人権・民主主義

脱北女性が韓国当局者に強姦されている!(朝香 豊)


人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!

韓国国防省の情報当局者2人が、北朝鮮から逃げて来た女性を強姦していたようだ。

1人は中佐、もう1人は上士官で、中佐には1回、上士官には数十回強姦され、2回中絶させられている。

韓国国防省は、女性側の被害の訴えについてすでに調査し、軍の検察に関係書類などを送り、この2人にはすでに停職を命じている。

随分とひどい話に思われるが、恐ろしいことに今回の事例は氷山の一角かもしれない。

脱北した女性を支援している人権活動家によると、多くの脱北者は韓国に来る前に、すでに中国で性暴力を経験していて、北朝鮮を出てから1年以内に、何らかの形態の性奴隷にされていたとされる。

数千人にも及ぶ脱北女性が、中国の性産業で働かされているという。

韓国に逃れてきた女性の中にも、こういう経歴をすでに持っている女性が多い。

そのため、彼女たちは韓国に着いたときには、自分はすでに汚されていると考えがちなようだ。

セクハラ被害者を支援する「MeToo運動」が盛り上がった時に、人権活動家は脱北した女性たちに、同運動をどう思うかについて尋ねてみた。

すると、「何の役に立つのか」、「恥をさらすだけ」、「ただがまんすべき」といった答えが返ってきたという。

性暴力を受けても、犯人が罪に問われるべきとか、被害者は賠償を受けられるべきとかとは考えないようだ。

彼女たちが黙っている最大の理由は、生計を立てることを最優先しているからだという。

彼女たちは性暴力に対して鈍感にならないと、生き延びることすらできない現実があるということのようだ。

そしてそういう現実につけこむ輩が韓国の情報当局者の中に存在するということのようだ。

実に悲しい現実である。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!

これのネタ元のBBCの記事https://www.bbc.com/japanese/50682565
画像も同記事から
https://ichef.bbci.co.uk/news/1024/branded_japanese/A186/production/_105305314__104968620_gettyimages-88894960.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  2. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  3. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  4. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  5. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    米下院がルール変更! トランプ大統領には差別発言を容認!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!民主…

  2. 人権・民主主義

    韓国で与党大勝! 日本企業は韓国から撤退せよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!メル…

  3. 人権・民主主義

    愛知トリエンナーレで、大村知事が河村市長に激怒!(朝香 豊)

    国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」で、「表現の不自由展・その後…

  4. 人権・民主主義

    中国でスウェーデン国籍の桂民海氏に懲役10年の判決! 言論弾圧!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 人権・民主主義

    バイデン政権は誕生する! それでもこれからもトランプを応援しよう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アラ…

  6. 人権・民主主義

    台湾で香港を支持する5万人集会! 香港に自由を! (朝香 豊)

    雨の中開かれたにも関わらず、香港を支持する集会に5万人が参加し…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  2. 安全保障

    中国で都市封鎖が拡大! 外出禁止も!(朝香 豊)
  3. 未分類

    トランプなおリードとの調査結果発表! 強気で戦い、勝利を掴め!(朝香 豊)
  4. 韓国・北朝鮮

    チョ・グク氏の疑惑が高まる中で、逆に与党「ともに民主党」の支持率が上昇している
  5. 安全保障

    北のミサイル実験は問題ないと言い、北への宥和的姿勢を隠さなくなった韓国政府
PAGE TOP