安全保障

イラン革命防衛隊が全責任を認める! ウクライナ機撃墜で!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

イラン革命防衛隊の航空部隊のハジザデ司令官は、ウクライナ機の撃墜について、全面的に革命防衛隊に責任があると認めた。

ウクライナ機を巡航ミサイルと誤認し、短距離ミサイルで撃墜したという。

やはり、革命防衛隊の一部が動いたものだった。

本当に「誤認」かどうかは怪しいが、そう言わざるをえないのだろう。

この事件をきっかけに、イラン国内での政治力学が大きく変わりそうだ。

革命防衛隊の力は弱まらざるをえず、コッヅ部隊への資金の流れは大いに削がれることになるだろう。

ハメネイ体制への国内からの批判も強まることになり、これをこれまでのように強権で押さえつけることもやりにくくなったはずだ。

イランは明らかに方向転換を迫られることになりそうだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元となる産経新聞の記事
https://www.sankei.com/world/news/200111/wor2001110045-n1.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  2. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  3. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  4. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  5. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう

関連記事

  1. 安全保障

    米司法省、スパイ容疑で元中国人を逮捕!(朝香 豊)

    米司法省は、中国政府に米国家機密情報を渡した疑いで、中国出身で…

  2. 道理

    中国で新たなペスト確認! ネットの投稿は強制削除!(朝香 豊)

    中国の内モンゴル自治区は新たなペスト感染を確認したと発表した。…

  3. 安全保障

    マサチューセッツ工科大学、中国AI企業との協業を見直しへ!(朝香 豊)

    マサチューセッツ工科大学は商務省のエンティティリスト(ブラック…

  4. 安全保障

    文政権の説明破綻! 問題の咸朴島の帰属を巡って (朝香 豊)

    仁川空港から西にわずか45キロしか行っていないところに咸朴島と…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    米政府、ファーウェイへの締め付け強化へ! 日本の政府・財界は、この動きを見逃すな…
  2. 安全保障

    ステルス戦闘機F35A 国内組み立て継続へ! 当たり前だろ!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    恐らく、北朝鮮でも新型コロナウイルスが拡散!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    デンマークから中国への支援物資提供に、中国ネット民は「断固拒否」!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    香港でウイグル人に声援を送る集会! 東トリキスタンの旗も振られる! (朝香 豊)…
PAGE TOP