安全保障

ミャンマーを憂慮するのは終わりだ! 日本政府は黒幕の中国を非難せよ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ミャンマーに関して、日本人には耳の痛い記事が産経新聞に掲載された。

産経新聞の森浩シンガポール支局長によると、東南アジアで日本企業はしばしばNATOと揶揄されてきたという。NATOとはもちろん「北大西洋条約機構」のことではなく、「ノー・アクション、トーク・オンリー」(行動せずに、話すだけ)の略だそうだ。頻繁に会議を開きながら、意思決定になかなか至らないことへのいらだちを表現した言葉である。

ビジネスにおけるこうしたあり方については、それが日本文化だと言って開き直ることもできるだろうし、それが必ずしも悪いということでもないとは思う。

だが、今回のミャンマー情勢についての日本政府の態度についてまでNATOだと揶揄されているのは全く感心できない。

すでにこのクーデターに対する抗議活動に参加したミャンマーの人たちの中から500人を超える犠牲者が出ている。民家に兵士が押し入って金品を略奪することが頻発し、銃撃で負傷した市民を生きたまま火の中に投げ入れるという所業まで報告されている中で、日本政府が「ノー・アクション、トーク・オンリー」であることを倫理的に許せないと思うミャンマー人が増えているのである。

アメリカのバイデン政権は、ミャンマー国軍系企業のMEHLとMECの2社とのアメリカ企業との取引を禁止し、米国資産を凍結した。この処置は一見ミャンマー国軍に対する制裁に見えながら、実質的にはミャンマー国軍を中国にさらに接近させることになる愚策だ。というより、それを実際狙って中国を利するようにしたというのが真相ではないだろうか。

日本はミャンマー国軍の後ろに中国がついていることを的確に示した上で、むしろ中国に対する制裁を自ら行い、また世界に向かって同様の制裁に参加するように呼びかけるべきではないのか。

空港では一切の国際便が遮断されたはずの中で、中国の昆明とミャンマーのヤンゴンの間では頻繁に飛行機が飛んで物資が運び込まれていることはすでに確認されている。物資の中身は確認されていないが、中国政府が言い訳に使った「海産物」だと信じるのはどうかしている。普通に考えて虐殺に利用されている武器が運び込まれていると見るべきで、この点で中国を明確に非難すべきである。少なくともその疑わしさを世界に訴えるべきである。

世界の先頭を切ってここで中国を批判すれば、東南アジア諸国が日本を見る目は間違いなく変わる。アメリカや欧州の日本を見る目も変えることになる。世界の対中包囲網を強化するのにも大いに役立つだろう。そしてそれは日本の安全保障にも大いに貢献することになる。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

special.sankei.comの記事
https://special.sankei.com/a/international/article/20210330/0001.html
www.nikkei.comの記事
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN25CE60V20C21A3000000/
nippon-saikou.comの記事
https://nippon-saikou.com/5794
web-willmagazine.comの記事
https://web-willmagazine.com/international/fj7wv
ミャンマーのクーデターに抵抗する市民の画像
https://variety.com/wp-content/uploads/2021/03/Myanmar-AP21087312895223-cr2.jpg?w=939

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  2. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  3. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  4. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  5. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    死んだネコに選挙権? 郵便投票は不正の温床! トランプ正しい!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  2. 安全保障

    接触距離とウイルスの毒性は反比例するかも!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アイ…

  3. 安全保障

    ヨーロッパは民主主義の立場で中国と対峙せよ! ポンペオ米国務長官!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  4. 安全保障

    日米台で安全保障に関するシンクタンクの会議を開催!(朝香 豊)

    アメリカのシンクタンク「プロジェクト2049研究所」が、「米日…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    「金正恩氏を愛する」と書かれている本を、文在寅大統領が推薦!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    中国共産党を国際犯罪組織に指定せよ! 米議会に法案提出!(朝香 豊)
  3. 中国

    「文革」が復活する中国! その一方で権力の分裂も進む!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    2022年まで断続的に都市封鎖が必要かも! ハーバード大学の研究結果!(朝香 豊…
  5. 外交

    コロナ騒動の中でも、ベネズエラに揺さぶりをかけるアメリカ! (朝香 豊)
PAGE TOP