道理

N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?


N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取。

N国党から出馬して中央区議に当選した二瓶議員が、当選後にN国党から離党するとしながらも議員にとどまり続けたことに、立花氏がブチ切れたということらしい。

YouTube 上で「徹底的に潰す」などと発言し、本人の住所・電話番号・携帯番号も晒したことから、脅迫容疑で訴えられたようだ。

立花氏は「議員をただちに辞めることはしないが、有罪になったら辞めないといけないと思う」とコメントした。

筋は通っているとしても、明らかにやりすぎだと批判するのは簡単だが、話すべきはそういうレベルのことではないように思う。

立花氏はこういう事態になってもいいと、恐らくもともと考えていたのだろう。自分に対する注目を集め、N国党に対する尖った支持を高めることにつながるということを、したたかに計算していたのだろう。それが彼の持つヒトラー的なカリスマ性につながっていると感じている。

私は彼の主張するNHK放送のスクランブル化には大賛成ではあるが、彼のアクの強い手法には賛同できないところが多いと感じてきた。

例えば政見放送で「路上カーセックス」という言葉を連発するようなNHK批判は、本来のNHK批判から的を外したものだったとも思う。それでも話題になればいい、尖ったイメージが広がればいいというのが彼の戦略だったということだったのだろう。

勝つためには甘っちょろいことは言わずに、そういう手法もありだという考えもあるだろうが、私はそれには賛同できない。裏でドロドロしたものがあるのが政治の現実なんだ、きれいごとはいらないという反論もあるだろうが、本来料理すべき政治のドロドロさと彼の扱おうとしているものとの間には、大きな落差があるように思う。

彼の狙いにこのまま踊らされていいのかは、冷静になって考えたいものだ。

これに関連するスポニチの記事

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  2. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  3. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  4. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  5. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも

関連記事

  1. 道理

    香港の反中書店の経営者に、スウェーデンが賞を授与! 中国は猛反発!(朝香 豊)

    香港の銅鑼湾書店は、中国共産党政権を批判する「禁書」を扱ってい…

  2. Featured Video Play Icon

    道理

    やっちまった〜! 原田環境相の「処理水の海洋放出しかない」発言を、小泉新環境相がさっそくお詫び

    小泉進次郎環境相兼原子力防災担当相は、就任後すぐに福島県を訪問…

  3. 道理

    欧州でコロナ陽性者急増! でも死者は全然増えていない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ヨー…

  4. 人権・民主主義

    崩れる軍事オプションの陰謀論! 現実を見よ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ミラ…

  5. 道理

    韓国検察の中に文在寅に反旗を翻す動きが現れる!

    韓国検察はチョ・グク氏の妻を在宅起訴した。娘の総長…

  6. 人権・民主主義

    「慰安婦は売春の一種」と述べた延世大学の柳教授の講座は停止扱いに! (朝香 豊)

    韓国の延世大学の柳錫春教授は、「売春は古い産業であり、多くの国…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 安全保障

    中国政府、湖北省出身者にチャーター帰国便を準備!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    北朝鮮の人権に声を上げろ! 国際人権団体が束になって文在寅を突き上げる!(朝香 …
  3. 人権・民主主義

    ブティジェッジも予備選で不正を使っていた! おぞましい米民主党の腐敗!(朝香 豊…
  4. 安全保障

    中共は明天集団を接収! 中国・香港は投資できる場所ではなくなった!(朝香 豊)
  5. 中国

    「エイズの責任をアメリカは取ったのか?」 中国外交部の異常な「反論」! (朝香 …
PAGE TOP