安全保障

未だに国防費1%枠にこだわる公明党! 自民党はより強力なグリップを発揮せよ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

公明党の山口那津男代表は防衛費をGDP比1%から2%に拡大するとの自民党の方針に、改めて「おおむね1%程度という枠は保った方がいい」と主張した。1%を超えることは認めるが、大きく超えることには反対だということのようだ。

自民党は18歳以下ひとり10万円の給付金について、公明党に大幅に譲歩する姿勢を見せているが、これとの取引材料として何を求めたのか。

防衛予算の大幅増額とか憲法改正への賛同を担保しないで行っているという愚かなことはないだろうと思いたいのだが、実際はどうなのだろう。

従来の姿勢から一気に変えることは難しいので、口先だけは反対姿勢を貫いているというのであれば理解できるが、まさかだがこの点での取引に行わずに自民党は10万円の給付金で公明党案に大きく妥協したのだろうか。仮にそうであるなら、岸田陣営の公明党対策はあまりにもひどいと言わざるをえない。

今回の選挙で自民党は「比例は公明党へ」というキャンペーンを張り、公明党の議席増にも大きく貢献したのではなかったか。

岸田総理と茂木幹事長の責任は極めて重大であろう。

今後、憲法改正などで維新や国民民主との連携を深める中では、公明党もついてこざるをえないところはあるだろう。公明党は自民党の力だけでなく、大阪では維新の力も大いに借りて議席を確保しているのであり、憲法改正に後ろ向きの姿勢は許されない。

自民党の国会議員の中で内閣に入っていない議員の中から、あえて空気を読まないで、公明党の親中姿勢を批判するような声を発して物議を醸すような事態を作り出そうという動きは出てこないものだろうか。

自民党がしっかりした動きを取れるかどうかは、この局面では極めて大きいと思っている。
  
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

来年の参議院議員選挙で憲法改正を! 維新の松井代表が強力アシスト!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6994

自民党が踏みとどまる! 立憲・共産は退潮!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6987

中露艦艇10隻が津軽海峡通過! 海峡法改正を選挙争点に打ち出せ!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6942

news.yahoo.co.jpの記事
https://news.yahoo.co.jp/articles/88e28fcf82ac2ce9b993bae25da612dcedb44f4e
山口那津男・公明党代表の画像
https://www.sankei.com/resizer/VCeA7VDyLl2hmrCMznuHtwyQo88=/1200×630/filters:focal(970×789:980×799)/cloudfront-ap-northeast-1.images.arcpublishing.com/sankei/JQHX7V4TYZOPXI5CPGX2MTTZMA.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  2. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  3. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  4. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  5. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…

関連記事

  1. 安全保障

    無責任な脱原発の訴え! もはや老害でしかない元首相5人組!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!東日…

  2. 安全保障

    コロナにまつわる闇を告発! 米上院議員5名が記者会見!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  3. 人権・民主主義

    無念! トランプ大統領が敗北を受け入れる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!連邦…

  4. 安全保障

    新型コロナの最初患者は11月発症! 年末には226人! 中国政府は全部隠蔽!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  5. 安全保障

    コロナは急激に弱毒化しているのでは? CDC統計から考える!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  6. 安全保障

    ハンター・バイデンは習近平とも関係していた! 中国への投資案件で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ハン…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    米朝関係が再び緊張状態へ!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    太平洋島嶼国の光ケーブル事業で中国排除! 対中姿勢に大きな変化!(朝香 豊)
  3. 経済

    中国の国有企業でまたデフォルト発生! 今年6件目!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    百度、アリババ、テンセントは「中国共産党の武器」だと、米国務省が名指しで批判! …
  5. 経済

    ふざけた月例経済報告! 全く信用ならない!(朝香 豊)
PAGE TOP