道理

N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?


N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取。

N国党から出馬して中央区議に当選した二瓶議員が、当選後にN国党から離党するとしながらも議員にとどまり続けたことに、立花氏がブチ切れたということらしい。

YouTube 上で「徹底的に潰す」などと発言し、本人の住所・電話番号・携帯番号も晒したことから、脅迫容疑で訴えられたようだ。

立花氏は「議員をただちに辞めることはしないが、有罪になったら辞めないといけないと思う」とコメントした。

筋は通っているとしても、明らかにやりすぎだと批判するのは簡単だが、話すべきはそういうレベルのことではないように思う。

立花氏はこういう事態になってもいいと、恐らくもともと考えていたのだろう。自分に対する注目を集め、N国党に対する尖った支持を高めることにつながるということを、したたかに計算していたのだろう。それが彼の持つヒトラー的なカリスマ性につながっていると感じている。

私は彼の主張するNHK放送のスクランブル化には大賛成ではあるが、彼のアクの強い手法には賛同できないところが多いと感じてきた。

例えば政見放送で「路上カーセックス」という言葉を連発するようなNHK批判は、本来のNHK批判から的を外したものだったとも思う。それでも話題になればいい、尖ったイメージが広がればいいというのが彼の戦略だったということだったのだろう。

勝つためには甘っちょろいことは言わずに、そういう手法もありだという考えもあるだろうが、私はそれには賛同できない。裏でドロドロしたものがあるのが政治の現実なんだ、きれいごとはいらないという反論もあるだろうが、本来料理すべき政治のドロドロさと彼の扱おうとしているものとの間には、大きな落差があるように思う。

彼の狙いにこのまま踊らされていいのかは、冷静になって考えたいものだ。

これに関連するスポニチの記事

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  2. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  3. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  4. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  5. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    中国で教会の十戒が削除され、習近平の言葉に差し替えられている! (朝香 豊)

    中国において教会は、中国共産党の指導によって、キリスト教の教え…

  2. 道理

    韓国の日本批判には効果的な反論を!

    韓国政府はAPECの会合で相変わらずの日本批判を展開。これ…

  3. 道理

    朝日新聞が旭日旗を否定する社説を掲載! 自社の社旗はどうするの?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!朝日…

  4. 道理

    韓国の格安航空会社が経営危機に!(朝香 豊)

    韓国のLCCのイースター航空が、今年の第2四半期(4-6月期)…

  5. 道理

    日韓首脳対話は、韓国が周到な準備の上での不意打ち! 撮影も無断だった!(朝香 豊)

    韓国大統領府が公表した、安倍総理と文在寅大統領の面談の写真は、…

  6. 人権・民主主義

    「慰安婦は売春の一種」と述べた延世大学の柳教授の講座は停止扱いに! (朝香 豊)

    韓国の延世大学の柳錫春教授は、「売春は古い産業であり、多くの国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 外交

    トランプ政権は中国企業の上場廃止と年金基金などの中国運用の制限を検討開始! (朝…
  2. 安全保障

    中国の監視カメラ企業など8社をトランプ政権はブラックリストに掲載!(朝香豊)
  3. 人権・民主主義

    中国の大学憲章から「思想の自由」が消える! 学生が抵抗!(朝香 豊)
  4. 経済

    インテルが韓国などの半導体メーカーを駆逐するか? (朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    香港市民が活用するアプリがApp Storeから削除へ! 中国の圧力か!(朝香 …
PAGE TOP