人権・民主主義

宗教上の説法を聞いたら7年以上の懲役刑! あまりに過酷なウイグルの人権侵害!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ウイグルでまたまたひどい事件が明らかになった。

新疆ウイグル自治区の裁判所が、ある家族の5人のイスラム教徒ウイグル人女性に対して「違法な」宗教活動を行なったとして、2019年に7年から20年の長期懲役刑を言い渡していたことがわかったのだ。

ここで言う「違法な」宗教活動とは、「違法な宗教上の説法を行う場を提供し、その説法を聞いた」ことで「公共の秩序を乱し、民族的な憎悪を高めた」というものである。これのどこが7年から20年の長期懲役刑に相当するのか、全く理解不能である。

理解不能なのは、こうした裁判結果が出る中国の裁判所ばかりではない。

こうしたことが数多くあることがわかっているのに、未だにウイグルの人権状況の「調査」が必要だとして、とてつもない人権侵害が行われていることを認めないのが我が日本の親中派議員たちである。彼らもまた理解不能である。

我が日本の国会では、「中国の人権侵害を非難する決議案」から「中国」という言葉も、「人権侵害」という言葉も、「非難」という言葉も削られた。ここまで来るとギャグではないかとさえ思えてくる。

そしてこうした中国への「配慮」を見せることが「大人」の対応だとされているのである。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

米製の遺伝子機器がウイグルに持ち込まれている! コンプライアンスが成り立たない中国相手の商売はもう認められない!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6363

ウイグルでの工場を閉鎖し、ウイグル人の人権を守れ! フォルクスワーゲンに人権団体から圧力!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6168

ウイグルでのジェノサイドの実態! オーストラリア戦略政策研究所が公表!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6162

想像を絶するモスクの大量破壊! 新疆ウイグル自治区!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/4861

ラジオ・フリー・アジアの記事
https://www.rfa.org/english/news/uyghur/five-women-01212022165157.html
Release My Familyの画像
https://www.rfa.org/english/news/uyghur/five-women-01212022165157.html/@@images/image

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  2. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  3. 「優生思想で危険」だとNumber編集部に非難の声! いやいや、危険なのはむしろ…
  4. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  5. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…

関連記事

  1. 安全保障

    中国の投資会社の株式を未だに保有! ハンター・バイデン!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!バイ…

  2. 人権・民主主義

    反体制派の許章潤教授が行方不明に! 中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 安全保障

    中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

  4. 人権・民主主義

    武漢で医療スタッフが約500人感染! 証拠写真!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  5. 経済

    額式体温計の半分が偽物! 中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    イラン、ついに撃墜を認める! ウクライナ機!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    オリンピック組織委員会参与の夏野剛氏の「アホな国民感情」発言が問題視される! 真…
  3. 経済

    韓国の現代自動車でも労使間の紛糾が発生!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    韓国軍はファーウェイなどのリスクを把握しながら使用していた!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    新型コロナで飢餓人口が倍増へ! 「世界食糧計画」が警告!(朝香 豊)
PAGE TOP