安全保障

ツイッターの闇を暴くきっかけに! ビットコイン詐欺事件!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ツイッターで大規模なハッキングが起こり、イーロン・マスク、ビル・ゲイツ、バラク・オバマ、カニエ・ウェストなどの有名人になりすまして、ビットコインの口座にお金を振り込ませる詐欺事件が発生した。

「今振り込んだら、振り込んだ金額の2倍にして返してやるよ。ただし30分間限定ね。」というツイートを行い、指定された口座に振り込ませるというものだ。

イーロン・マスクのツイッターのなりすまし投稿

ツイッター社の社員のアカウントが乗っ取られて、ハッカーがツイッターの内部システムへのアクセスができるようになり、そこからユーザー管理パネルに入り込んだ。

そこで様々な有名人のアカウントに入り込み、ビットコイン詐欺を働いたわけだ。

ところで、このビットコイン詐欺は思わぬ副産物も生んだ。

「ユーザー管理パネル」と思われる画像が流出し、その中には”Trends Blacklist”とか”Search Blacklist”といった表記が書かれているのである。

これらが実際には何を意味するのかはわからないが、素直に理解すれば、特定のユーザーをブラックリストに入れて、トレンド入りしないようにするとか、検索してもひっかからないようにするようにしているのではないかとの疑いが浮上したわけだ。

ツイッター社はもともとそういうことをやっているんだろうという疑いの目を向けられながら、そういう事実はないととずっと否定し続けてきた。

今回の一件は、この疑惑が実際そうだったということが暴露されたという可能性も高いわけだ。

ここは曖昧にしないで捜査を進めてもらいたいものだ。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のTelecoms.comの記事
https://telecoms.com/505597/massive-twitter-hack-reveals-evidence-of-shadow-banning-tools/
同記事からの引用画像(ユーザー管理パネル)
https://telecoms.com/wp-content/blogs.dir/1/files/2020/07/vice-twitter-control-panel.jpg
Pixabayからの引用画像(ツイッター)
https://pixabay.com/ja/illustrations/スマート-フォン-twitter-586944/
The Criticからの引用画像(イーロン・マスクのなりすまし投稿)
https://standfirst-thecriticmag-production.imgix.net/uploads/2020/07/elon_musk_twitter_hacked.png?auto=compress,format&crop=faces,entropy,edges&fit=crop&w=1024&h=413

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  2. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  3. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  4. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  5. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…

関連記事

  1. 道理

    ウクライナ元検察トップがバイデン 疑惑を語る!(朝香 豊)

    ウクライナ元検察トップがNHKのインタビューに答え、バイデン …

  2. 安全保障

    新型コロナウイルス はやはり人為か? ケンブリッジ大学の論文集に掲載!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ロン…

  3. 道理

    東京オリンピックでの旭日旗の使用は、個別事案ごとに判断するだって? 明らかに一歩後退だ!

    東京オリンピックでの旭日旗の使用禁止を韓国政府が要求しているこ…

  4. 道理

    中国の武漢で原因不明の肺炎! 27人発症確認!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 道理

    出資は日本、建設は中国はおかしい! 進次郎、これは正論!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!小泉…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    香港民主活動家の黄之鋒氏が、米議会内の公聴会で「香港人権・民主法案」の制定を促す…
  2. 安全保障

    英はファーウェイ5G参入を見直しか? コロナ情報隠蔽で!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    北京に入ると14日の強制隔離処置! 日本政府、この現実を直視せよ!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    ロシアも武漢からの国民の退避を中国政府と相談! 日本はまだ?(朝香 豊)
  5. 安全保障

    習近平がWHOに口止めを要請! ドイツ諜報機関が暴露!(朝香 豊)
PAGE TOP