安全保障

大和堆で中国漁船の操業増加! 日本漁船が締め出される!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

日本海側の好漁場として知られる大和堆で中国漁船の違法操業が増えている。

北朝鮮による違法操業が昨年までは目立っていたが、今年は北朝鮮の漁船は姿を見せなくなった。

理由はよくわからないが、漁船に使う灯油がなくなったせいかもしれない。

ところが北朝鮮船に代わって急増しているのが中国漁船であり、今年に入って9月末までに同海域にやってきた中国漁船の数は2586隻にのぼる。

しかも中国船は200トンクラスの多い日本漁船よりはるかに大型で、1000トン級の漁船がやってきて大量に持って帰る事態が発生している。

大和堆は我が国のEEZ内にあるが、水産庁や海上保安庁の取締りが十分にできないため、日本漁船の安全を確保するために、同海域での出漁を見送らせる処置に出ているという情けない現実が明らかになった。

尖閣諸島防衛で手一杯で大和堆の海域を守ることのできない日本の手薄さを突いてきているのは間違いないところだろう。

日本の水産庁や海上保安庁の船は放水程度しか対抗処置を取らず、不法侵入を行う外国漁船には大きな脅威とはなっていない。

こうした点は抜本的に考え直すべきではないだろうか。

無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の日経新聞の記事
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO65060880V11C20A0QM8000/
日経新聞の記事からの引用画像(大和堆での外国漁船による違法操業)
https://article-image-ix.nikkei.com/https%3A%2F%2Fimgix-proxy.n8s.jp%2FDSKKZO6494672013102020QM8000-PN1-2.jpg?auto=format%2Ccompress&ch=Width%2CDPR&fit=max&ixlib=java-1.2.0&s=e0c3c903de5a165022db9b744a23dd67
日経新聞の記事からの引用画像(放水する水産庁の船)
https://article-image-ix.nikkei.com/https%3A%2F%2Fimgix-proxy.n8s.jp%2FDSKKZO6506090015102020QM8000-PN1-2.jpg?auto=format%2Ccompress&ch=Width%2CDPR&fit=max&ixlib=java-1.2.0&s=013576a53bd478629436ad94f41f5a5d
YouTubeのサムネイルからの引用画像(大和堆で中国船が急増)
https://i.ytimg.com/vi/BZZQ71rlNn0/maxresdefault.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  2. TSMCの日本投資は大きなチャンス! 反対論者は日台離反工作に乗せられていないか…
  3. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  4. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  5. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも

関連記事

  1. 経済

    マネロン疑惑でアメリカがドイツ銀行への調査拡大!(朝香 豊)

    人気ブログランキングデンマークのダンスケ銀行の2000億ユ…

  2. 安全保障

    難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

  3. 外交

    トランプ大統領、対中融和姿勢から一転強硬姿勢へ! (朝香 豊)

    強硬派のボルトン大統領補佐官解任後に融和姿勢を見せていたトラン…

  4. 安全保障

    やはり毒は盛られていた! ロシア反体制指導者ナワリヌイ氏!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  5. 安全保障

    パキスタンのインフラ投資で水増し請求発覚! 中国企業!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    中国を甘く見ていた時代は終わった! オブライエン米大統領補佐官!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    民主党に都合の悪い言論を取締り? Twitterの怪しい動き!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    保守派を潰すための字幕操作! 韓国のテレビ局!(朝香 豊)
  4. 中国

    北京などで強風に煽られ大火事! 中共政府は呪われている?(朝香 豊)
  5. 経済

    中国の不思議な不動産統計! 政府部内で混乱が生じている? (朝香 豊)
PAGE TOP