選挙、保守党圧勝!労働党惨敗!ブレグジットは確定へ!(朝香 豊)

    イギリスの総選挙では、出口調査の結果によると、保守党が圧勝する…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    米議事堂が大混乱! アンティファとBLMにやられる!(朝香 豊)
  2. 経済

    8月の自殺者数が前年同月比15%増! 経済低迷の影響か?(朝香 豊)
  3. 中国

    なおも続く中国の豪雨! 三峡ダムは全力で放水! 下流域の被害は甚大!(朝香 豊)…
  4. 人権・民主主義

    アメリカ3大テレビ局が中国批判を避けている! 研究機関が公表!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    緊急時放送システムを利用する! トランプ大統領!(朝香 豊)
PAGE TOP