経済

EUなど32カ国が中国への特恵関税を廃止! 中国経済への打撃は必至!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

EU、イギリス、カナダなどの32カ国が、中国を開発途上国と認めて付与していた一般特恵関税制度を12月から廃止することになった。

特恵関税とは、開発途上国の経済成長を支援するために特別に関税を引き下げたりゼロにするというものだ。製品ごとによって関税は色々と違うわけだが、中国の場合には平均的には6%ほどの特恵関税の優遇を受けてきたとされる。

中国への一般特恵関税の廃止は、すでにロシア、カザフスタン、ジョージアが10月から始めている。この動きにEU、イギリス、カナダなども乗ったという形になる。

これで今なお中国に一般特恵関税を認めている国はノルウェー、ニュージーランド、オーストラリアだけとなった。中国との関係から見て、これら3カ国にしてもいつまで認めるかはわからない。

これにより中国の製造拠点を置き続けるメリットはさらに小さくなったと言える。低賃金に依拠する労働集約型の産業は海外移転を余儀なくされる動きになるだろう。

中国では国家による民間経済への干渉がどんどん強まっており、さらに電力不足による操業規制も行われている。民間ビジネスが極めてやりにくい国に変貌してきた。ここにEUなどによるこの一般特恵関税制度の廃止が追加されれば、中国への経済的な打撃はさらに大きなものになるはずだ。

 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

科学情報の窃盗のほとんどに中国共産党が関与! フランスで報告書!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6982

米企業のファーウェイへの技術・製品輸出を認める! 改めて示したバイデン政権の親中ぶり!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6952

習近平は世界経済も崩壊させる! 笑ってはいられない!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6918


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

japanese.joins.comの記事
https://japanese.joins.com/JArticle/284470
寧波舟山港のコンテナの画像
https://images.wsj.net/im-387846?width=860&height=573

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  2. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  3. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  4. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  5. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    マスコミは本質を報道せよ! 技能実習制度の問題点は何か? (平野 正幸)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

  2. 人権・民主主義

    中国の大学憲章から「思想の自由」が消える! 学生が抵抗!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!上海の復…

  3. 経済

    中国の1〜2月の輸出は、前年比17%減! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 安全保障

    アップルに入り込んでいた中国人スパイ、ミサイルの機密書類も所持発覚!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!アップ…

  5. 人権・民主主義

    WHO内にも台湾を肯定的に高く評価する声が登場! 変わる力関係!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!WH…

  6. 安全保障

    おっとビックリ! 尖閣列島に米軍基地構想!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!マッ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    香港人権法案、米上院が全会一致で可決!(朝香 豊)
  2. 未分類

    反論は大歓迎! ただし私の疑問に真摯に答える姿勢を求む!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    イタリアが脱中国の動きに転換した模様!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    TikTokの過去の買収案件の見直しを、マルコ・ルビオ上院議員が呼びかけ!(朝香…
  5. 人権・民主主義

    究極の逆転劇(修正版)! トランプ勝利への道2!(朝香 豊)
PAGE TOP