安全保障

アメリカ保守派が中国に対して20兆ドルの損害賠償を請求! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

新型コロナウイルスの感染拡大の件で、中国を訴える訴訟がアメリカで広がってきた。

アメリカの保守派のクレイマン弁護士と、彼が関わる保守派団体の「ジャジカル・ウォッチ」などが、中国政府、中国人民解放軍、武漢ウイルス研究所などを相手取り、総額20兆ドル以上の賠償を求める訴訟を、テキサス州の連邦裁判所に新たに起こしたのだ。

今回の訴訟の特徴は、今回の新型コロナウイルスが人工的な生物兵器だというのを前提としているところだ。

訴訟の内容は、ざっとこんな感じだ。

武漢市にある生物兵器研究施設は、国際法的にも不法な存在だが、ここから新型コロナウイルスが漏洩した。

この漏洩は中国政府による意図的なものではなさそうではあるが、そうだとしても、研究施設の中にウイルスを保管している目的は、アメリカ人をはじめとした、中国が敵国だと認定した国の人たちを殺すことであり、許されるものではない。

新型コロナウイルスは、人から人へと感染する中で変異するように設計され、急速に感染が広がる性質を持ち、ワクチンも治療法も未確立な上に、致死率はインフルエンザの10倍ほどにもなる極めて攻撃的で危険なものである。

大量の人を殺戮するのに極めて「有効」だというとんでもない生物兵器であり、中国が開発したものだ。

アメリカの納税者が中国政府によって引き起こされた途方もない被害の代償を払わなければならないとの理由はなく、中国政府に対して少なくとも20兆ドルの損害賠償を求める。

こうした動きが出てきたことから、アメリカの保守派の中では、今回のウイルスが中国発の生物兵器だとする認識が一般化してきていることが推察できる。

他方、中国の武漢においても、アメリカ政府を訴える訴訟が起こされた。

これはアメリカで今年流行したインフルエンザが、本当は新型コロナウイルスによるものだったにも関わらず、アメリカ政府はこれが未知の肺炎ウイルスであったことを隠ぺいして、公衆衛生情報を偽ったのだとしている。

また、トランプ大統領が使う「中国ウイルス」という言い方が名誉毀損に当たるとしているものだ。

さて、「アメリカの今年のインフル=新型コロナウイルス」説は、かなり広く行き渡っていて、私の過去の記事にも、この説を書き込む人がかなり多くいた。

その説は今回の中国の動きと考え方が同じものだ。

この点からすると、この説は中国のプロパガンダにまんまと乗せられたものなのかもしれないと、疑ってみることも必要ではないかと思う。

ちなみに、今年のアメリカのインフルエンザの死者数は例年並みで、今年が特に多いというわけでもなかったというのは、前提として押さえておきたいところだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のLaw and Crimeの記事
https://lawandcrime.com/lawsuit/larry-klayman-files-20-trillion-dollar-lawsuit-against-china-for-creation-and-release-of-covid-19/n_cid=NMAIL007_20200322_K
画像も同記事から
https://am23.mediaite.com/lc/cnt/uploads/2019/07/Larry-Klayman-via-Allison-Shelley_Getty-Images.jpg
ネタ元の大紀元時報
https://www.epochtimes.jp/p/2020/03/53527.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  2. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  3. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  4. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  5. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    シンガポールの感染者数が多い理由を知ろう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!シン…

  2. 経済

    新型コロナ対策で、きめ細かいイギリスの処置! 日本も見習え!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

  3. 安全保障

    新型コロナ対策が遅い! 批判されるトランプ大統領!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  4. 道理

    光化門広場と道路を無許可で占拠し、親北の元老の葬儀を強行!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!親北…

  5. 安全保障

    衝撃のボルトン補佐官の解任! トランプはどこへ?

    トランプ大統領は、ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    新型コロナウイルスの対応を、現実に即した運営に変えよう!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    帰国者からの単純計算では、武漢全体の感染者数は16万超えになる!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    ありえない、検察庁法改正案の見送り! リベラル派の大陰謀!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    新型コロナウイルスの専門家会議! 対応がのろすぎる!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    中国刑務所からのSOSのクリスマスカード! 書いた本人名乗り出る!(朝香 豊)
PAGE TOP