経済

中国、春節休暇をさらに延長! 経済はさらにダメージ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

春節の連休は本来1月30日までだったが、中国政府は新型コロナウイルスの感染が拡大していることから、2月2日まで延長すると発表していた。

ところが、まだまだ新型コロナウイルスの感染拡大の収束が見えないため、上海市、重慶市、広東省、浙江省、江蘇省、安徽省、福建省などの一部の地方では、企業に対して少なくとも2月10日までは休業するように指示が出された。

もっとも被害の大きい湖北省では2月14日までは休業するように指示が出された。

このように休暇が伸びた地方を「一部の地方」と表現したが、これらの地方が生み出すGDPは中国全土の7割程度を占めている。

中国経済は現在著しい失速が生まれており、企業の資金繰りは逼迫している。

この中で、春節休暇が伸びれば、企業の収益機会がそれだけ奪われることを意味し、企業にとってのダメージは極めて高い。

中国でこのような特殊事情が発生しているからといって、債務の支払い期限が自動的に延びるようなことは当然ありえない。

つまり、中国企業のデフォルト危機はさらに高まっているのは間違いない。

これが保有資産を売却しようとする流れを加速させ、不動産や株式の強大な下値圧力となる。

つまり、バブル崩壊の圧力がこれまで以上に大きくかかることになる。

また、世界的なサプライチェーンの中で中国の果たす役割は大きく、長期休業による世界経済への影響も大きい。

中国政府は、人々の動きを大きく制限することによって、新型コロナウイルスの感染拡大を収束させようとしていて、その効果はかなり高いとは思う。

だが、それでも、10日や14日までに今回の騒動が収束するかどうかはまだ不透明だ。

こうした中にあっては、サプライチェーンの中から中国を外していこうという動きは、潜在的には当然起こっているだろう。

仮に10日や14日までに収束できなかったとしたら、この流れは明らかに加速することになる。

これが習近平政権に対する巨大なダメージになるのは当然であるが、習近平政権どころか中国共産党体制に対してさえ巨大なダメージになるのは確実だろう。

経済的な苦境に直面した際に、弱者にしわ寄せしていこうとするのは法則的なものだとも言えるが、中国ではこの傾向がさらに強い。

それゆえに、虐げられた側からの反発はそれだけ強く、体制崩壊の可能性もそれゆえにかなり高くなるということも言えるだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元のブルームバーグの記事
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-01-31/Q4Y88TDWLU6901

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  2. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  3. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  4. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  5. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!

関連記事

  1. 安全保障

    中国からの資金提供を隠蔽した研究で54人が解雇! 米国立衛生研究所!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  2. 人権・民主主義

    台湾人有名ユーチューバー、中国に屈しない姿勢を見せる! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  3. 安全保障

    中国の統計は信用ならない! あのイランも言い出す!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イラ…

  4. 経済

    EUもついに緊縮財政見直しか? 日本も続け! (朝香 豊)

    EU財務相理事会は、欧州経済が減速する中、財政規律の見直しの議…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    多くの中国共産党が国連組織に浸透! 影響力の調査を米議員が要求! (朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    民主党の選挙不正には長年の歴史がある! 重大な内部告発!(朝香 豊)
  3. 経済

    ファーウェイに対する中国政府からの補助金は8兆円超かも!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    「暴力には力で対抗」の何が悪い! フェイスブックが投稿削除!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    「日本はアジアで最も対策がずさん」! 日本在住の台湾人女優! (朝香 豊)
PAGE TOP