人権・民主主義

脱北女性が韓国当局者に強姦されている!(朝香 豊)


人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!

韓国国防省の情報当局者2人が、北朝鮮から逃げて来た女性を強姦していたようだ。

1人は中佐、もう1人は上士官で、中佐には1回、上士官には数十回強姦され、2回中絶させられている。

韓国国防省は、女性側の被害の訴えについてすでに調査し、軍の検察に関係書類などを送り、この2人にはすでに停職を命じている。

随分とひどい話に思われるが、恐ろしいことに今回の事例は氷山の一角かもしれない。

脱北した女性を支援している人権活動家によると、多くの脱北者は韓国に来る前に、すでに中国で性暴力を経験していて、北朝鮮を出てから1年以内に、何らかの形態の性奴隷にされていたとされる。

数千人にも及ぶ脱北女性が、中国の性産業で働かされているという。

韓国に逃れてきた女性の中にも、こういう経歴をすでに持っている女性が多い。

そのため、彼女たちは韓国に着いたときには、自分はすでに汚されていると考えがちなようだ。

セクハラ被害者を支援する「MeToo運動」が盛り上がった時に、人権活動家は脱北した女性たちに、同運動をどう思うかについて尋ねてみた。

すると、「何の役に立つのか」、「恥をさらすだけ」、「ただがまんすべき」といった答えが返ってきたという。

性暴力を受けても、犯人が罪に問われるべきとか、被害者は賠償を受けられるべきとかとは考えないようだ。

彼女たちが黙っている最大の理由は、生計を立てることを最優先しているからだという。

彼女たちは性暴力に対して鈍感にならないと、生き延びることすらできない現実があるということのようだ。

そしてそういう現実につけこむ輩が韓国の情報当局者の中に存在するということのようだ。

実に悲しい現実である。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!

これのネタ元のBBCの記事https://www.bbc.com/japanese/50682565
画像も同記事から
https://ichef.bbci.co.uk/news/1024/branded_japanese/A186/production/_105305314__104968620_gettyimages-88894960.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  2. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  3. 「優生思想で危険」だとNumber編集部に非難の声! いやいや、危険なのはむしろ…
  4. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  5. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム

関連記事

  1. 人権・民主主義

    民主派の「予備選」が「国家安全法」違反だって! 香港!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  2. 人権・民主主義

    韓国検察が文在寅に叛旗を翻す! チョ・グク法相の親族を逮捕へ! (朝香豊)

    韓国のソウル中央地検はチョ・グク法相をめぐる不透明な投資疑惑に…

  3. 人権・民主主義

    日韓のメディア系の労組って、こんなに仲いいのね! 共同宣言発表! (朝香 豊)

    韓国の全国言論労働組合(言論労組)と日本マスコミ文化情報労組会…

  4. 人権・民主主義

    中国、インターネット管理をさらに強化! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 安全保障

    露独の天然ガスパイプラインに暗雲! ロシア反体制指導者毒殺未遂で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ロシ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    進む日印豪の経済連携構想! 脱中国のサプライチェーン構築へ!(朝香 豊)
  2. 経済

    中国の外貨準備は危機的状況に 資金流出への規制をさらに強化
  3. 安全保障

    プーチン体制ピンチ! ウクライナ侵略失敗へ!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    中国で都市封鎖が拡大! 外出禁止も!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    ネットの大幅制限で、イランの閣僚の米資産凍結へ! 米は反政府デモを支持!(朝香 …
PAGE TOP