人権・民主主義

ハンター・バイデンの新たな疑惑発覚! 中国絡みの巨大マネー!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ハンター・バイデンについての新たな疑惑について、またしてもニューヨーク・ポストが報じている。

国際ビジネスのコンサルティング会社のJ2cRのギラー氏がハンターに送ったメールが暴露されたのである。

このメールには、ハンターが中国のエネルギー企業であるCEFC(中国華信能源)と新規で設立する企業の役員(会長か副会長)となり、会社の全株式の20%がハンターのものになることが記されていた。

別のメール(これはハンター自身が送ったもの)には、CEFCの会長の叶简明(Ye Jianming)氏との契約内容が含まれていた。

これによると、先の新規企業には持株会社「ハドソン・ウェスト」が別に設立され、この持株会社の所有権の半分がハンターのものとなり、この役員報酬として年間1000万ドル(10億円)以上がバイデンのものとなることが見込まれていた。

これはハンターが叶简明とマイアミで会った後に、ハンター側の利益がもっと大きくなるように中国側が配慮したものであった。

このことをハンターは”much more interesting to me and my family“(私だけでなくバイデン一家にとってはるかに興味深い)と記して、ハンター個人の利益だけではないことを示している。

上院のジョンソン議員とグラスリー議員が中心となって先月公表したバイデンの海外商取引に関する報告書の中には、「ハドソン・ウェストIII」という会社が2017年9月にバイデン一家用にクレジットカードの発行枠を開設したことが記されている。

そして、ハンターだけでなく、叔父のジェームズ・バイデンやその妻のサラ・バイデンがこの発行枠でクレジットカードを発行し、10万ドル(1000万円)を超える利用があり、航空券、アップルストア、薬局、ホテル、レストランなどの利用記録が確認されている。

さて、このニューヨーク・ポストの報道がもたらす影響は実に絶大だ。

このメールが書かれたパソコンはとっくの昔にFBIの手に渡っていたものだが、FBIはこの重大な事件についての捜査を行った形跡はない。

つまり、FBI内部でこのバイデン疑惑に関する捜査が握りつぶされていたと考えられるわけだ。

さらに、ジョンソン議員とグラスリー議員が中心となって公表した報告書は、「特段新しいことは何も書かれていない」などとして、リベラル派マスコミによって黙殺された。

だが、その黙殺された中身にはこれだけの重大な内容が含まれており、しかもお金の動きはアメリカ財務省の確認がすでになされているものでもあるのだ。

つまりFBI内部に巣食うリベラル派やマスコミ界に君臨するリベラル派が、社会的に求められるその責任を果たさず、自分たちが支持したい政治的立場にとって有利か不利かによって対応を全く変えていたことがさらされたことになる。

民主党は大統領候補として名乗りを上げる以前から疑惑のデパートとして知られていたバイデンを民主党の大統領候補に平然と擁立し、その疑惑を完全否定してきたが、ここまで事実がさらされるともはや解党の危機を迎えることになるだろう。

そして恐らくこの後には、ヒラリー・クリントンに絡む疑惑でも爆弾が炸裂し、かつてヒラリーの罪を問わずに放免にしたFBIの捜査の大きな歪みも表沙汰になるのであろう。

そしてそれがオバマにも波及するのは間違いないであろう。

今回のオクトーバー・サプライズはこれまでとは桁外れに規模が違うものとなりそうだ。
 
 

無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のニューヨーク・ポストの記事
https://nypost.com/2020/10/15/emails-reveal-how-hunter-biden-tried-to-cash-in-big-with-chinese-firm/
ニューヨーク・ポストの記事からの引用画像(ハンター・バイデン)
https://nypost.com/wp-content/uploads/sites/2/2020/10/Hunter-BIden-Money-Emails-Feature.jpg?quality=90&strip=all&w=978&h=652&crop=1
ニューヨーク・ポストの記事からの引用画像(much more interesting to me and my family)
https://nypost.com/wp-content/uploads/sites/2/2020/10/Biden-LUCRATIVE-ARRANGEMENT.jpg?quality=90&strip=all

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  2. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)
  3. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  4. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  5. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…

関連記事

  1. 安全保障

    12月の段階で、中国政府は新型コロナウイルスがSARS系だと知っていた!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. Featured Video Play Icon
  3. 中国

    吉林省でも新型肺炎の流行再発! 舒蘭市で強力な都市封鎖!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!黒龍…

  4. 安全保障

    核軍縮条約への参加を、中国は拒否! 中国の本質がより明確に!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメリカ…

  5. 人権・民主主義

    中国で拘束された商社マンに、懲役3年の実刑判決!(朝香 豊)

    中国当局に拘束されていた伊藤忠商事の40代の日本人男性社員に対…

  6. 人権・民主主義

    武漢の病院の様子を撮影! 遺体がどんどん運び出される!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    高まるタイの反政府運動! 王室の危機!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    中国で開催された「世界弁護士大会」に、人権派弁護士の参加が禁止される!(朝香 豊…
  3. 安全保障

    新型肺炎患者はいないはずの北朝鮮で、なぜか休校命令!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    新型コロナウイルス はやはり人為か? ケンブリッジ大学の論文集に掲載!(朝香 豊…
  5. 経済

    サウジ増産で石油価格暴落! 米露への圧力か!(朝香 豊)
PAGE TOP