安全保障

アメリカと台湾を結ぶ海底ケーブルが承認される! 香港ルートはボツ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

米連邦通信委員会は、グーグルが申請していたアメリカと台湾を結ぶ海底ケーブルを承認した。

この件には、実に感慨深いものがある。

というのは、ロサンゼルスと香港を結ぶ海底光ファイバーネットワークの完成が間近になった段階で、米当局は国家安全保障上の理由から同プロジェクトについて懸念を表明し、これを認めなかったという経緯があるからだ。

アメリカは、中国との直接接続を安全保障上の問題から外し、代わりに台湾との直接接続を行って、両国関係を深める選択肢を選んだことになる。

今や幻となった香港ルート用に敷設されたケーブルを台湾ルートに流用することで、比較的短時間で敷設が完了することが見込まれるようだ。

なお、このプロジェクトには様々な条件も付与されている。

運営センターがアメリカ国内に置かれること、必要が生じた場合には24時間以内にグーグルがケーブルを通じての情報の行き来を切断できるようにすること、香港側との接続は認めないこと、グーグルが海底ケーブル敷設で中国側と作った合弁企業のPLCNには運営管理に関する権能を与えてはいけないこと、グーグルが条件を変更しようとする場合に米当局には拒否権を認めることなどだ。

こうした条件を見れば、アメリカがいかにこのケーブルを国家安全保障の観点から大切に扱っているかがわかるだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のTelecoms.comの記事
https://telecoms.com/503654/google-gets-greenlight-for-taiwan-cable-but-with-a-lot-of-conditions/

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  2. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  3. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  4. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  5. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    エストニアは5Gからファーウェイを排除へ! (朝香 豊)

    エストニアの国家サイバーセキュリティ政策代表は、アメリカからの…

  2. 中国

    武漢市長と習近平主席の異例の対立! 背景に権力闘争!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  3. 安全保障

    小規模な侵攻なら制裁は小さい? 実はバイデン政権の本音の可能性!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ロシ…

  4. 人権・民主主義

    英テスコ、中国工場の稼働を一時停止! 受刑者の強制労働の疑いで!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!イギリ…

  5. 中国

    武漢発新型肺炎の感染者はすでに10万人〜20万人か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    中国は湖北省以外でも医療崩壊!(朝香 豊)
  2. 経済

    習近平は世界経済も崩壊させる! 笑ってはいられない!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    習近平思想の学習が、中国中の宗教コミュニティで義務化へ!(朝香 豊)
  4. 経済

    アフリカ豚コレラのワクチン開発! 100%効果的!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    自衛隊の派遣を前向きに進めよ! アフガニスタン!(朝香 豊)
PAGE TOP