人権・民主主義

湖北省住民と江西省警察が激突! 警察車両が横転させられる!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

3月25日に、武漢市を除く湖北省全域は封鎖が解除され、湖北省の住民は当局が発行した健康証明を提示すれば、他省に行ってもよいとされた。

だが、隣の江西省の側が、湖北省の住民が入ることには不安を感じるのは、自然な感情だともいえる。

湖北省は新型コロナウイルス感染の被害が最も激しかった地域であり、まだ完全に感染が収まったかどうかについて不安が残るからだ。

そこで江西省の警察は、揚子江にかかる橋を渡って江西省に入ろうとする湖北省の住民たちの入境を阻止することにした。

橋を渡ろうとする湖北省の住民たちとこれを支援する湖北省の警察がいる一方で、これを阻止しようとする江西省の警察がいて、両者がぶつかり合い、湖北省の住民が江西省の警察車両を何台も横転させる狼藉に出た。

この騒動に参加した湖北省の住民の数は不明だが、1万人くらいいたのではないかとの話もある。

感染を怖がらなくなって集団行動を始めると、中国の人たちがいかに暴力的になりうるのかという観点で見ると、非常に興味深い。

今後中国国内では、資金的な行き詰まりから、倒産・解雇が相次ぐことになるだろう。

この際に、中国政府が対応を誤ると、各地で暴動が発生しかねない。

中国政府の情報隠蔽に対する怒りを、当然人々は抱えており、自分たちの不遇は政府の対応が間違っていなければ起こっていないと考えるのは当たり前だからだ。

そういう意味で、非常に興味深い動画だ。(YouTubeの動画はこの下の方に貼ってあるので、ぜひ見てもらいたい。)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

YouTubeの動画

画像も同動画のサムネールから
https://i.ytimg.com/vi/b27T9jHMzb8/maxresdefault.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ソ連は欧州を解放した! 今なお時代錯誤な朝日新聞!(朝香 豊)
  2. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  3. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  4. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  5. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    海鮮市場は最初の感染源ではない! なんと中国の研究機関が発表!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 安全保障

    中国が武漢市に加えて新たに2市を封鎖! 武州肺炎の拡散は確実!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 道理

    コロナ陰謀説には広告を載せない! Googleの言論弾圧!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  4. 人権・民主主義

    中国で強まるクリスマス禁止令!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!習近…

  5. 安全保障

    ジョー・バイデンはハンターの仕事に関与している! SNSも腐っている!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ハン…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  2. 人権・民主主義

    「無観客開催はありえない」はYouTubeポリシー違反! 「正しさ」を決める力が…
  3. 経済

    韓国の現代自動車でも労使間の紛糾が発生!(朝香 豊)
  4. 経済

    中国財政省がドル建て債を60億ドル募集!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    チョ・グク法相は「南韓社会主義労働者同盟」の中核メンバーとして拘束されたことがあ…
PAGE TOP