安全保障

セクハラでバイデン氏告発の女性! うそ発見器にかかってもいい!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

民主党の大統領候補のバイデン氏には、様々なセクハラ疑惑が降り掛かっているが、その中で最も激しくバイデン氏を追い詰めているのが、タラ・リード氏だ。

リード氏は大統領選挙の立候補の取りやめをバイデン氏に求めている。

リード氏によれば、彼女がバイデン氏の事務所スタッフとして勤務していた1993年に、バイデン氏は彼女を壁に押し付け、首にキスをし、彼女の閉じた両脚を膝でこじ開け、指を秘所に侵入させたという。

バイデン氏側はこれを否定しているが、リード氏はバイデン氏がうそ発見器にかかるなら、私もかかってもいいとまで主張している。

この件に限らず、バイデン氏に関しては、セクハラ絡みの話は実に多い。

バイデン氏がカーター国防長官(当時)の妻ステファニー氏の肩に手を置き、髪の香りを嗅ぐようにしながら、耳元でなにかささやく映像は有名だ。

ネバダ州知事選挙で副知事候補として立候補したルーシー・フローレス氏も、似た体験をしている。

当時副大統領だったバイデン氏が応援演説をした後に、同じようなことが行われたという。

バイデン氏のセクハラ疑惑は、身内とも言える民主党の内部から上がっているものが多いだけに、完全否定するのは難しいだろう。

さて、バイデン氏と言えば、中国との深い関係が疑われている。

息子のハンター・バイデン氏は、中国で設立したBHRパートナーズの取締役に就任し、ここでの利権が中国との強いパイプであることが、かねてから指摘されていた。

このため、ハンターは昨年10月に月末までに取締役を退任すると発表していたが、デイリー・コーラーの報道によると、本年(2020年)4月15日段階ではまだハンター氏の名前は取締役のリストから外されておらず、未だに10%のBHRの株式を保有しているのではないかと見られている。

従って、次期大統領がトランプ氏になるかバイデン氏になるかは、米中関係がどうなるかに非常に大きな影響を及ぼすことになる。

こういう観点からも、バイデン氏のセクハラ疑惑の行方には注目せざるをえないだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のフォーブスの記事
https://www.forbes.com/sites/jackbrewster/2020/05/07/tara-reade-says-she-will-take-polygraph-if-joe-biden-takes-one-in-first-on-camera-interview/#193362dc1f5b
ネタ元のThe Federalistの記事
https://thefederalist.com/2020/04/15/hunter-biden-remains-listed-as-board-member-of-private-chinese-company/
ネタ元のニューズウィークの記事
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/04/post-11913.php
画像はNPRの記事から
https://www.npr.org/sections/thetwo-way/2015/02/17/387035292/joe-biden-gets-a-bit-too-close-to-new-secretary-of-defenses-wife
https://media.npr.org/assets/img/2015/02/17/ap480928202452_custom-78da00e0112c4c4c92c981fe2d16d2552cfb2705-s800-c85.jpg
タラ・リード氏の写真は彼女自身のツイッターから
https://twitter.com/readealexandra

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  2. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  3. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  4. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  5. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    道路陥没で落下した3人を救助せずに、セメント注入! 中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします中国の…

  2. 安全保障

    中国、「6G」の研究開発に着手! 日米連合も負けるな!(朝香 豊)

    中国が次々世代通信技術「6G」技術の研究開発を正式に開始した。…

  3. 安全保障

    国内のアウトブレイク対策に移行せよ! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ダイ…

  4. 経済

    生産拠点を中国から日本に戻そう! 安倍総理が発言! 大歓迎!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  5. 安全保障

    だんだん見えてきた不正選挙の闇! ドミニオン社の背景!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  6. 中国

    ベートーベン第9(歓喜の歌)を禁止に! 中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    保守派を潰すための字幕操作! 韓国のテレビ局!(朝香 豊)
  2. 経済

    ジャック・マーがアリババ取締役を退任! 進む毛沢東路線への回帰!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    「台湾と国交を!」ドイツでの請願活動に2万人超が既に署名! (朝香 豊)
  4. 中国

    新型コロナウィルスは生物兵器として開発された可能性が!(続編)(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    死んだネコに選挙権? 郵便投票は不正の温床! トランプ正しい!(朝香 豊)
PAGE TOP