人権・民主主義

湖北省住民と江西省警察が激突! 警察車両が横転させられる!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

3月25日に、武漢市を除く湖北省全域は封鎖が解除され、湖北省の住民は当局が発行した健康証明を提示すれば、他省に行ってもよいとされた。

だが、隣の江西省の側が、湖北省の住民が入ることには不安を感じるのは、自然な感情だともいえる。

湖北省は新型コロナウイルス感染の被害が最も激しかった地域であり、まだ完全に感染が収まったかどうかについて不安が残るからだ。

そこで江西省の警察は、揚子江にかかる橋を渡って江西省に入ろうとする湖北省の住民たちの入境を阻止することにした。

橋を渡ろうとする湖北省の住民たちとこれを支援する湖北省の警察がいる一方で、これを阻止しようとする江西省の警察がいて、両者がぶつかり合い、湖北省の住民が江西省の警察車両を何台も横転させる狼藉に出た。

この騒動に参加した湖北省の住民の数は不明だが、1万人くらいいたのではないかとの話もある。

感染を怖がらなくなって集団行動を始めると、中国の人たちがいかに暴力的になりうるのかという観点で見ると、非常に興味深い。

今後中国国内では、資金的な行き詰まりから、倒産・解雇が相次ぐことになるだろう。

この際に、中国政府が対応を誤ると、各地で暴動が発生しかねない。

中国政府の情報隠蔽に対する怒りを、当然人々は抱えており、自分たちの不遇は政府の対応が間違っていなければ起こっていないと考えるのは当たり前だからだ。

そういう意味で、非常に興味深い動画だ。(YouTubeの動画はこの下の方に貼ってあるので、ぜひ見てもらいたい。)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

YouTubeの動画

画像も同動画のサムネールから
https://i.ytimg.com/vi/b27T9jHMzb8/maxresdefault.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  2. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  3. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  4. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  5. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…

関連記事

  1. 道理

    コロナで中国に責任を負わせろ! 米で続々続く中国非難の声!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!自ら…

  2. 人権・民主主義

    反中的なアメリカ企業を中国市場から排除か? 「香港人権法」への対抗処置! (朝香 豊)

    中国共産党機関紙の環球時報が報じたところによると、「香港人権・…

  3. 外交

    習近平国家主席の国賓来日予定に変更なし! 菅官房長官!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!菅官…

  4. 安全保障

    WHOの奇妙な非常事態宣言! 日本は騙されるな!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!1月…

  5. 道理

    コロナ陰謀説には広告を載せない! Googleの言論弾圧!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Huawei のロゴ

アーカイブ

  1. 経済

    歪んだ「GoToイート」キャンペーン! 飲食店に負担!(朝香 豊)
  2. 経済

    今度はワインを標的! 進む中国のオーストラリアいじめ!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    香港で濡れ衣工作発覚! 拘束された若者のリュックに、警察がハンマーを仕込む!(朝…
  4. 中国

    中共体制の崩壊につながるか? 新型コロナウイルス!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    新型コロナウイルスに関する検閲は、既に12月に始まっていた! 中国!(朝香 豊)…
PAGE TOP