経済

10ー12月期のGDPはマイナス6.3%! 消費税増税で大きく落ち込む!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

昨年の10−12月期のGDPの速報値が発表され、前期と比べてマイナス1.6%、年率換算でマイナス6.3%の大幅な落ち込みとなった。

この数字は衝撃かもしれないが、実質はこの数字よりもはるかに悪いと考えるべきだ。

報道では、個人消費がマイナス2.9%(年率換算ではマイナス11.0%)とされているが、これはあまり正確ではない。

このマイナス2.9%というのは、民間の非営利団体の消費額も含んだものとなっていて、個人だけの話ではないからだ。

細かい説明は省くが、実質的な個人消費は「家計最終消費支出(除く持ち家の帰属家賃)」で見たほうが現実的で、こちらだとマイナス3.7%(年率換算でマイナス13.9%)にもなる。

非常に大きな落ち込みになっていることがわかる。

この大きな落ち込みは、消費税増税による駆け込み需要の反動だと解説されているが、今回の消費税増税前には駆け込み需要はほとんど発生していなかったことを忘れるべきではない。(これはGDP統計からも明らかなのだが、この説明も面倒くさいことになるので、省略する。)

民間企業の設備投資もマイナス3.7%(年率換算でマイナス14.1%)と大きく落ち込んでいる。

年率換算で見た場合に、実質の個人消費がマイナス13.9%、民間企業の設備投資がマイナス14.1%となっているのが、いかに経済的に見てまずい状態であるかがわかるだろう。

これでどうして全体で見た場合に年率マイナス6.3%の落ち込みにとどまっているのか、不思議だろうが、実は輸入が年率換算で10.1%も減少していることが大きく関係している。

外国から輸入するものが減ると、それは外国への支払いも減ることになるので、それは我が国にとってはプラスということになる。

それで、輸入額の減少はGDPの計算上はプラスに貢献する要素として扱われる。

もちろん、輸入に頼っていたものが日本国内で作られるようになった結果として、輸入が減っているのであれば、それは喜ばしいことだろう。

これであれば輸入額の減少がGDPに貢献しているというイメージは持ちやすい。

だが、景気が悪化した結果として、国内で消費するものが減り、その結果として輸入が大きく減ったというのは、決して手放しで喜べる話ではない。

そして今回の輸入の大幅減少というのは、日本の景気の大きなブレーキと関わっているものなのだ。

こうして見た場合に、日本の経済が消費税増税を契機としていかに大きな落ち込みをしているのかがわかるだろう。

表面的にはマイナス6.3%ということになっているが、民間経済を見ると、実質的にはマイナス10%を超える大きな落ち込みを見せたということを、見落とさないようにしたい。

なお、政府支出などの公的支出が年率換算で1.7%程度伸びていて、これも景気を下支えする効果を示していることも、付け加えておく。

大型予算を組んで、民間需要が大きく減退しているのを強く下支えしないと、中国経済の落ち込みなどと相まって、日本経済に壊滅的な打撃があることを見失うべきではないだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の日経新聞の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/02/51769.html
画像も同記事
https://article-image-ix.nikkei.com/https%3A%2F%2Fimgix-proxy.n8s.jp%2FDSXMZO5570720017022020I00001-PN1-5.jpg?auto=format%2Ccompress&ch=Width%2CDPR&fit=max&ixlib=java-1.2.0&s=d8ad390fc9bce4eb9e3255c6e02713e7

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  2. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  3. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  4. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  5. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)

関連記事

  1. 経済

    トランプの4年間はバイデンの50年間に勝る! 黒人活動家が共和党大会で演説!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!現在…

  2. 安全保障

    独メルケル党で分裂表面化! 党首が辞任表明!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ドイ…

  3. 経済

    中国洪水被害は意外と軽微! 中国メディアが報道!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

  4. 安全保障

    中国、「6G」の研究開発に着手! 日米連合も負けるな!(朝香 豊)

    中国が次々世代通信技術「6G」技術の研究開発を正式に開始した。…

  5. 経済

    インテルが韓国などの半導体メーカーを駆逐するか? (朝香 豊)

    インテルは、一旦手放したメモリー開発を再び始め、新たにDCPM…

  6. 安全保障

    中国からの国内回帰の補助金は競争率11倍! 選別せずに全部戻せよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 経済

    HSBC銀行に「国家安全法」への支持を脅す! 中国政府!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    アメリカは「戦時国債」発行か? アメリカの覚悟に日本も見習え!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    中国系アメリカ人教授が脱税で摘発される! 中国の「千人計画」に関与!(朝香 豊)…
  4. 安全保障

    だんだん見えてきた不正選挙の闇! ドミニオン社の背景!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    中国で拘束された商社マンに、懲役3年の実刑判決!(朝香 豊)
PAGE TOP