人権・民主主義

3万のトランプ票が削除、1.2万票がバイデンへ! ジョージア州で発覚!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ジョージア州議会の司法小委員会の公聴会で、3万票以上のトランプ票が削除され、それとは別に1万2000票のトランプ票がバイデン票にすげ替えられたことを、3人のデータサイエンティストが証言した。

このうちの一人のジャスティン・ミレイ氏は米海軍で9年半にわたり電子戦の技術者として勤務した経験があり、国家テロ対策センターのデータアナリスト兼プログラマーとして、CIAの業務に携わっていたこともある。

ミレイ氏は、ジョージアの選挙で不正があったことはデータで示すことができ、ジョージア州の人たちの投票意思は(ラフェンスパーガー)州務長官が認証したものには反映されていないと述べた。

彼らのデータによると、ドウアティ郡の17650票、ドッヂ郡の7008票、プットナム郡の5935票を含む、少なくとも30593票のトランプ票が削除されたことがわかる。

こうした削除は郡レベルの投票を1つずつ見ていかないとわからず、州レベルで合算してしまうと他の郡でトランプ票が増えているために気づきにくいものとなっている。

選挙は開票が進めば一方的に増えていくしかないのだから、開票がどこまで進んでも票が削られることが発生するのはおかしいということを明確にしたいと、ミレイ氏は述べた。

これとは別に12173票のトランプ票がバイデン票にすり替わったことが明らかにされた。

開票日の現地時刻の9時11分に、トランプ側は29391票増え、バイデン側は17218票増えた。ところがこのデータが更新された時にこの両者の票が入れ替わり、バイデン側に29391票、トランプ側に17218票という形に変更された。つまりこの1回の入れ替えで、29391票ー17218票で計算される12173票が、トランプ側とバイデン側で入れ替わったことになる。この入れ替えで12173票差でトランプが勝っていたはずが、12173票差でトランプが負けたことになるわけだから、この入れ替えでトランプが損した票数は12173票☓2の24346票ということになる。

ジョージア州は12670票差でバイデンが勝ったことになっているが、この1回の入れ替えさえ起きなければ、トランプが勝っていることになるわけだ。

もちろん、トランプ票の一方的削減がなくても、トランプが勝っていることになる。

「我々が検証している分析は純粋に科学的なものであり、何らの政治的な関係にも基づいていない」と、データサイエンティストの一人であるローブ氏は述べた。

ここまでバレちゃったんだから、ラフェンスパーガー州務長官は観念すればいいのに、トランプ大統領との電話でも頑なな姿勢を崩さなかった。

なお、ラフェンスパーガー州務長官はトランプ大統領との通話内容を録音してワシントン・ポスト紙に渡したことで、トランプ大統領から訴えられている。

ますます面白い展開になってきた。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.theepochtimes.comの記事
https://www.theepochtimes.com/georgia-election-data-shows-17650-votes-switched-from-trump-to-biden-data-scientists_3640670.html
消えたトランプ票の画像
https://img.theepochtimes.com/assets/uploads/2021/01/02/Trump-votes-decrements.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 橋本聖子や山下泰裕の派遣でお茶を濁すようなことをするな! 北京オリンピックでの対…
  2. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  3. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  4. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  5. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)

関連記事

  1. 道理

    自民党の重鎮の山﨑拓が辻元清美の応援演説! 断じて許してはならない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!自民…

  2. 人権・民主主義

    香港区議選挙、民主派圧勝! 議席の2/3超え!(朝香 豊)

    香港の区議会議員選挙は、政府に批判的な立場の民主派がすべての議…

  3. 人権・民主主義

    米共和党の重鎮が相次ぎ、中国建国70周年に批判的声明!(朝香 豊)

    米共和党上院議員のトップ(院内総務)であるミッチ・マコーネル氏…

  4. 人権・民主主義

    蔡英文圧勝を中国メディアが酷評! 「汚い小細工」だって(笑)(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  5. 道理

    キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも

    香港のキャリー・ラム行政長官が意味深な発言。発表し…

  6. 経済

    新型コロナ対策で、きめ細かいイギリスの処置! 日本も見習え!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 未分類

    コロナ給付金支払いの日韓差! ちょっと悔しい!(朝香 豊)
  2. Featured Video Play Icon

    道理

    やっちまった〜! 原田環境相の「処理水の海洋放出しかない」発言を、小泉新環境相が…
  3. 道理

    男系継承の重みを踏まえる! 菅総理明言!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    ウイルスのゲノム配列を解析・公開した中国の研究所が、閉鎖されていた!(朝香 豊)…
  5. 中国

    中国の若者が貧困で病死! 「脱貧困」達成宣言の習近平に逆風に!(朝香 豊)
PAGE TOP