安全保障

北京に入ると14日の強制隔離処置! 日本政府、この現実を直視せよ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

新型コロナウイルスの感染拡大で、中国の首都・北京では、帰省先などから戻ってきたすべての人を対象に14日間、自宅や特定の施設で経過観察する措置を義務付けた。

つまり、14日間は外出禁止となり、世間から隔離される。

措置に従わなければ罰則が科される。

ここで私たちが見落としてはならないのは、中国国内の移動に関して、中国政府はここまで厳しい対応を取っているのに、中国から日本への入国は今だにゆるゆるの運用になっている、という点だ。

この逆説に、日本政府や厚労省は気付いていないのだろうか。

中国政府は自分たちが公式発表しているレベルとは明らかに違う対応をしている。

だが、WHOは中国政府の公式発表に基づいて、感染率や死亡率などを計算し、その対策を打ち出している。

それで中国との間での人の移動や物流の制限は必要ないとの結論を下している。

そうしたWHOの「権威」ある発表をまともに信じて、日本では、季節性インフルと危険度は変わらないとか、季節性インフルの方が危ないとかという情報が流れている。

そしてWHOの防御基準に従った検疫官が、日本で感染している。

笑えない現実だ。

さて、中国は今なお、外国の専門家チームの入国と調査に後ろ向きだ。

アメリカのCDCとかが現地調査を行えば、今までの公式発表がどういうものだったかが、全部明らかになってしまうだろう。

それを恐れているから後ろ向きなのではないだろうか。

こうした全体の構図を、まだ日本政府が理解していないのが、信じられない。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元のNHKの記事
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200215/k10012286791000.html?utm_int=word_contents_list-items_002&word_result=新型肺炎
これのネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/02/51775.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  2. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  3. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  4. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  5. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…

関連記事

  1. 安全保障

    サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)

    イランの関与が濃厚となったサウジ攻撃について、おそらくこういう…

  2. 安全保障

    北朝鮮に仮想通貨の技術を伝えたことで、アメリカの専門家を逮捕!(朝香 豊)

    アメリカ政府は米国の制裁を逃れられるブロックチェーン技術を北朝…

  3. 安全保障

    台湾独立派が過半数を超える! 台湾世論調査結果!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!Ta…

  4. 安全保障

    国防権限法案2020について、米上下両院が合意!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  5. 道理

    朝日新聞のねじ曲がった悪意! 浄化処理を行った水を「汚染水」と報じる!

    原田環境相兼原子力防災担当相は10日の記者会見で、福島原発の処…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    ネットの大幅制限で、イランの閣僚の米資産凍結へ! 米は反政府デモを支持!(朝香 …
  2. 安全保障

    12月の段階で、中国政府は新型コロナウイルスがSARS系だと知っていた!(朝香 …
  3. 経済

    英衛星通信スタートアップ企業が破綻! ソフトバンクグループが過半の株式保有!(朝…
  4. 人権・民主主義

    不正選挙に使われたUSBが紛失状態! ペンシルバニア州公聴会!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    TikTokでメークしながら、習近平国賓反対動画を作る日本人女性登場!(朝香 豊…
PAGE TOP